これまでの取組 ~2014

SSH活動報告

平成25年度SSH生徒研究発表会に参加しました【理数科1・2年生】

8月7日、8日にパシフィコ横浜で行われた
「平成25年度スーパーサイエンスハイスクール生徒研究発表会」に参加しました。
熊西の生徒参加者は理数科1・2年生総勢47名(2日間、のべ人数)。
 
この発表会は、全国のSSH指定校約200校が一堂に集まり成果を発表し合う、
年に一度の大きな催しです。
理数科2年生も、熊西の代表として地震研究に関するポスター発表を行いました。

他校の発表を見ると、非常にレベルの高い研究報告も数多くあり
参加生徒全員が大きな刺激を受けたようです。
 
またSSH校の発表以外でも、最先端の研究に関する講演を聞いたり
海外から招聘された高校生の発表もあったりと
有意義な2日間となりました。
 

理数科校外研修へ行ってきました【理数科2年】

7月24日から26日まで2泊3日の日程で、
理数科2年生39名は校外実習へと行ってきました。
場所は千葉県勝浦市。

24日は、勝浦市にあるJAXA勝浦通信所を見学しました。
遠い宇宙と地球をつなぐ役割を担っているのが、この勝浦通信所です。


25日は生物選択者と地学選択者で別々の実習です。

生物選択者は千葉県立海の博物館の方にお願いして、
磯採集とその生物の分類を行いました。
磯採集が初体験の生徒も多かったようです。
熊西近隣ではできない充実した実習になりました。

地学選択者は勝浦市内を巡検し、地層の観察を行いました。
教室では得られない実際の勉強をすることができました。

26日は、東京海洋大学館山ステーションの施設を見学しました。
マグロ養殖に関する先端研究を肌で感じることができました。
 
3日間、大変実りの多い実習となりました。
 
 
 
 
この成果は9月の文化祭で発表する予定です。

キシャヤスデの生態調査へ行ってきました【自然科学部生物班】

みなさんは「キシャヤスデ」って知ってますか? 
名前から連想してみると・・・ 
「記者ヤスデ」?新聞記者のように走り回っているヤスデ??? 
「帰社ヤスデ」?エサを獲って仲間が待っている会社へ帰っていくヤスデ???
  
いえいえ違います!
漢字で書くなら「汽車ヤスデ」。 
なんと汽車を止めるヤスデなのです! 
超巨大で通せんぼしてしまう!ワケではありません。 
体長は3~4センチほど。 
以前に大発生したときは、線路の上にいたヤスデが汽車に潰され 
その体液で汽車がスリップして走れなくなってしまったとのこと。
 
このキシャヤスデ、いつでも大発生の可能性があるのかというと、そんなことはありません。
不思議なことに、大発生するのは8年おきなのです!
そして、去年から今年にかけてがその大発生の年なのです!
 
大発生したり、次に見られるのが8年後だったりと、レアなのかそうでないのか 
良く分からないキシャヤスデですが、この大発生の機会を逃してはならないと 
自然科学部生物班は5月25日に生態調査へと行ってきました。
 
行き先は東京は奥多摩にある棒ノ折山。 
天候には恵まれましたが、電車を5つ乗り継ぎ、さらにバスに乗り、ダメ押しに山登りと 
たどり着くまでが少々大変でした。 
しかし、その分大変有意義な調査ができました。
 
最初の調査地ではなかなか見つからなかったのですが 
20メートルほど移動して落ち葉をどかしてみたら、出てくる出てくる・・・
 
 
 
今回は今年第1回目の調査だったので、数を数えてマーキングをして帰ってきました。
今後も続けて調査をしていく予定です。
調査結果がまとまったら学会などで発表したいと思います。
 
今後も自然科学部に注目してくださいね!