日誌

バレーボール部女子

公式戦久しぶりの勝利

女バレ日記12

 

全日本バレーボール高等学校選手権大会北部支部予選が10月28日、29日でおこなわれました。

1回戦で熊谷商業高校に勝利し、2回戦では秩父農工科学高校にフルセットの末、敗退しました。

公式戦では、久しぶりの勝利となり、嬉しさと悔しさを味わう大会となりました。

1月の新人大会に向け、さらなる進化を目指し、11月も日々練習に励んでいます。

 

0

1年生大会!結果を次に

女バレ日記11

9月23日、24日に1年生大会が行われました。

2日目にも試合ができ、いろいろな経験ができました。

これからにつながっていくことに期待します。

何より、単独チームでの出場は、さらに絆が深まったとのことがよかったですね。

 

  

 

 

 

 

 

 

0

1年生大会!

女バレ日記10

9月も半分が過ぎました。熊谷西高校単独出場での1年生大会です。力を合わせて頑張ります!。

2年生もしっかりサポートしてくれています。みんなで頑張ろう。

 

0

中学生との交流

女バレ日記9

 

3年生の活動が終わり、新チームでの活動がスタートして、時間が経ちました。

(3年生、頑張って最後まで活動してくれてありがとう!)

そして昨日、1学期も終了しました。夏休みの練習も本格化します。

さて先日、地元中学校5校60名近くの中学生とのバレーボール交流会がありました。

当日は、高校生がボールを投げたり打ったりと、活躍してくれました。また、中学生も他校の部員と交流を深め、バレーボールを楽しんでいました。

中学生の皆さんは秋の新人大会、高校生は1年生大会と春高予選に向け、暑い夏ですが、熱中症に気をつけ、練習に励んでいきましょう。

 

 

0

入部式

女バレ日記8

 

令和5年度がスタートしました。

卒業した部員もいれば、新入生として入学してくる生徒がいるのが学校です。

新しい部員を迎え、新生熊西女子バレー部がスタートしました。

春季大会、頑張ります!

 

0

卒業‼

女バレ日記7

 

3年生が無事に卒業式を終えました。

目標とする進路に進む人も多く、熊西女バレ生活もきっと満足してくれたことと思います。

3月18日、送別試合を行いました。

バレーボールを久しぶりに触ったのに、みんな上手でした。

何より、楽しそうに、コートで笑顔はじける姿が、顧問の私としてはとてもうれしかったです。

卒業してもバレーボールを楽しんで続けていきたいと思ってもらえれば最高です。

大学合格おめでとう!そして卒業おめでとう‼

 

0

春らしく

女バレ日記6

春らしくなってきました。

先日、学力検査が終わり、入学許可候補者が発表となりました。

合格おめでとうございます。

春が確実に近づいています。今日はたくさんの部活動が活動中です。

 

トレーニング後、さくら運動公園に行ってきました。

たくさんの人が歩いたり、走ったり、設置してある健康器具でストレッチしていました。

私たちも一市民になって、健康器具を触り、からだづくりを体験しました。

部員たちも学年末考査が終わり、新年度への期待がふくらんでいるようです。

新しいメンバーが加わるのを楽しみにしています。

<紅梅の前で人文字を作ってみました。>

 

0

技術講習会(1年生大会)

女バレ日記4

9月24日、25日の2日間にわたり、北部地区技術講習会(1年生大会)が行われました。

熊谷西高校は、1年生が5人のため、熊谷女子高校、寄居城北高校と合同チーム(8人)で出場しました。

1日目は、深谷商業高校、深谷第一高校に勝ち、2日目は本庄高校に惜しくも負けてしまいました。

合同チームならではの難しさ、合同チームであっても勝利にこだわる気持ち、そして、2年生が裏方スタッフとして関わってくれる有難さ、語りつくせないほどの貴重な経験ができました。

これからまた、自分のチームで、こだわりを持って、頑張ってくれることと思います。

勝利に向け、ファイト!

リラックスタイム!

合同チーム全員で礼!

春高予選、頑張るぞ、熊西女バレ‼。

 

0

中学生と交流

女バレ日記3

7月17日(日)、籠原体育館にて、近隣5校の中学校の女子バレー部1,2年生と交流し、バレーボールを通して触れ合うことができました。

コロナウィルス感染対策として、人数を減らし、時間を短くおこないました。もっと時間があれば、多くのことがお互いに勉強になったと、少し残念に思いました。

そんな限られた中でも、高校生に親しく話しかける中学生もいたり、緊張しながら中学生にアドバイスする高校生の姿があったり、貴重な時間を過ごすことができました。

高校生とのバレーを楽しんでもらい、ずっと続けてくれることを願っています。

 

0