進路なう

進路なう ~進路指導室から進路指導の今を伝える~

【進学の熊西】3年統一進路が行われました【受験は団体戦】

4月18日木曜日6限に3学年統一進路として学年集会が行われました。

受験生としての意識付けを再確認する重要な集会です。

熊谷西高校はこのように「初期指導」を大切にし、しっかりと指導します。

年々、先輩が高次元で進学目標を達成、実現している状況が、後輩のモチベーションアップに繋がり、「私にもできる」と高い志と自信、勇気を醸成しています。これが、西高文化となり、大変良い循環となっています。第48期生も、先輩を超え、3月に大きな成果を残してくれることを期待しています。


中澤学年主任からは、進路決定する過程での人間としての成長について、スタートが肝心(勉強を軌道に乗せる)である理由、そして、過去の模試の推移や比較、新3年生の学年目標とそれに関わる生徒像や、学年の課題、朝学等の時間を最大限に活用し、自学自習の時間の確保に努めるよう受験生としての在り方についてお話がありました。

 

中澤学年主任より

 


平井進路指導主事からは、第47期生の進路実績を振り返ってという考察から、「受験は団体戦」であること、高い志を持ち、第一志望校を貫く意志の強さを持つこと、日々の授業を大切にし、学問のベビーフードを学び、得意を伸ばし苦手を減らすこと、最終的には学問を我々の幸福のために還元するのが西高生の使命であるといいことなど受験だけに留まらない人間の在り方や生き方として大切なお話がありました。

また、「進路主事だより WEST」を用いて、大学入試に関わる全体像と熊谷西高校進路指導の取組についてお話がありました。


「英姿颯爽」、「フィジカル パッション 演習量」を合い言葉に、高い目標達成に向け頑張ってほしいと思います。

 

 

【平井進路指導主事講話 主旨】 

 

こんにちは。

 

今日の講話の目的は、

「皆さんの進路希望の実現へ向けた意欲喚起とエール」です。

 いよいよ受験生。そして成人です。

 

まずは、3月に卒業した「第47期生、最新の合格実績について」です。

第47期生は270名と一クラス減でした。

さらに、新課程入試切り替え前の年度でしたが、強気の出願でした。

国公立大学は50名(現役47名)でした。東北大学(旧帝大2名)。メディカル系は23名で、群馬大学をはじめ、北里や東邦の医学部・医学科への合格もありました。(第46期生)

私大では、早慶上理・GMARCH・関関同立、合計82名でした。

早慶上理は14名でした。昨年の約3倍増です。早稲田は5名とこれも高い数値になりました。慶応義塾大学は薬学部・薬学科という私大最高峰に合格しました。

GMARCHは66名、現役合格率は93.0%、現役進学率は90.4%と高水準でした。

西高生の努力が成果となって現れています。西高生やればできるということを実証する成果です。

卒業生を囲む会でも学びが沢山ありました。進路の道標にも情報が掲載されます。先輩の頑張りがモデルになります。先輩を是非超えて、自己実現を果たしてください。

 

真剣に話を聞く第48期生3年生

 

 

「学びの理念について」皆さんにはよく話をしてきました。

「熊西の学びは、皆さんが、どう生きたいか、どうしたいのかを第一に考え、地域のみならず、日本や世界を支え、最終的には『人類の幸福のため』となる、さらには自らの『命を大切にし、生きる、生き抜く』ものとなるように『高次元でスケールの大きなもの』となるというもの」です。受験も大学も通過点ですが、そうした次元を獲得するために、高い志を持ち、自己実現でき、自己を高めることのできる納得の場を求めてください。

世の中は知性化が加速しています。だからこそ、高校では、将来の学問のベビーフード、教科の核、基本をしっかりと学びます。「熊西3年間の全てが進路指導」です。熊西の全活動をとおして「タフで優しく賢い」人材に育っていくのです。

特に、大学については、大学へ行く意味は3つあると述べました。

その中身を要約すれば、「自由を得て、他者と出会い、学問に向き合うこと」です。さらに付け加えれば、「世界に対して意思表示する練習、鍛錬の場」でもあります。それらを還元し、誰かの役に立ち、地域や日本、世界のどこかを支える人になってほしいと思います。

 

これからの1年は志が進路を左右します。

国公立大学を目指す者は、中期、後期の3月までの長期戦の構えで頑張り抜いてほしい。

西高生は、英姿颯爽、素直で上品、伸びしろの沢山ある生徒の集団であるゆえ、志を高く、大いにチャレンジしてほしい。建設的な失敗をする。知恵とか質は、そうした時間や量の過程でもがく中で生まれる。

本格的に受験勉強の態勢に入るのに2ヶ月かかるともいわれています。ですから、昨年からの2年ゼロ学期の重要性は大きかったということです。どうか、朝学の時間を有効活用して、隙間時間を使い、授業に徹して、自学自習を行い、それを継続する。そうした愚直な姿勢を貫いてほしいのです。待ったなしです。得意を伸ばし、苦手を減らしましょう。要はバランスです。

「情報」が加わる変化もありますが、どう変化しようとも、全国の全受験生が同じ条件ですから、コツコツやることです。

 

さて、皆さんには、明確な目標があるか、目的があるか、聞いてみたいのです。目的地無くして、戦術や戦略は立てられない。結果も得られない。第一志望を公言してほしいと思います。さらに、皆さんには、何のために大学に行き、そこで何を学ぶのか、何をやりたいのかといった動機も重要です。目的のない受験はあり得ないのです。その上で、自分の目標と現実の差をしっかり意識し、覚悟を決めることです。優柔不断ではいけません。決断しなければなりません。現実から逃げない。受験から逃げない。第一志望から逃げない。愚直にやりましょう。

いつまでに何をするのか、逆算して、短期、中期、長期のプランニングを立てて「段取り力」も高めていきます。

世の中に出れば、経験と仕事で得た力と学問の3つをフルに活用して人財となっていくのです。学習は皆さんの使命です。

 

「高い志」を維持することは非常に大変で、精神的なタフさを要求されます。孤独でもあります。しかし、「環境」が大事です。受験は団体戦と言われるところは、互いに教え合い、学び合い、助け合い、自学自習を確実に遂行できる力を相互作用の中で高めていくところにあります。仲間を信じ、学校を信じよう。学力は受験当日まで伸びます。国公立大早期志望者は、長期戦、最後まで粘ろう。4教科以上の武器は、共通テストを用いて様々な私大へ、低倍率で出願できることです。学力は3月、受験当日まで伸びるのです。

熊西は、授業第一主義で、熊西進路指導方針に則り、組織力で進路指導をしていきます。

あとは、皆さんの努力次第です。

 

受験は学校の授業の延長線上にあります。進学校においては、ほとんど同じ教科書を使い、同じ問題集を使います。焦らず、じっくり考えることを通して理解をし、演習を繰り返すことです。これだと思う問題集を使い潰すことです。これは非常に大事で、流行に流され、新たな問題集や参考書を購入し、持った気になり、結局中途半端だったという話をよく聞きます。一つの問題集を使い倒すことを意識してもらいたいのです。とにかく時間を作りましょう。隙間時間です。世で言われる学年+2時間は全国基準の最低時間と言われます。優先順位を決め、やりたいだけやってみることです。やがて、量が質へ転化します。教科書(問題集)を極め、教科書(問題集)から飛び出そう。大学に行くと、何も与えてはくれません。自分で取りに行く分は大概何でも得ることはできると思います。二者面談もやっていると思いますが、受け身のままではいけません。自分から攻めていかねばなりません。負けん気も必要です。この1年間は、受験というハードルを通じて人間力を高めていきます。

 

大学入学共通テストは、平均点が50点となるように作成された、名の通り全国共通の試験です。これほど明快な試験はないのです。しかもこれからの時代で必要とされる問題解決能力、資料を読み解き、分析する、自己会話する能力が問われます。

まずは、共通テストをしっかりクリアできるように、まずは過去3年分解いてみよう。そしてまずは、6月のマーク模試で、本番と相関関係があります。計画をしっかり立てましょう。6月模試は本番まで偏差値を維持・向上させて最低100点伸びるように作成されている。6月模試に最低100点を加算した得点が本番の予想得点と考えなさいということです。しかし、それはデータに過ぎないので、できるところまで伸ばし、頑張るのも西高生。自己ベストを目指してほしい。そして確実に模試の振り返りをして、弱点を補強してほしい。

 

 

ある卒業生の声です。

受験勉強は毎日大変でした。自分は数学が苦手でしたが何故苦手なのか、どう勉強すれば理解しやすくなるのかをよく分析して積極的に勉強していました。それでも結局数学が苦手なままで共通テストではあまり点数が伸びず、合格可能性は低かったのですが、第一志望校は下げませんでした。絶対に第一志望校に合格するぞ!という強い意志を持って本気で努力した結果合格を勝ち取ることができました。

 

大学に入学すると、全国から学生がやってきます。様々な環境で、多くの努力をした学生。その中でも悠々と頭一つ抜きん出て、インフルエンサーとなり、やがて、世の中で役に立つ、日本やその地域、さらには世界のどこかを支える人材になってもらいたい。とてつもない早さで変化する社会の解のない世界で活躍する土台を作ります。そのためには、今「現在」が大切なのです。

「私は、西高で変わった。だから西高、それが西高だった。」と胸を張って言える変化を、この1年で体感してほしい。

 

そして最後に、周囲に対する感謝を忘れないようにしよう。

 

さて、配布した進路主事だよりを見てほしい。

 

(以下 中略)

 

 

基本的な生活スケジュールの確保、明確な目標、学習習慣の確立、最後まで粘る。

もし、行き詰まった時は、担任の先生、教科担任の先生、進路指導部の先生に相談してください。

 

 

最後に、

「ベストを尽くす」

「今を精一杯生きる」

「フィジカル パッション 演習量」

 

健闘を祈ります。

 

進路指導主事 平井 利久

 

【進学の熊西】早朝の二者面談と自学自習【日常の風景】

早朝より二者面談が行われています。

現在、二者面談期間が設定されていますが、期間以外でも日常的に面談が各所で行われているのが熊谷西高校です。

早朝、昼休み、放課後と各学年で二者面談の風景が、校内の至る所で見られます。朝は8時から面談、特に3年生は、志望校や現在の課題を含めて緻密な面談が行われています。

このきめ細かい面倒見の良い指導が生徒の力を最大限に伸ばしていきます。

一方で、自習室や渡り廊下の長机では、朝学の時間を含め、早朝から受験勉強を行っている3年生が多数見られます。

熊西の質の高い授業で「力」を付け、自学自習の習慣を確立し、学力を定着させていきます。

こうした風景は、「進学の熊西」を象徴する風景です。

 

ICTを活用して新年度当初の生徒との情報共有を図る

夕暮れの二者面談

寄り添い・向き合う

早朝・昼休み・放課後遅くまで二者面談は続く

渡り廊下の長机での自学自習

渡り廊下の長机は、座り心地のよい椅子に机、遮光カーテン付きであり、LEDのデスク灯も完備されています。

早朝の自習室

教材と格闘する

 

【進学の熊西】1年生スタートアップ講座が行われました【西高生になる】

4月9日(火)から4月11日(木)までの3日間、1年生の入学オリエンテーションにあたる「スタートアップ講座」が実施されました。

熊谷西高校の学習の礎「熊西スタンダード」を習得します。

 

Ⅰ スタートアップ講座の目的

1 予習→授業→復習(→テスト→振り返り)サイクルの確立 

2 熊西名物「朝学習」<8時登校>と家庭学習<最低2時間>の習慣化

3 文武両道 ~授業と部活の両立を~

4 総合的探究の時間への意識付けとその導入

 

Ⅱ 期間・日程・内容

1 期間 4月9日(火)~4月11日(木)

2 日程・内容

★4月9日(火) ①②③④<図書・保健オリ、写真撮影、LHR①、LHR②>

 

★4月10日(水)

⓪朝学習開始

①集合訓練・開講式・学年主任等講話・校歌練習 

②教務・生指・情報

③熊西スタンダード<各教科より・先輩探究発表視聴>

④数学課題テスト

⑤国語課題テスト

⑥英語課題テスト

SHR<明日:スタサポ英/数/国、学習状況リサーチとスタサポ活用Book提出指示> 

 

★4月11日(木)   

⓪朝学習

①スタサポ英語(70分)

②スタサポ数学(60分)

③スタサポ国語(60分)

④学習状況リサーチ配布

⑤自学自習(スタサポ振返り・学習状況リサーチ、スタサポ活用Bookの回収)

⑥閉講式(進路指導主事講話、課題研究<SSH>について・学年主任総括)

SHR<明日より平常授業>

 

 

 

進路指導部からは、「進路主事だより『西高生になる』」を生徒に配布し、進路指導主事講話を行いました。

保護者の方も是非お読みください。

 

 

【スタートアップ講座 進路指導主事講話】 

 

皆さん、こんにちは。進路指導主事の平井利久です。

今日は、皆さんに進路指導部から進路に関わるメッセージとお願いをお話しします。

今日は進路主事だより「西高生になる」を用いて、具体的に話をしていこうと思います。

 

令和6年度3月卒業生の進路状況ですが、国公立大に現役47名、既卒生含め50名、早慶上理GMARCHに現役72名、浪人含め80名が合格し、大変大きな成果を上げました。大きな伸びしろがあることを実証し、中期、後期で多数合格し、最後まで粘り、「西高生やればできる」という希望を一層感じさせる成果となりました。

また、現役合格率も93.0%、現役進学率も90.4%となりました。

県北で一番勢いのある、伸びている進学校です。

追い風、上昇気流に乗り、授業第一主義、授業を通じて近い将来の共テ、及び難関私大や二次力も保障し、生徒自身も授業に積極的に参加し、自学自習の時間をしっかり確保する、考える力の向上(思考力)等、相互作用の中で生徒の力を、教職員全体で伸ばしていければと思います。

 

すでに入学候補者許可者説明会で、保護者の方には、西高の進路指導方針について資料を配布し、お話ししました。皆さんの進路主事だより「西高生になる」の中にも記載されていますので読みたいと思います。また、HPの進路指導には、かなり沢山の情報も入っています。

 

さて、新入生を中学生から高校生にいかに早く変えることができるかが、新1年生に向けての進路指導部としてのテーマです。

入学時の皆さんは「真っ白な状態です」。一度定着した基準はなかなか変えられません。

本校は県北が誇る進学校として皆さんの進路実現に向けた指導を行っています。

皆さんの学力を、本校で更に伸ばし、高い志や目標を持って3年後の進路実現を果たしてください。

新入生を迎えるにあたって新1学年の先生方は入学後のオリエンテーション、つまりスタートアップ講座での指導内容の検討、入学後の面談計画など、生徒を高校生に素早く変えるための手立てを考えてきました。この時点で、学校としての指導目標の達成状況が十分であればその後3年間の指導が効果的なものになります。

入学直後と高校1年生の前半で生徒にどのような働きかけをするか。それによって中学生から真の高校生にどう変えていくことができるか。これは何でもないことのようですが、生徒の進路実現のためには極めて重要です。進路実現は低学年指導で7割が決定すると言われています。それほど皆さんの「現在」は重要です。進学校として、早期から(国公立大学や難関大学などへの挑戦へ)の意識付けができている生徒はそう簡単に最後まで目標がぶれないものです。初志貫徹しましょう。

入学式直後からしっかりと計画的に指導している学校とそうでない学校では、最初から差が付いていきます。本校は、生徒の力を最大限に伸ばす県北が誇る進学校です。「本校の進路指導はこのようにやります」と外部に情報提供し、熊西の進路指導を「見える化」することはもとより、学年団が初期指導をしっかり行い、熊谷西高校進路指導方針に則り、進路指導部を中心に、全校で連携しながら進路指導を進めてまいります。安心してください。

進路に限らずどんな行事でも、皆さんにとっては一回だけのものであり決してやり直しのきかないものです。したがって一つひとつの進路行事が効果的なものになるよう、3年間を見通した進路指導方針や計画の中で、定期考査、模擬試験、進路ガイダンス、面談など様々な行事や取組が単独で終わるものではなく、線となるよう、生徒の進路実現に向けて組織的、継続的、計画的に実施しています。そして、進路だよりや進路ブログ等で情報発信を積極的に行っていく予定です。

 

さて、これから皆さんに、3点のお願いを、自覚を持って実行して欲しいと思います。

 

まず、第一に、基本的生活習慣を確立してください。

これは言うまでもないことかもしれませんが、学習は生活からです。生活習慣がしっかりしている生徒ほど最後は伸びていく傾向にあります。生活習慣がしっかりしていない生徒はどこかで限界が来ます。 心の健康、身体の健康にも影響を及ぼしてしまいます。

起きる時間、学習を開始する時間、寝る時間の3点固定をしてください。

基本的生活習慣の確立は、高校生活すべての土台です。いい準備をして、日々の自己管理をしっかりして高校生活を送ってください。スマホやゲームはしっかりとした自己管理をしてください。

 

第二に、全員が高い目標を持ち、学力向上に励んでください。

西高は、大学進学指導推進校です。国公立大学等への現役合格率の高い進学実績を目指している県立高校です。1年時からしっかりと目標を立て、準備しなければ実現はありません。

学校の授業を100%大切にしてください。積極的にそして謙虚に学んでください。

「熊西の学びは、皆さんが、どう生きたいか、どうしたいのかを第一に考え、地域のみならず、日本や世界を支え、最終的には『人類の幸福のため』となる、さらには自らの『命を大切にし、生きる、生き抜く』ものとなるように『高次元でスケールの大きなもの』となるというもの」です。受験も大学も通過点ですが、そうした次元を獲得するために、高い志を持ち、自己実現でき、自己を高めることのできる納得の場を求めてください。

だからこそ、高校では、将来の学問のベビーフード、教科の核、基本をしっかりと学びます。「熊西3年間の全てが進路指導」です。熊西の全活動をとおして「タフで優しく賢い」人材に育っていくのです。

本校は「授業第一主義」を唱っています。様々な形態の授業で学力を向上させていきます。大学入試も授業の延長線上にあります。バランスよく学問のベビーフードとしての学習を継続し、学力を高めていかなればなりません。しかし、皆さんの学力が向上しているかどうかは簡単に検証できるものではありません。仮に皆さんの学力が本当に向上しても、実績として数字があがらない場合もありますし、その逆もあります。学力そのものがつかなくても、学習に対する姿勢がつけばおのずと学力が向上したように見える場合もあります。「真の学力」「見えない学力」「確かな学力」などの意義は必要にしても、まず「見える学力」を重視するのは仕方ないことです。諦めずに定期考査の得点や模擬試験の偏差値を指標にしてゴールを目指す、つまり、客観的なデータを用いて、先生方も皆さんと並走、指導するということです。

 

第三に、学習に対する体制作りをしてください。

皆さんの学校での学びの授業時間は、1週間1690分(34単位時間)もあります。しっかり自分の学力として定着させるには毎日の授業外での学習習慣を確立する必要があります。学力を向上させるために、自学自習の重要性は言うまでもありません。自学自習の習慣が当たり前の雰囲気を学校全体で作っていくことが必要です。「自学自習、教え合い、学び合い」の風土を醸成し、基礎基本の確立を図ってください。努力の途中で「迷子」になったら、仲間に助けを求めてください。学び合い・教え合いの効果は非常に大きいのです。

学校行事や部活動をやりながらも、まず優先すべきことを間違えず、授業はしっかり集中して取り組み、家庭でも最低限の勉強をしていた生徒は、最終的に進路実現、自己実現を果たしています。平日学年+1時間、休日学年+2時間は全国の進学校での最低学習時間と言われています。しかし時間的な余裕がない時もあるでしょう。それでも、少しでもいいですから毎日継続して学習してください。予習・復習はもちろん、朝学含め、隙間時間の有効活用、速やかな切り替えで学習時間の確保をお願いします。この裏付けなしに、高い目標の実現はあり得ません。簡単に手が届くことがわかっているのは目標とは言いません。目標は成長のツールです。背伸びしたり、ジャンプしたり、時にはもがいてください。悩んでください。1週間で消化できる分量は中学校とは違います。確かな学力を身に付けるには、人に何時間教わったかではなく、時間をかけていかに自分で考え、学習したかにかかっています。「知る」はお金で買えますが、「わかる」はお金で買えないのです。「わかる」にファストパスは存在しません。高校の学習の進度は早く、中学校で身に付けた基礎学力を前提に進みます。予習→授業→復習の黄金サイクルを確立させましょう。是非、もう一度基礎の確認をしてください。

 

西高生は英姿颯爽、人柄もよく、素直で、真面目です。

西高には豊富な知的財産があります。

学校行事や部活動を含む、西高教育活動全体を通じて、タフで骨太の人間力もつけていきます。

1年のスローガンである、「西高生になる」中で、良き友に恵まれ、西高生活を心底楽しみ、それぞれの高い志を貫くためにも、この4月、そして1年生前半を特に大切に過ごしてください。 

皆さんには、世の中で役に立つ、日本やその地域、さらには世界のどこかを支える人材になっていただきたい。とてつもない早さで変化する社会の解のない世界で活躍する土台を作る。そのためには、今「現在」が大切です。

人は「環境」で変わります。熊西にはそれぞれの境遇を超えて、切磋琢磨する環境が存在します。高い志を持ち、仲間との多様な経験をとおして、強く優しい共感力や人間力を育み、頼れる自分を作ります。熊谷西高校生は、3年間で「立派な18歳成人」に成長します。いつも自分自身を脱皮し固定しないことです。

「私は、西高で変わった、だから西高、それが西高だった」、と胸を張って言える変化を、この3年間で体感してほしいと思います。

 学習や進路に関する悩みがあったら、遠慮無く、担任の先生、教科担任の先生、進路の先生等に相談してください。

 熊西で間違いなかったと確信できる、有意義な自己ベストの3年間を期待します。

 

「ベストを尽くす」

「今を精一杯生きる」

「フィジカル パッション 演習量」

 

進路指導主事  平井 利久 

 

 

初志貫徹

 

 

【進学の熊西】始業式・進路指導主事より【新学期3つのメッセージ】

 

熊谷西高校では、始業式・終業式・朝礼・学年集会・統一進路等で、進路指導主事講話を行い、適時に適切な進路に対する意識喚起を行っています。

 

令和6年度1学期始業式に平井進路指導主事から全校生徒へ、新学期にあたって、「第47期生 熊西の大学合格実績」「学びの理念について」「各学年の進路指導と学習について」、3つの観点からお話がありました。

 

1年生は「西高生になる」2年生は「勝負の2年生」、3年生は「受験は団体戦」のキャチフレーズの下、「英姿颯爽」の校風の中で、高い志を持ち、自己実現のために日々ベストを尽くしましょう。

 

 

【平井進路指導主事より】

 

おはようございます。

 

春。

寒さの中で力を蓄えた草木が、パワフルに芽吹き、次々と花を咲かせる、生命の躍動の季節がやってきました。

 

新年度が始まりました。

何事もはじめが肝心です。特に今日は出発の日です。今まで述べてきたポイントも踏まえながら、新年度に相応しい目標となるべきメッセージを簡潔に3つ伝えたいと思います。

 

まず1つめは、3月に卒業した「第47期生、最新の合格実績について」です。

第47期生は270名と一クラス減でした。

国公立大学は50名(現役47名)でした。東北大学(旧帝大2名)。メディカル系は23名で、群馬大学をはじめ、北里や東邦の医学部・医学科への合格もありました。(第46期生)

私大では、早慶上理・GMARCH・関関同立、合計82名でした。

早慶上理は14名でした。昨年の約3倍増です。早稲田は5名とこれも高い数値になりました。慶応義塾大学は薬学部・薬学科という私大最高峰に合格しました。

GMARCHは66名、現役合格率は93.0%、現役進学率は90.4%と高水準でした。

西高生の努力が成果となって現れています。西高生やればできるということを実証する成果です。

卒業生を囲む会でも学びが沢山ありました。進路の道標にも情報が掲載されます。先輩の頑張りがモデルになります。先輩を是非超えて、自己実現して下さい。

 

2つめは、「学びの理念について」です。

「熊西の学びは、皆さんが、どう生きたいか、どうしたいのかを第一に考え、地域のみならず、日本や世界を支え、最終的には『人類の幸福のため』となる、さらには自らの『命を大切にし、生きる、生き抜く』ものとなるように『高次元でスケールの大きなもの』となるというもの」です。受験も大学も通過点ですが、そうした次元を獲得するために、高い志を持ち、自己実現でき、自己を高めることのできる納得の場を求めてください。

世の中は知性化が加速しています。だからこそ、高校では、将来の学問のベビーフード、教科の核、基本をしっかりと学びます。「熊西3年間の全てが進路指導」です。熊西の全活動をとおして「タフで優しく賢い」人材に育っていくのです。

特に、大学については、大学へ行く意味は3つあると終業式に述べました。

その中身を要約すれば、「自由を得て、他者と出会い、学問に向き合うこと」です。さらに付け加えれば、「世界に対して意思表示する練習、鍛錬の場」でもあります。それらを還元し、誰かの役に立ち、地域や日本、世界のどこかを支える人になってほしいと思います。

 

3つめは、「各学年の進路指導と学習」についてです。

さて、1年生は「西高生になる~基礎・基本の確立~」、2年生は「勝負の2年生~大学入学共通テストレベルの完成~」、3年生は「受験は団体戦~第一志望の貫徹~」を各学年の進路指導方針の柱としています。

特に2年生は中堅学年、3年生は進路実現の仕上げの学年となります。それぞれの学年の目指す意義を自覚しベストを尽くしてください。

「授業第一主義」「自学自習」「教え合い・学び合い」で皆さんは伸びていきます。

努力の途中で「迷子」になったら是非「教え合い・学び合い」で仲間に助けを求めて下さい。

また、予習・復習はもちろん、朝学含め、隙間時間の有効活用、速やかな切り替えで学習時間の確保をお願いします。皆さんの学校での学びの授業時間は、1週間1690分(34単位時間)もあります。しっかり自分の学力として定着させるには毎日の授業外での学習習慣を確立する必要があります。この裏付けなしに、高い目標の実現はあり得ません。簡単に手が届くことがわかっているのは目標とは言いません。目標は成長のツールです。背伸びしたり、ジャンプしたり、時にはもがいてください。悩んでください。突破口は見つかります。授業が終わり、部活が終わり、疲れていても、少しでも良いから自宅に帰ってから毎日行ってください。素直で、謙虚、しかし、周りに流されない、ひたむきに努力できる生徒は伸びます。

確かな学力を身につけるには「人に何時間教わったか」ではなく「時間をかけて、いかに自分でじっくり考え、学習したか」が大切です。「知る」はお金で買えますが、「わかる」はお金で買えないのです。「わかる」にファストパスは存在しません。

 

 

人は「環境」で変わります。熊西にはそれぞれの境遇を超えて、切磋琢磨する環境が存在します。高い志を持ち、仲間との多様な経験をとおして、強く優しい共感力や人間力を育み、頼れる自分を作ります。熊谷西高校生は、3年間で「立派な18歳成人」に成長します。いつも自分自身を脱皮し固定しないことです。

 

応援しています。

 

 

それでは、最後に、合言葉です。

 

「ベストを尽くす」

 

「今を精一杯生きる」

 

「フィジカル パッション 演習量」

 

 

私もまた、統一進路等、様々な場でお話しすることと思います。

 

皆さんも良き1学期を過ごしてください。

 

 

 

新年度、初心を大切に

 

 

【進学の熊西】国公立大学 ・主要私大【合格者数】

 

4月2日 現在 の「国公立大合格者数」と「主要私大合格者数」

 

「進学の熊西」「第一志望現役合格」「躍進の実績」

   

★令和6年3月卒業生は、一クラス減 270 名です。

 

  高い現役合格率と現役進学率  

 

現役合格率 93.0  

現役進学率 90.4  

 

  

・R6 国公立大学合格者数  

 50 名(現役 47 名) 

                東北大2名、東京農工大2名、お茶の水女子大1名、東京海洋大1名、  東京学芸大1名、 

                金沢大1名、埼玉大6名、群馬大18名(医学部・医学科1名を含む)、

                東京都立大1名 他

                R6 国公立大合格者数.pdf

 

・R6 主要私立大合格者数  

  早慶上理 GMARCH 関関同立   82  

                 早慶上理14名(慶應義塾大 薬学部・薬学科1名を含む)、GMARCH66名、

                 関関同立2名、 成成明学獨國武48名、

                 女子大御三家(津田塾・東京女子・日本女子)5名 他

      R6 私立大合格者数.pdf

 

・医学部・医学科    3 名  

                群馬大学・北里大学・東邦大学

 

・薬学部・薬学科  20 名 

                慶應義塾大学・東京理科大学・北里大学・明治薬科大学    他

 

 

1クラス減の270名の卒業生にも関わらず、国公立大学合格者は旧帝大(東北大<国際卓越研究大学>)2名を輩出するなど確実に向上し、難関私大への合格者数も増加した。早慶上理は昨年の3倍増、一昨年より14倍増・GMARCHは一昨年の2倍増となり、第一志望を貫き、合格を果たした。医学部・医学科(3名)や、薬学部・薬学科(20名)等のメディカル系(計23名)への合格も勝ち取った。合格大学のレベルも上昇している。

 

★ 進路実績のページへ

 

★2019~2024 国公立大・早慶上理GMARCH 合格者数.pdf

 

 

【進学の熊西】終業式・進路指導主事より【高校3年間の全てが進路指導】

3学期終業式に平井進路指導主事から全校生徒へ「学び」とは何か、「大学」とは何か、春休みにあたって、西高生の「使命」とは何かについてのお話がありました。

1、2年生にとっては「春休みは夏休み以上に大切な時期」です。1年生は「勝負の2年生」に、3年生は「受験は団体戦」に向けて良い準備をしましょう。

 

 

【平井進路指導主事より】

 

おはようございます。

今日は、1年の締めとさらには4月の出発に相応しいお話をします。 

 

今まで全学年の進路講話の機会にこんな話をしてきました。

熊西の学びは、皆さんが、どう生きたいか、どうしたいのかを第一に考え、地域のみならず、日本や世界を支え、最終的には「人類の幸福のため」となる、さらには自らが「生きる、生き抜く」ものとなるように「高次元でスケールの大きなもの」となるというものです。受験は通過点、大学も通過点ですが、そうした高い次元を獲得するために、人生の大きな視点を持って学問のベビーフードである全科目、全活動をとおして、安易な方法を選択せずに、高い志を持ち、自己実現できる理想かつ納得の場を求め、より高いレベル、より質の高い大学、行きたい大学、行くべき大学へ進学する必要があるとお話ししました。

意識の高い、やり抜く精神を持つ仲間のいる真の大学へ挑戦してもらいたいと。

「GRIT」を持ってほしいと。

「熊西からの人」「大学からの人」へなってほしいと。

そして人生を「survive」していってほしいと。

様々な環境で、多くの努力をした学生。その中でも悠々と頭一つ抜きん出て、インフルエンサーとなり、いい仕事をして、世の中で役に立つ。日本やその地域、さらには世界のどこかを支えるイノベーターとなる。そして富を生み、感謝され、さらには納税し、良き循環を生み出し、社会を潤す。また、とてつもない早さで変化する社会の解のない世界で活躍する土台を作る。実現したい未来やビジョンを持つ。今「現在」が大切。人生は選択肢の連続、決断の連続、そしてその文脈で人生を生きていくのです。

 

また、将来、学びを基盤にして、皆さんの行動力があればいくらでも発明ができる時代です。裏側ではネット上で、天才達が交流や議論し、いつの間にかとてつもない技術を開発して富に繋げている時代です。時代はIoT、さらに、副業が広がる時代です。BtoBからBtoCへ、そしてさらにCtoCへ。ChatGPTでは学習者だけで学習の可能性を格段に広げる時代へ入っていきます。

将来の変化に耐えうるためにも、「タフで優しく賢い」人材であってください。知・徳・体全てが基盤になります。だから「高校3年間の全てが進路指導」なのです。特に大学では真の「賢さ」が問われます。研究の場です。ですから、先ほども言ったように、今、西高で「学問のベビーフード」たる全教科目を学んでいるのです。教科の「基本」や「核」を学んでいるのです。無駄はありません。素直さと謙虚さがない人は伸びません。粘り強く学んで下さい。講義のシャワーを浴びているだけでは蒸発してしまいます。分かった気にならず、授業を受けた気にならず、疑問を生きた質問にして主体的に自分のものにしてください。

 

さて、1年生は「西高生になる~基礎・基本の確立~」、2年生は「勝負の2年生~大学入学共通テストレベルの完成~」、3年生は「受験は団体戦~第一志望の貫徹~」を進路指導方針の柱としています。

「授業第一主義」「自学自習」「教え合い・学び合い」で皆さんは伸びていきます。

そこでは、誰と学ぶかも大切です。

先輩を追い、超えていきます。助け合って学んでいきます。助けを求めて頼ることも大切です。

自学自習は大切です。自学自習を制する者は受験を制します。実行あるのみです。

カタツムリの時速は約3.6m/hだといわれます。
1日8時間、エベレストにチャレンジすると1年で約8,900m。
なんと1年でエベレストの高さに達することになる。
またカタツムリは前進あるのみ、(Uターンはするが)バックしない。
一日一日の小さな一歩がいずれ大きな差を生みます。
しかも、数学的要素で言っても同じです。例えば、1.01の365乗は37.8ですが、0.99の365乗は0.03です。

継続は力なり。忍耐力が必要です。

 

それでは、本題です。皆さんは、なぜ大学へ行くのか。就職のため。確かにそれもあるかもしれないが、もっとアカデミックな理由で言えばそうではない。大学へ行く意味は3つあると考えます。1つ目は絶対的な自由が保障されていること、2つ目は自分の殻を破る、自分を壊してくれる位の絶対的な他者と出会えること、3つ目は自分の大学での存在意義が問われる絶対的な学問と向き合えることです。学問の学はまねぶです。ですから学びは高校までに完成させておく必要があります。大学は問うところです。健全な批判的精神と論理的思考能力、そして表現力を深化させるところです。批判という意味のクリティシズムはギリシャ語のクリノーからきています。それは、物事の境界を分けるという意味です。判断も物事を半分に断つと書きますね。割るのです。理性の理もことわり=ことを割ることを意味します。ことを割るには細かい筋目や境目をしっかり見ていかなければいけない。それを捉える力が理性なのです。思考力を用いて批判をするには理性が必要ですが、批判をするためには圧倒的な知識が必要です。皆さんは、まず、身につけた知識を使って学問をするために大学へ行きます。先に述べた3つで世界のため、世のため、人のため、つまりは、世界の幸福のために動く人材になってください。know(知る)はお金で買えますが、understand(わかる)はお金では買えません。知を創造力に変え、めげずに数々の思考実験を重ねながら、世の中に有益な何かを生み出していくのです。

「自由を得て、他者と出会い、学問に励み、誰かの役に立ち、世界のどこかを支える」ために大学に行くのです。「世界に対して意思表示」をする練習の場です。それができる大学に行くのです。

万人が、平等の特技があるとすれば「勉強」です。一生勉強なのですから。勉強とは生涯につながる唯一の特技です。学ぶ意味は学び切るまで分かりません。意味がわからないから学ばないというのは、あまりに短絡的な思考です。学びには王道もなければ聖域もありません。日本には勉強をバカにする側面があります。永久の学びを志向する者ならば、他者の学びに対し冷ややかであってはいけない。思いの丈でやれるところまでやってみる。是非、そうした期待と覚悟を持って勉強してください。

 

現代文はすべての基本です。大切にしましょう。理系志向の国策、数学は大切です。客観的な数字という指標ですべてを解決してくれます。データは見えないものを見えるようにしてくれます。聞こえないものを聞こえるようにしてくれます。得意を最大限に伸ばし、苦手を減らしてください。春休みは夏休み以上に大事な時期です。しっかり学習してください。徹底的に復習をして、余裕ができたらどんどん自学自習で先取りしてください。YouTubeだってあります。言いたいこと、主張はこれ、理由はこれ、具体的にはこれとこれと、学んだ内容を端的に要約、振り返りをしてみてください。とにかくいい準備が必要です。志望校はランクを上げて考えましょう。大舞台に立つと100%で頑張ってきたとしても目減りするものなんです。怯むものなんです。だから背伸びを少しだけして、心も頭も鍛えてください。

皆さん、自ら進んで風を起こしてください。つむじ風を起こしてください。

風と言えば、中国大陸の南、太平洋を吹き抜ける季節風は、古来から貿易船の帆を押し、東西文明を融合し、文明を育んできました。時には向きを変え、その逆風を追い風に変えることも重要な戦略の1つです。風を掴みましょう。凧のように逆風をも利用し上昇することも可能です。

 

さて、最後です。皆さん、「努力」し、「行動」を積み上げ「知識」を積み上げ、「態度」を積み上げる。それらはやがて賢さとして「知性」インテリジェンスとなり、「武器」となり、最後は「個性」となり還ってくる。深みのある人間になります。

人は「環境」で変わります。熊西にはそれぞれの境遇を超えて、切磋琢磨する環境が存在します。そこで、感性を豊かに、明朗な心情と強固な意志を育て、高い目標を掲げ、進んで困難に挑む不屈の実行力を養います。力の限りベストを尽くし、仲間や先輩後輩と多様な経験をとおして、タフで優しい共感力や人間力を育みます。そこに自主自律の精神が育ちます。強くて頼れる自分を作ります。自己肯定感を高めます。時を守り、場を清め、礼を正せる「にんげん」を作ります。熊谷西高校生は、3年間で「立派な成人」に成長します。その結果、質の高い大学で学び、地域や日本、世界を支える皆さんへと変容します。そんな皆さんへの夢を私は持っています。

 

それでは、最後に、

 

「ベストを尽くす」

 

「今を精一杯生きる」

 

「フィジカル パッション 演習量」

 

よき春休みを。

 

 

4月の良き出発には良い準備が必要だ

 

【進学の熊西】卒業生を囲む会が行われました

3月19日(火)3・4限に卒業生を囲む会が行われました。

熊谷西高校では、進路指導の一環として、毎年3月に、大学現役合格を果たした卒業生を招待し、大学受験に関する様々な体験談やアドバイスを話してもらい、在校生の進路実現に役立てる企画を実施しています。

文系(体育館)・理系(格技場)に分かれ、令和6年度大学入試に合格した卒業生計19名(文系・理系それぞれ、学校推薦型選抜(指定校推薦)各1名、学校推薦型選抜(公募制推薦)2名、総合型選抜各1名、その他一般受験)から、効果的な勉強法・共通テスト対策・個別試験(2次試験)対策・一般受験に向けた勉強法・学校推薦型入試対策・学校利用のメリット・朝学習で実践していたこと・総合探究の効果・受験勉強時間・時期等の計画性・第1志望校決定時期とモチベーション・自身の経験で学んだことや後悔していること・後輩に伝えたいこと等、多岐にわたる具体的なメッセージがありました。

1、2年生からも積極的な質問があり、卒業生は質問に真摯に回答していました。

 

〔卒業生発表者大学〕

・文系:東北大学・経済学部、お茶の水女子大学・文教育学部、埼玉大学・教育学部、群馬大学・共同教育学部、群馬県立女子大学・国際コミュニケーション学部、早稲田大学・文学部、学習院大学・経済学部、青山学院大学・経営学部、立教大学・異文化コミュニケーション学部、法政大学・社会学部

・理系:東北大学・工学部、東京農工大学・農学部、東京海洋大学・海洋資源学部、埼玉大学・教育学部、東京都立大学・理学部、会津大学・コンピュータ理工学部、埼玉県立大学・保健医療学部、明治薬科大学・薬学部

卒業生を囲む会終了後は、卒業生への個別相談と質問対応を行いました。

 

新2年生は、「勝負の2年生 ~大学入学共通テストレベルの完成~」

新3年生は、「受験は団体戦 ~第一志望を貫徹する~」

というスローガンの下、今後は更に密度の濃い学習をしていくことになります。

1、2年生は、高い志を持ち、第一志望を勝ち取るためにも、先輩の貴重なメッセージを聞き、今後の受験勉強に役立ててほしいと思います。

 

理系会場・柔道場にて

先輩からの説明①

先輩からの説明②

真剣に聞き、メモを取る在校生

1,2年生からの質疑応答

文系会場・体育館

体験談は具体的で後輩の役に立つ

在校生の真剣な眼差し

耳を澄ませて

体育館会場での質疑応答

最後の総括

個別相談会① 具体的な学習法について情報交換をする

個別相談会② 後輩の質問に真剣に答える

 

【進学の熊西】入学許可候補者説明会・進路指導部より

3月18日(金)に入学許可候補者説明会が行われました。

入学生保護者が初めて一堂に会する機会に熊西の進路指導の方針をお伝えすることは、学校が家庭と連携する上で極めて大切です。それが、入学前に西高生となる自覚を促す契機にもなります。熊谷西高校は入学前にもしっかりと初期指導を行います。進路指導主事からの話を添付掲載します。

配付された資料とともに、お子様と、今日お話しした内容を共有していただければ幸いです。 

 

【進路指導部より】 入学許可候補者の皆さんへ.pdf

【進路指導部より】入学許可候補者説明会資料.pdf

【進路指導部より】熊西進路指導方針.pdf

 

西高生は英姿颯爽、人柄もよく、素直で、真面目です。一方で、失敗をしても、立ち上がり、成長し続ける者が、自分を成長させるだけでなく、仲間にも影響を与えます。高校3年間、どんなことがあろうと諦めてはいけません。時を守り、場を清め、礼を正すことは学習の基本になります。常に良い準備をし、良い環境を整え、チャレンジをして、タフで優しく賢い西高生に成長してほしいと思います。

 

西高には豊富な知的財産があります。

1年のスローガンである、「西高生になる」中で、良き友に恵まれ、西高生活を心底楽しみ、それぞれの高い志を貫くためにも、この4月、そして1年生前半を特に大切に過ごしていただきたいと考えております。

学習や進路に関する悩みがあったら、遠慮無く、担任の先生、教科担任の先生、進路の先生等に相談してください。 

 

 

【進学の熊西・速報】大学合格実績【旧帝大・最難関私大】

2024年3月卒業生(第47期生)は、1クラス減の 270名 となります。

 

熊谷西高校では、志を「高く、強く、深く」持つ3年生に、一般受験を最後まで「やり切らせる」指導をしてきました。

また、熊谷西高校は、「進学の熊西」のキャッチフレーズのもと、「高校生活3年間のすべてが進路指導である」という認識を全職員が共有し、第一志望での現役合格と自己実現に向けた高い志を貫徹させるため、組織的・計画的・継続的な進路指導を教職員が一丸となって展開してきました。「学校完結型」の進路指導です。

 

現在、旧帝大(東北大2名)<国際卓越研究大学 国内唯一認定>〔普通科〕、群馬大(医学部・医学科)<新八医大>〔理数科〕、慶応義塾大(薬学部・薬学科)<私大薬学部最高峰>〔普通科〕等、難関国公立大学や難関私立大学への合格を勝ち取っています。

「進学の熊西」として、素晴らしい結果が現れております。

また、東京農工大学や、お茶の水女子大学、東京学芸大学、東京海洋大学など首都圏難関国公立大学をはじめ、国公立ブロック大学、早稲田大学、上智大学、GMARCH等の難関私立大学等への多くの合格報告を受けております。

 

今年を含め、ここ3年間を見渡してみますと、東京一工の東京工業大、旧帝大の北海道大、東北大、千葉大、筑波大などの難関国公立大学、その他国公立ブロック大、早慶上理をはじめとする難関私立大学への合格者が目立つようになってまいりました。

 

国公立大、早慶上理、GMARCH等の合格者数は、報告がまとまり次第、順次公表してまいります。

 

生徒の向学心をくすぐり、目標を実現し、着実に進学実績を伸ばす熊谷西高校です。

 

進路実績のページへ

 

【進学の熊西】国公立大試験二次対策【最後の追い上げ】

 ◇ だから熊西!それが熊西! ~伸びる熊西の秘訣~ ◇ 

 

2月、熊谷西高校は、3年生が家庭研修期間になり、大学入試が続き、対内的にも対外的にも、高校入試等で慌ただしい時期ですが、県北が誇る進学校として、校内で生徒の進路実現のために取り組む「旬な情報」を速やかにお届けします。

 

国公立大学前期試験の直前の自習室。3年生は「自学自習」を貫き、最後の追い上げを図っていました。

この3年間、互いに支え合い、刺激し合える生徒集団が育ちました。教師陣が涙が出るほど、一途に頑張る生徒が沢山います。

いい学校にはいい仲間がいるのです。

そして、高次元での進路実現をサポートする指導力の高い優秀なスタッフが存在します。

 

環境は極めて大事です。

まもなく創立50年を迎える若さの新興進学校で培われた新進気鋭の環境こそが優れた財産です。

 

放課後や家庭研修期間中、私大・国公立大学二次対策向けの補習も実施され、演習、解説を聞く中で、生徒達は入試科目の直前調整を行っていました。

国公立大学の二次対策の添削指導、記述力の育成も最終段階に差し掛かり、職員室や教科準備室、進路指導室には、多くの3年生が二次試験対策指導を求めて訪れます。

先生方も、国公立二次試験の模範答案の作成や、答案添削指導、個別指導など、全国大学入試問題正解などの書籍も分析しながら、高度な入試問題に対してベストな解答に向けたきめ細やかな指導を行ってきました。高度な大学入試問題や変化する大学入試制度に精通し、研鑽を積んだ熊西の教師陣は、生徒の深い質問にもしっかりと対応します。

熊谷西高校は、「進学の熊西」のキャッチフレーズのもと、「高校生活3年間のすべてが進路指導である」という認識を全職員が共有し、第一志望での現役合格と自己実現に向けた高い志を貫徹させるため、組織的・計画的・継続的な進路指導を教職員が一丸となって展開しています。まさに「学校完結型」の指導を行っています。

国公立大学二次試験受験科目のニーズに応じた綿密な「二次対策指導」もその一貫です。

2月25日から前期試験が、3月8日以降に中期試験、さらに3月12日以降に後期試験が始まります。実力は試験当日まで伸び続けます。

2月から3月にかけての入試で実力を実証し、自信と誇りを持って「行きたい大学」「行くべき大学」への第一志望合格を勝ち取れることを期待しています。

 

合言葉は、

「ベストを尽くす。ベターではいけない。」

「今を精一杯生きる」

そして、

「フィジカル パッション 演習量」

です。

 

最後まで挑戦する西高生の皆さんこそが、熊西の誇りなのです。

 

県北が誇る進学校、熊谷西高校。

 

熊西には夢があります。

生徒が、今、一般入試で鋭意、健闘中です。しっかりと実力を実証し、現役合格を勝ち取り、自らの人生を生き抜く糧とします。

 

時代は、第四次産業革命です。そこでは、物理、デジタル、生物圏の間の境界を曖昧にする技術の融合、「人工知能(AI)」「ロボット工学」「ナノテクノロジー」「バイオテクノロジー」「量子コンピューター」などの技術が急速に進歩し、社会・経済の構造が大きく変革します。そして、その特徴は、単純なIT化ではなく、ITの活用です。AIやIoT、ビッグデータを活用した技術革新です。
世の中全ての分野で「知性化」が加速しています。

高校教育は、一層知的で、知性を伸ばすものでないといけません。普通科と理数科を併せ持ち、SSHに指定され、理数教育のトップランナーでもある熊谷西高校は、日々さらに進化し、変化する時代のニーズに応じた進路実現を図ります。

 

令和7年度に受験する新たな高校受験生の皆さん。

是非、新時代を生きる生徒を育てる熊谷西高校へ。

 

 高く、強く、深く。

 

進学実績の速報、合格者数、現役合格率や現役進学率等の公開までもうしばらくお待ちください。

 

 

自習室の窓から

自習室は国公立大学前期試験前まで多くの生徒が訪れた

熊西には互いに支え合い、刺激し合える仲間がいる