日誌

ワンダーフォーゲル部

遅まきながらの新歓登山2021

7/17(土)秩父山系の伊豆ケ岳に遅まきながらの新歓登山に行ってきました。

コロナ禍の影響を受け昨年は新歓登山で武甲山、秋に赤城・黒檜山の2回しか山行に行けませんでした。

今年はさらに厳しく、やっと日帰りの登山ができるようになり、新歓登山を行うことができました。

正丸駅に集合の後、9:07に出発し舗装された林道を30分登っていきます。左に馬頭尊が見えるとそこが登山口です。

      <暑い中林道を歩く>           <沢沿いの林道入り口>

登山道からは沢沿いの道を歩いていきます。樹林帯の中を歩いていき、尾根に出ると眺望が開けてきます。

     <沢沿いを登り詰める>        <尾根線からのわずかな眺望>

尾根を登っていくと小ピークの五輪山に到着です。タイムリーな名前に苦笑しました。ピークを過ぎると山頂直下の男坂・女坂の分岐点です。

    <五輪山・山頂>                 <男坂入口>

山頂まで迷うところでもなく時間もわずかなので、男坂を上る班と女坂を上る班に分かれて登りました。

伊豆ケ岳山頂到着は11:04、休憩を入れて約2時間の登りでした。

山頂でゆっくりと昼食を取り、西武ドームや東京の高層ビル群を見てから、13:25下山開始です。

     <山頂からの眺望>             <急な尾根を下る>

  <沢筋に向かう分岐点へ降りていく>          <沢筋の道>

正丸駅到着は13:48、下りは約1時間30分でした。次回は暑さが納まった秋に、状況が許せば谷川岳に行きたいと考えています。1年生も山道の歩き方など経験し、次回はもっとうまく足運びができると思います。

0

[ワンダーフォーゲル部] 平成30年度の山行終了。

ワンダーフォーゲル部は3月24日㈰の春山(谷川岳一ノ倉沢)スノーシューツアーで平成30年度の山行に幕を閉じました。

今年度は秩父は武甲山から始まり、熊倉山、谷川岳、八ヶ岳、赤城など計9回の山行を安全を第一に考え、実施しました。

大自然の中で様々な経験を積み、一つ一つの山を制覇する中で部員たちは体力的にも精神的にも大きく成長したように感じます。

何度か失敗もありましたが、回を重ねるたびに部員各自が各々の役割を果たし、その反省を活かしてよりよい山行を作り上げてくれました。4月からの山行が楽しみです。

最後に昨年8月行った硫黄岳(八ヶ岳)での写真を載せます。
0

赤城 スノーシューツアー

 2月15日(日) 赤城山へスノーシューツアーに行ってきました。折からの強風と曇天という悪条件。しかも、前橋からのバスが、雪道で立ち往生した車に行く手を阻まれ、大幅に遅れるというアクシデントのため、当初の目標である、地蔵岳に登ることはできませんでしたが、積雪の中をスノーシューで歩いてきました。八丁峠、小沼、長七郎山と冬山をしっかり歩きました。風、低温、地吹雪と厳しい条件の中でしたが、パウダースノーの山中をスノーシューで歩き回り、普段経験できない自然の厳しさ、美しさを感じた山行でした。
0

赤城 黒檜山へ行ってきました。

夏山以降も、順調に山行を重ね、12月27日に、いよいよ冬山山行、赤城山黒檜山に行ってきました。
前橋から路線バスに揺られること一時間半、赤城大沼の湖畔は氷点下九度という極寒の地でした。湖畔を渡る強風にもめげず元気に出発です。昨夜からの新雪が降り積もった雪の登山道を元気に登りました。途中アイゼンをつけたのですが、新雪が深く、あまりアイゼンも利かず、苦しい登山が続きます。山中の木々はきれいに霧氷がつき、幻想的な雰囲気です。山頂では好天に恵まれ、眺めは良く、雄大な景色を望むことができました。また、寒さが厳しい分、木々に雪が結着したモンスターを見ることもできました。下山道では、急な下りに苦労しながらも、途中遠く富士山を望むこともできました。
最終的には氷点下十五度という寒さも体験でき、風は強かったけど、天候にも恵まれ楽しい登山でした。
0

1学期の活動

 今年も男子6名の新入部員を迎え、活動がスタートしました。
校内での幕営訓練でキャンプの基本を学び、続いて、武甲山での新人歓迎合宿に臨みました。
武甲山は天候にも恵まれ、楽しい登山ができました。
続く6月の三峰山行は、ペットボトル五本を背負ってのトレーニング山行である上に、あいにくの雨に見舞われ、展望のない山中をレインスーツを着て歩くということになり、厳しいものもありましたが、夏山に向けての格好の訓練となりました。
7月には雲取山での一泊山行、8月は待望の夏山合宿があります。きちんとトレーニングをして行きます。
0

春山スノーシューツアー

春休みに入った3月26日(水)、谷川岳山麓へスノーシューツアーに行ってきました。
籠原から団体券で土合駅へ。日本一のもぐら駅、土合の地下ホームから長い階段を上って地上へ。
登山道の出発点、土合橋からは、例年どおり3㍍を超す積雪です。スノーシューを装着して、さっそく行動開始です。雪解け水が流れる湯桧曽川沿いに順調に歩を進めます。天候もよく、目的地の一の倉沢からは、谷川岳の岩峰をきれいに見上げることができました。
往路を少し戻って、平原で昼食を作ります。調理の間に、雪を掘って、ベンチとテーブルも作りました。昼食後は、雪洞を掘ったり、童心に返って斜面を滑り降りたり、雪合戦をしたりと、楽しい一時を過ごしました。
天候にも恵まれ、初めてのスノーシュー体験をはじめとして、春山ならではの体験ができた楽しい一日でした。

0

積雪の三峰山へ行ってきました。

冬休みに入った、12月25日 秩父の三峰山へ行ってきました。当初は、山小屋泊まりで、雲取山を目指す予定でしたが、直前の寒波で、積雪などもあり、条件が整わないので、日帰りに変更しました。 
春に訪れた三峰神社付近で、すでに20センチほどの積雪があり、道も凍結しています。スパッツや雨具を付けて積雪対策をして登山開始です。冬枯れの山道を少し登ったところで、積雪は40センチほどにもなり、アイゼンを装着しました。アイゼンの効果はすばらしく、凍結した道でも快適に登ることができます。新雪の中を快調に登り、霧藻ヶ岳で昼食です。霧藻ヶ岳は見晴らしが良い分、風が強いことが多いのですが、今日は風も無く、快晴で景色を楽しみながらゆっくり昼食を楽しみました。
その後、登山道を進み、白岩山まで、行きましたが、雪もだんだんに深くなり、雪山を堪能することができました。
天候にも恵まれ、雪景色の山中をアイゼンを装着して歩くという体験ができ、とても楽しい山行でした。

0

秩父御嶽山に行ってきました

11月24日(日)秋季トレーニング山行として、秩父御嶽山に行ってきました。
快晴のもと、三峰口駅を出発。紅葉の真っ盛りの秩父の集落を抜け、登山道に入ります。上天気のため、山麓では暑さを感じるほどでしたが、高さを稼ぐうちに気温も下がり、霜柱も見られるなど、次第に寒さを増してきます。
山頂は狭いながらも、展望の開けた明るいところに社殿も安置され、さわやかな中にも、厳かな雰囲気がありました。
山頂を下りた休憩所で、ラーメンを作って食べました。寒い中での味わいは格別でした。
下りは、紅葉の雑木林、杉の植林帯、朴の木の落ち葉の散り敷く道と、さまざまに様相を変える山道を駆けるように下ってきました。
寒い中で長い距離をスピードを保って歩くことで、冬山合宿のトレーニングとなりました。
0

新人大会 白毛門に行ってきました。

9月29日(日)30日(月)と、山岳部の新人大会で、白毛門に登ってきました。
29日(日)籠原から団体券で土合まで、列車は同じ大会に参加する高校生で満員です。土合駅は地下トンネルにホームがある「モグラ駅」で、改札まで、長い階段を登らねばならず、結構大変でした。
今回の参加者は約270名ということで、山の家のテント場をさまざまなテントが埋め尽くす様は壮観でした。開会式の後は、夕食をつくりながら、各校としおり交換などの交流をしました。
30日(月)3:30起床で、5:30出発。長い列を作りながら、急登の連続する山道を進みます。幸い、曇り空で、暑さが和らぐのが救いです。途中、岩場、鎖場も無事通過して、白毛門山頂へ。天気も回復し、谷川岳の雄姿を目前に、苗場山、上州のやまやま、遠くは富士山まで、360°の景色を満喫して、下山。登り下りのすれ違いに手間取りながらも、無事下山。テントを撤収・帰路につきました。
今回も天候に恵まれ、紅葉の始まった秋山を満喫できました。11月の山行も楽しみです。
0

八ヶ岳 夏山合宿に行ってきました。

8月1日(木)7時に熊谷駅に集合、長野新幹線、小海線を乗り継いで、小海へ。小海からはバスで、みどり池まで、途中雨が降り出し、天候が心配されましたが、みどり池では、雨も止み、登山開始。様々な苔やシダに覆われた原生林の中の美しい登山道を登ります。重たい荷物もなんのその、コマドリ沢で冷たい沢水でのどを潤し、みどり池へ。みどり池を挟んで翌日登る天狗岳の偉容に圧倒されながらランチタイム。その後も、様々に表情を変える樹林の中の美しい道を進み、本日の泊地本沢温泉へ。ひろびろとしたテント場に幕営。カレーもおいしくでき、熟睡です。
2日(金)3:00起床。急いで食事を作り、出発準備です。5時には登山開始。白砂新道は、いきなり樹林帯の急登で、眺めも悪く、つらい登りです。それでも、森林限界を越え、根石のコルに出た時は、あまりの絶景に思わず歓声を上げてしまいます。根石岳を往復、遠くに崖を横切る鹿を眺め、天狗岳へ。八ヶ岳らしい岩稜を、よじ登るようにして東岳に到着、すぐに西岳へ。そこには、さっきにもまして絶景が広がり、足下の雲海を挟んで、遠く奥穂高岳、そして、乗鞍、木曽駒、甲斐駒、八ヶ岳主峰、赤岳など、すばらしい眺望を楽しみました。
眺めを満喫した後は、白駒池を目指しての下りです。岩だらけの急斜面を慎重に下ります。中山の分岐付近からは、眺めも利かず苦しい下りが続きます。中山峠もガスの中、頑張って高見石小屋に着いた時は、ため息が出ました。昼食を取って、白駒池へ。今夜の泊地青苔荘で、テントを張った後は、池を一周しました。
3日(土)テントを撤収して、麦草峠へ。ほんの30分ほどの行程ですが、美しい庭のような草原を通る道で最後まで楽しめます。この後は、バスと鈍行列車を乗り継いでの長い移動が待っていました。
3日間を通して、天候にも恵まれ、美しい風景、雄大な景色、様々な高山植物、原生林、珍しい動物と、山のよいところをすべて味わうことのできた、素敵な山行でした。
0