校長あいさつ

英姿颯爽
熊谷西高校は高い志を掲げて全力で挑戦する生徒たちをサポートします。
たとえば運動部も文化部も全力。
さらに文化祭(西高祭)や体育祭などの学校行事にも全力。
もちろん日々の授業や探究活動・課題研究にも全力。
そして大学受験にも全力。
この西高で夢を描き、日々努力を積み重ね、仲間と切磋琢磨して自身を鍛えた卒業生たちは、目指した大学で、その先の社会で今大いに活躍してくれています。
皆さんも先輩たちが築いた伝統を引き継ぎ、「全力さわやか西高生」として悔いのない青春を送りましょう。
お待ちしております。

校長室

校長日誌

8月の学校説明会は中止といたします

8月5日(水)6日(木)に予定していた学校説明会は中止といたします。
昨今の新型コロナウイルス感染拡大の状況を勘案し、苦渋の決断をいたしました。
参加申込をしていただいた方々には大変申し訳ありません。
また、定員に達して受付終了した後も多くの問合せをいただいております。
近日中に学校説明会の代替となる動画を公開する予定ですので、御覧いただければ幸いです。

 →学校説明会情報ページへ

募集人員について

令和3年度入学者選抜募集人員が発表されました。
本校は普通科で40名減員となります。 →普通科240名・理数科40名募集
今年度末の県内中学校卒業者数は昨年度末に比べて約1,400名も急減し、翌年はまた約1,400名急増します。
このための臨時的措置として本校を含む20校が募集人員減となりました。
したがって、志願倍率が極端に高まる心配はないと思われます。

土曜授業を行いました

本校では55分授業を実施することで隔週土曜授業実施校より多い授業時数を確保し、土曜日は休日として部活動や模擬試験等に活用しています。
しかし、今年度は新型コロナウイルス感染症に伴う臨時休校があったため、授業確保の観点から月に1回程度の土曜授業を行います。本日はその第1回目でした。
鉄道の休日ダイヤなど普段と若干異なる状況でも、生徒は元気に登校して8時5分からの朝学習にもしっかり取り組んでいました。
9月19日(土)と10月3日(土)の授業は一般公開します。本校入学を考えている中学生の皆さんなどに、ぜひ来校いただければと思います。

部活動が始まりました。

少しずつですが、日常が戻ってきております。
今週から部活動も再開されました。
まずは短い時間で負担の少ない活動からですが、放課後の活気ある音が聞こえるようになり本来の西高らしさが感じられます。
1年生も積極的に様々な部活動を見学して回り、仮入部した生徒も続々と増えています。ぜひ3年間部活動にもしっかり取り組んでほしいと思います。

課題研究発表会

今年度1回目の課題研究発表会を実施しました。
3年生の代表がこれまでの成果を英語で発表してくれましたが、2年生は臨時休校の影響で実際の研究が進んでいないためこれから取り組む計画についての発表となりました。
それでも今できる限りの準備をして堂々と発表に臨み、質疑応答も大変活発に行われました。
今後の展開に期待しております。

SSH運営指導委員会を行いました。

今年度第1回のスーパーサイエンスハイスクール運営指導委員会を開催しました。
通常なら委員の皆様に本校へお越しいただくところですが、昨今の状況を踏まえてリモート会議で行いました。
東北大学、埼玉大学、科学博物館、県庁など各地から委員の皆様に御参加いただき、貴重な御意見を賜りました。
厚く御礼申し上げます。

学校が再開されました

6月1日から学校が再開されました。
各学年ともほぼ全員が元気な様子で登校し、とても安心しました。
埼玉県においては今週は各生徒1回ずつの登校日を設け、来週からは教室の人数を半分にする分散登校で授業を行うこととしています。
徐々にではありますが、熊西らしい活気ある学校へ戻してまいります。

馬場俊英さんからメッセージをいただきました

アキラ100%さんに続いて、馬場俊英さんからも休校中の生徒たちにメッセージをいただきました。歌まで歌ってくださいました。
馬場さんは本校軽音楽部OBで、多くのヒット曲を世に送り出してきた現役のシンガーソングライターです。「スタートライン」や「ボーイズ・オン・ザ・ラン」など青春を歌った名曲がたくさんあり、2007年にはNHK紅白歌合戦にも出演されました。
今でもこうして母校の後輩たちを気にかけてくださっていることに、心から感謝いたします。
偉大な先輩方のように将来社会で活躍するべく、現役西高生たちも力一杯高校生活に打ち込んでいます。

アキラ100%さんからメッセージをいただきました

本校卒業生のアキラ100%さんから動画メッセージをいただきました。
トップページに掲載させていただきましたので御覧ください。
多方面に御活躍され、多忙な中こうして母校の後輩のことを思っていただき、大変ありがたいことです。心から感謝申し上げます。
人は様々な縁の中で生きています。
アキラ100%さんに限らず多くの卒業生が母校を大切にし、今も応援してくださっています。
在校生の皆さんもいずれ大人になった時、それぞれの形で西高応援団になってくれたら嬉しいです。

静かな校舎から

本来は今日から中間考査のはずでした。
臨時休校が続いており、教職員も多くが自宅勤務のため大変静かな学校です。
しかしながら、インターネット上の仮想空間における西高では熱心な指導が行われています。
Google Classroomには科目ごとの様々なクラスが設けられました。
動画による授業やオンラインでの課題提出なども行われています。
また、HR担任が丁寧に生徒の様子を確認しています。
生徒は概ね元気に、前向きに学習に取り組んでくれているようです。
まだ、正式決定ではありませんが6月1日学校再開を目指して、今できることに全力で取り組みましょう。