日本学生支援機構の奨学金について

[卒業生の方へ] 日本学生支援機構の奨学金について

<給付奨学金の制度について>

経済的理由で進学をあきらめないよう、2020年4月に進学する学生から、給付奨学金の対象者が広がります。
世帯収入の基準を満たしていれば、成績だけで判断せず、しっかりとした「学ぶ意欲」があれば支援を受けることができます。
自分が給付奨学金の対象かどうかは、学生支援機構の以下のページを参考にしてください。
奨学金シミュレーター(外部サイト)
https://shogakukin-simulator.jasso.go.jp/
2020年4月に進学予定である場合は、このサイトを利用して自分が対象かどうか確認してください。

<貸与奨学金について>
貸与奨学金については以下のことに気を付けてください。
 ・予約採用をしなくても、借りられる奨学金の額に変わりはないこと。
 ・大学に進学した後でも、奨学金は申し込めること。
 ・予約採用をすると、4月から奨学金の振込がはじまること。大学や専門学校で申し込む場合はそれより一か月ほど後の振込となります。大きな違いはこの点です。
 ・したがって、入学金には充当できず、入学金に利用したい場合は国の教育ローンなどを利用すること。

<奨学金全般について>
 本校では卒業する前に、奨学金を借りようとするものは申し出ることと連絡をしております。ここで申し出ていない場合は、進学した先で申し込みをお願いしております。
 しかしながら、2019年については、給付奨学金の制度が拡充されるなど多くの変更があるため、ここに掲載した次第です。
 家計が急変したなどの事情により、奨学金の予約をしたい場合は、本校の奨学金担当者にお問い合わせください。
 ただし、本校担当者がお答えできることは奨学金の推薦手続きに関わる部分だけになっています。奨学金の金額や事務手続き、マイナンバーなどの部分はお答えできません。
 その点でお困りの場合は、お手数ですが以下のお問合せ先へお願いいたします。

 ・マイナンバー提出専用コールセンター
  0570-001-237(平日9時~18時)
 ・日本学生支援機構 奨学金相談センター
  0570-666-301(平日9時~20時)