熊谷西高校野球部

 

令和2年度

西高野球部のメンバー構成、練習時間等を紹介します。

 

・モットー

「野球100%、勉強100%、合わせて200%」・・100の力を野球と勉強に分配するのではなく、どちらも100%

「『時間』にこだわる」・・質にこだわり、時間がないと言い訳しない

 

・部員

3年生 選手13人、男子マネージャー1人、女子マネージャー2人

2年生 選手8人、女子マネージャー1人

1年生 選手8人、女子マネージャー2人

合計 35人

新キャプテン・・・奈良原安純(熊谷玉井中出身)

新副キャプテン・・四分一優翔(熊谷大幡中出身)

新副キャプテン・・籏福咲(北本東中出身) 

・練習時間

12月~2月 平日16:15~18:50(月曜日off) 休日8:00~13:00くらい

3月~11月 平日16:15~18:50(月曜日off) 休日(練習試合時)ホーム7:30~16:00くらい、遠征8:00~15:00くらい

 

新チームも頑張ります。

 応援宜しくお願いします!

 

 

野球部日誌

野球部

【野球部】「夢 継承」

先日、グラウンド脇にある小屋の棚から、部長の小池先生が、熊西野球部の30周年誌である「夢 継承」を発見しました。

改めて読み返してみると、何とも魅力的で、読み終わるまで目が離せなくなってしまいました。

創部に至るまでの険しい道のり、いざ創部となってからの用具不足やグラウンド整備などの苦労、創部から数年後の快進撃と敗戦後の悔しさ、歴代指導者たちの野球や選手たちに対する情熱など、ややもすると今この時代には忘れ去られている、しかし実は今この時代に最も必要であろう「熱さ」「情熱」「本気」の宝庫です。

この秋、秋季大会としては21年ぶりに地区予選を突破し県大会へとコマを進めました。

選手16人、マネージャー3人の小所帯の、更に体の大きい選手がいる訳でもない「ちびっこ軍団」の勝因を探れば、「夢 継承」に通ずる「熱さ」「謙虚さ」「素直さ」「本気」といったものを持った部員たちであるということだと思います。

県大会では、まだまだ力が足りないことを露呈してしまいました。

でも、西高野球部にとっては大きな前進です。

下を向いている暇はありません。

練習時間や練習内容などが大きく変わるわけではありません。

目には見えない部分を変えていくのです。

春に向けて「気合いと根性」で成長した姿を多くの人たちにお見せできるよう頑張ります。

 

*熊谷西高校野球部≪公式≫ツイッター始めました。是非ご覧ください。

 

「夢 継承」の中の部訓。早速、グラウンドと部室に貼りました。↓

 

0

【野球部】秋季県大会結果報告

9月20日(日)上尾市民球場にて、県大会1回戦に臨みました。

相手は西部地区の強豪、川越東高校でした。

できる限りの準備をして試合に臨みましたが、思っていた以上の力の差を見せつけられ、為すすべなく負けてしまいました。

しかし、21年ぶりの秋季県大会出場は西高野球部にとって、たいへん意義深いものになりました。

地区大会での敗戦とは異なり、敗戦の悔しさだけが残る訳ではなく、試合に臨むまでの準備期間の貴重さを感じながら練習し、強豪校との試合での緊張感を体験できたことなどが、大いにチームの成長を促してくれました。

県大会上位レベルの力を実感でき、今のチームの足りないところ、逆に強みにしていくべきところなどが分かりました。

この経験を糧にし、春夏に向けて一層努力をしていきます。

今年のチームは「気合いと根性」「努力」といった言葉が似合うチームです。

これからも応援宜しくお願いします。

0

【野球部】いざ県大会へ

秋季県大会に向けての北部地区予選が、9月7日に開幕しました。

 

9月7日に妻沼・児玉白楊・児玉の連合チームと対戦しました。

流れを意識しながら試合を展開し、10‐0で勝ち、代表決定戦にコマを進めました。

9月12日に秩父農工科学と対戦しました。

相手の好投手に苦戦は必至だと分かっていましたが、後半まで粘れればチャンスはあると思っていました。

5回終了時に1‐2と何とかくらいつき、いよいよ後半戦です。

バッターはよく立ち向かっていきました。

相手投手の威力のある球にしっかりと踏み込んで打ち返していました。

6回に逆転し7回も集中力を保ちながら攻撃し、9‐2で勝つことができました。

 

9月7日(1回戦)

連合  00000  0

熊西  2305×  10

 

9月12日(代表決定戦)

秩農  2000000    2

熊西  0000135×  9

 

秋季大会に関しては、何年ぶりの県大会出場か遡れないくらい久しぶりの出場です。

出場校は強豪校ばかりですが、粘り強く戦っていきたいと思っています。

今年のチームのキャッチフレーズは、時代遅れと言われようが何と言われようが「気合いと根性」です。

応援宜しくお願いします。

0

【野球部】夏季埼玉野球大会結果報告

8月8日、埼玉の代替大会の開幕日が初戦となりました。

本庄市民球場(ケイアイスタジアム)にて、早大本庄高校と対戦しました。

3年前の秋季大会地区予選で対戦し、その時には大差をつけられて負けた相手でした。

今年の熊西は例年以上に打力があり、守りでの大きなミスが無ければ十分勝ち負けに持っていける力はあります。

試合は、5回に懸念していた失策がらみで5点を献上してしまいました。

しかし、守りのミスがあったとはいえ、今までだったら我慢できなかったところで、随所で我慢と粘りを見せて成長を感じさせてくれました。

打線も、もう1人2人つなげられれば結果は違ったとは思いますが、それができないのが実力で、相手校の方が1枚上手だったと言わざるを得ません。

結果は3-6での敗戦となりましたが、3年生のこの大会に懸ける意気込みと真剣な準備は、後輩たちに大きな財産を残してくれました。

3年生、暑い中寒い中での練習や試合、みんなよく頑張りました。

これからは、自らの進路実現に向けての努力が続きます。

まだまだ頑張って!

応援しています。

 

早本   1000500  6

熊西 0000030  3

 

保護者の方々へ

顧問一同感謝申し上げます。

部へのご理解、ご協力、本当にありがとうございました。

 

 

 

0

【野球部】夏季埼玉県高等学校野球大会に向けて

こんにちは。

大変な状況が続く中、それでも前に向かって歩み始めています。

1年生選手8人、マネージャー2人が加わり、新たな雰囲気の中で一生懸命練習しています。

今までと同じようにいかないことも多々ありますが、しかし与えられた時間の中で「人事を尽くす」ということに関しては今までと何ら変わるものではありません。

かえって、いつもとは違うからこそ新たな気づきを認識でき、より成長したところも多分にあると感じています。

 

いつもとは異なる夏ですが、この大会の重要性と臨む姿勢はいつもの夏と変わりません。

先ずは、8月8日の本庄市民球場第2試合、早大本庄戦に向けて最大限の準備をします。

「一戦必勝」で頑張りますので、応援宜しくお願いします!

北部地区 組み合わせ表

 

 

0

【野球部】体験入部のお知らせ

みなさん、こんにちは。

熊西野球部は、8月5日(水)に本校グラウンドにて体験入部を計画しています。

詳しくは、野球部のページ上記にございます「お知らせ」をご覧ください。

様々な状況を鑑みて短時間での体験会ではありますが、充実したものにするため部員、顧問一同準備を進めているところです。

たくさんの方の参加をお待ちしております。

みなさんに会える8月5日を楽しみにしています!

0

【野球部】入部を考えている、または迷っている1年生へ

6月1日の学校再開から2週間が経ちました。

少しずつ慣れてきた頃でもあり、また疲れも溜まってきている頃でもあると思います。

体調面にはくれぐれも注意しつつ、学校生活を充実させられるよう頑張ってください。

 

部活動再開(予定)は6月22日からで、1年生はその日から1週間程度仮入部期間となります。

今年は例年と違い仮入部から本入部への時間が短いこともあり、来週(6月15日)から各部活顧問に色々と話を聞く期間が設けられました。

野球部は、副部長の大野先生(地理)がどんな質問にも答えてくれることになっています。

入部を考えてくれている人、または少し迷っているという人、どんな人でも大歓迎ですので、職員室の大野先生を訪ねてください。

勝ったり負けたり、上手くいったり失敗したり、嬉しかったり悔しかったり、と色々な経験を共にする仲間を大募集中です!

 

0

【野球部】久しぶりの再会+1年生へ

6月1日は3年生、2日は2年生が登校日となっており、部員たちと久しぶりに顔を合わせました。

4月の緊急事態宣言前に会って以来の、およそ2か月ぶりですので少し緊張しました。

2,3年生全員の元気な顔が見られて嬉しかったです。

そしてそこで、今後の予定と選択肢について話をしました。

職員室に戻って部員たちの日誌を読みましたが、多くの部員からきちんと生活しなければという高い意識が見て取れました。

現時点で、状況は少しずつではありますが好転しているように見えます。

やると決めたら、しっかり体を動かして「その時」に備えましょう。

自分自身でしっかり考え、全員が悔いの残らない決断をしてもらいたいと思っています。

全球児たちの前に、「熱い」 夏は間違いなくやってくる!

 

入部を考えている1年生へ

ぜひ一緒に野球をしましょう。

上級生の、特に3年生の最後の頑張りを感じてもらいたいです。

そしてその頑張りを、今度はみんなが受け継いで西高野球部の歴史を作ってもらいたいです。

6月22日から部活が再開します(予定)。

1年生は22日から見学~仮入部、26日本入部という流れですが、22日から見学だけでなく、体を動かし始めることも大歓迎です。

ジャージで構いません。

多くの仲間を必要としています。

待ってます!

 

 

0

【野球部】大事な連絡

そうならないようにと思っていたことが、現実のものとなってしまいました。

5月20日、日本高野連が夏の選手権大会(甲子園)の中止を発表しました。

それに伴い、各地区の予選大会も行われないことに決まりました。

ニュースや新聞では、強豪校や有名校のインタビュー映像や記事が目に入ってきます。

選手たちは目に涙を浮かべながら、残念さと悔しさを述べています。

しかし、この残念さと悔しさは強豪校だけのものではなく、強い弱いに全く関係なく、すべての球児たちに共通する感情であるはずです。

 

もちろん熊西の選手たちも、この夏の大会に向けて最大限の努力をしてきました。

全国最高気温記録を出した日、猛暑の中、練習試合で球場を全力で走り回っていた姿が思い出されます。

冬の寒い中、観音山に何度も行き、一生懸命階段を登っていた姿が思い出されます。

勉強への意識も怠りなく、野球=勉強で取り組んでいました。

 

各都道府県の高野連が、独自の大会開催を検討しています。

埼玉高野連も前向きに検討しています。

いつ、どのような開催になるのか、それとも開催はできないのかの判断が、5月中に下されることになっています。

その埼玉高野連の決定を見て、熊西野球部としてどうするかを、顧問だけでなく、部員、保護者を含めて決めていきたいと考えています。

顧問としては、大会が開催されることになったら、一人も欠けることなく全員で勝利に向かって試合に臨めることを願っています。

3年生、2年生、そして1年生も全員で一丸となって旋風を巻きおこそう!

0

【野球部】根岸智子さんからのメッセージ

西高野球部OGで、J:COM熊谷のキャスターやフリーアナウンサーとして活躍されている根岸智子さんよりメッセージをいただきました。

このような状況の中で、温かい言葉をいただけて大変嬉しく思います。

根岸さん、どうもありがとうございます!

以下、根岸さんからのメッセージです。

 

 

熊西野球部のみんなへ
皆さん、こんにちは!
ヨガを一緒にさせていただいている根岸智子です。
皆さんに、また早く会いたい気持ちでいっぱいです。
会えない今、この場をお借りして、メッセージを届けさせてくださ い。
 
今、この状況の中、それぞれのご自宅で、様々な思いで過ごしてい ることと思います。

日本中の野球部員、マネージャー、監督、顧問の先生方、保護者の 方々も、各地で色んな思いを胸に過ごしています。
熊西の先生方は、熱い先生揃いなので、毎日毎日、皆さんのことを 思っていると、強く感じます。

きっとみんな、早く部活がしたい、仲間と野球がしたい、今まで以 上にそう強く願っているのではないでしょうか。
その野球への熱い想いを、ずっと心に燃やし続けて欲しいです。

1日1日、どんな1日にも、無駄な1日はありません。
私は、起こることひとつひとつから、何か得ようと考えています。
今の状況も、柔軟性や対応力、判断力を高め、心を強くする時、人 との繋がり、家族の大切さを実感する時、普段できないことに取り 組む時、そんな風に考えています。

野球部のみんなにとっても、今こそ、チーム一丸となれる機会、仲 間の大切さ、一人一人の長所を見つけられる機会だと思います。

この経験は、必ずこれからの人生の力になると思います。
強い力にして、進んで行ってください。

笑顔で!
感謝の気持ちを忘れずに!
1日1日を大切に!

信じて前に進みましょう。
毎日、朝がくるのと同じように、また元気な生活が戻ってきます!

そうそう、おうち時間にヨガもしてくださいね♪
体の下に三角形を作る下を向いた犬のポーズ(ダウンドッグ)、四 つん這いで背骨を動かすキャットストレッチ、腕立て伏せのはじめ の姿勢でキープする板のポーズ(プランク)などおすすめです!

股関節まわりも、柔らかくしたいですね。
また皆さんと一緒にヨガができるのを、心から楽しみにしています。

楽しみにしながら、ほぼ毎日、熊西の周りを走ってます。ボールが 外に出てしまった時は、ボールの行方を目で追いながら、ダッシュ で探しに行ったなぁ、なんて懐かしみながら。
そして『笑顔は、誰かを笑顔にする』そう思いながら笑顔で過ごし ています!

『素直になれ』これは、私が熊西野球部時代にもらった言葉、今も 常に心にあります。
皆さんも、監督、顧問、先生方から、色んな言葉やお話いただいて いると思います。
それらの言葉を自分の心で噛みしめて、大切にしていってください 。

野球部マネージャーOGであり、みんなの応援団であり、ヨガイン ストラクターであり、保護者の気持ちでもいる私です。
西高の帽子被って、ユニフォーム着て応援に行きたい!

一緒に頑張りましょう!

根岸智子

 

0