今日の熊西

今日の熊西

学年末考査です

 本日2月19日(金)から、1年生と2年生は学年末考査です。1年間の学びの集大成に向けて、頑張っています。下の写真は、2年生のHRが並んでいる2階の廊下です。1階は1年生。静かに考査に集中しています。そして、実は、3階や渡り廊下には何人かの3年生が学校で受験勉強に取り組んでいます。みんな、全集中です。

 公立高校受験を控えた中学生の皆さん、皆さんの先輩たちは、一足先に頑張っていますよ! どうぞ、早く仲間になってくださいね!

 「英姿颯爽(全力さわやか西高生)!」

0

入学者選抜の願書受付が始まりました!

 令和3年度入学生の入学者選抜の願書受付が始まりました。しかし、事務室前の受付に、人の姿はありません。

 今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、郵送による受付が基本なので、例年のように窓口に中学生が並ぶ、といった光景が見られません。高校では、中学校ごとにまとめて郵送されてきた書類を丁寧に開封して精査していく、という作業が静かに続いています。

 倍率に関しては、逐次、県のホームページで公開されていますが、本校は10月、12月段階での志願者が大変多かったせいか、昨年度よりも、かなりおだやかな様子です。

 在校生も、英姿颯爽たる後輩たちを待っていることでしょう。

0

ポスターセッション

 今日、2月10日(水)の午前中は、午後から行われる生徒研究発表会に先立って、理数科と自然科学部の生徒によるポスターセッションが開催されました。密にならないように場所を2ヶ所に分けての実施です。

 上は、視聴覚室の様子です。密にならないようにしています。

 上は、3年8組の教室の様子です。人は密ではありませんが、熱気があります。

 今回のポスターセッションでは、数学をテーマにした班もありましたし、理科では物理・化学・生物・地学のすべての分野に取り組んでいます。また、陸上競技部のメンバーは「パルスオキシメーターによる体調管理」というテーマで発表をしました。熊西は、生徒の探究への取り組みが多彩です。

 「英姿颯爽(全力さわやか西高生)!」

0

はんが甲子園予選通過作品です。

 美術の話題が続きます。

 先日のこの欄で、第21回全国高等学校版画選手権大会(はんが甲子園)に、本校美術部が8年連続の出場を決めたことを報告いたしました。その際にお約束したとおり、予選を通過し全国大会出場を決めた選手たち、1年生3人の多色刷り版画を紹介いたします。

 右の縦長の作品は、阿部美波さんの「繋ぐ」という題名の作品です。緑色の橋が、左右の街をつないでいるのでしょうか。

 左上の作品は、河合希歩さんの「水鏡」です。美しい緑の中を流れる川面に、空の青が映っています。

 左下の作品は、須長皓さんの「母へ」です。赤いポストに、紫陽花でしょうか?素敵な街角です。お母さんへの手紙を出すのでしょうか?物語のようです。

 光線の具合で反射してしまうため、写真の腕が悪いのは御容赦ください。生徒の活躍の一端を御覧いただけたら幸甚です。

 「英姿颯爽(全力さわやか西高生)!」

 

0

郷土緑化ポスター原画

 生徒が授業で「郷土緑化ポスター」として描いた作品が、2階の渡り廊下に展示してあります。なかなか面白いアイデアが満載で、楽しいです。

 下の写真の左端の絵は、手渡しているバトンのリボンの両端から巨木が誕生しています。受け継ぐ、というテーマを表現しているのでしょうか。

 下の写真、右から2番目の絵は、フェルメールの「牛乳を注ぐ女」のパロディですね。美術の知識を作品の背景として生かしているのが洒落ています。

 さて、下の写真の左端は、聖母子像でしょうか。マリア様が樹になっています。普段から私たちは、緑の恵みを受け取っているのですね。

 生徒の皆さんも、この素敵なアイデアに満ちた樹木のように伸びていってください。

 素敵な個性あふれるアイデアがあっても、実行できるのは100人に1人、実行して失敗しても、それを糧として成功するまで行動を継続できるのは、さらにその100人の中の1人、などと言う人がいます。しかし、要は努力を続ければよいのです。

 「英姿颯爽(全力さわやか西高生)!」 

 

0

花が咲きました。

 職員室の給湯室の窓辺で、ぐんぐん伸びていた球根のヒアシンスが咲きました。3色そろって美しく咲いています。

 3年生は本格的な受験シーズンに突入しました。あと、揃うのは卒業式の予行と当日くらいでしょうか。既に私物も持ち帰られており、教室は、がらんとしています。

 職員室にいると、3年の担任の先生方が、「今日は、うちのクラスの誰それが、どこそこ大学の受験なんですよ」などと、話をしているのが聞こえてきます。皆、花を咲かせてほしいと願っています。

 「英姿颯爽(全力さわやか西高生)!」

0

漱石「こころ」についての探究活動

 2年生の現代文の授業です。全員が夏目漱石の「こころ」を1冊読み、小グループでそれぞれテーマを決め探究して発表する、という活動をしています。

 下の写真の班は、「先生の本当の恋心の真相」と題して、パワーポイントを利用しながら、作品の各部分にある表現やその変化の性質からから導き出した推論を、高い説得力で展開していました。

 また、下の写真の班は、発表する生徒の横で、内容に合わせて他の班員による寸劇や本の該当シーンの再現を行って、注目を浴びていました。「先生の死の真相を暴く!」と題して、6つの根拠を挙げて論理的に論を展開していました。

 全員で同じ一冊の文庫本を読み通しているので、説明でも「このページの何行目にあるように…」と、情報共有されている強みを感じさせられました。どちらの班も立派に発表しただけではなく、質疑応答では突然の質問にも絶妙な切り口の回答で対応し、西高生のすばらしさを示してくれていました。

 「英姿颯爽(全力さわやか西高生)!」

 

 

 

 

0

星を見ています!

 節分とはいえ6時には暗くなる熊谷では、下校時刻前に地学の天文観測ができます。屋上は、少し早い春一番(?)の強風が吹いていて、南風と言えどもかなり寒いです。

 おおいぬ座のシリウス、こいぬ座のプロキオン、オリオン座のベテルギウスが作る「冬の大三角形」は有名ですが、これとは別に、おおいぬ座のシリウス、こいぬ座のプロキオン、オリオン座のリゲル、おうし座のアルデバラン、ぎょしゃ座のカペラ、ふたご座のポルックスを結んでできる6角形を、「冬のダイヤモンド」と呼ぶのだそうです。

 今はレーザーポインターの良いものがあるので、私のような素人でも、専門の先生が指し示す先がよくわかり、ありがたいです。本校の生徒たちも、いつか、日本の輝く星となってくれることでしょう。

 「英姿颯爽(全力さわやか西高生)!」

0

1年生、探究活動の発表会です!

 今日の7時間目、普通科の1年生は探究活動の代表チームのステージ発表を行いました。SS探究基礎(一般の高校の『総合的な探究』の時間にあたります)の授業の中で、先週、それぞれの分野ごとに分かれて発表が行われましたが、その分野ごとの代表10チームが、学年全体の前で、体育館での発表を行ったわけです。

 なかなかユニークなテーマが多く見られました。上の写真は、ハヤシライスが違う色になっても愛されるか?という研究でした。キーワードは、暖色と寒色でした。

 また、現在の社会情勢にヒントを得て、このコロナ禍でボードゲームが脚光を浴びていることを踏まえて、研究をしてきたチームもありました。

 パワーポイントを上手に使った素敵な発表の中から、2月10日の生徒研究発表会の代表が2チーム決まりました。テーマは「購買意欲の湧くパッケージとはどのようなものか?」と、「折れやすいシャーペンの特徴とはなにか、折れにくいシャーペンはどのように開発されたのか、またその構造は何か。」の2つです。あと10日間で、どんなふうに磨いてきてくれるか、それも楽しみです。

 「英姿颯爽(全力さわやか西高生)!」

0

図書委員会広報「銀杏」1月号です。

 図書委員会の生徒が作る広報紙「銀杏」1月号が発行されました。表面の特集は「小説を音楽に!」です。You Tubeで再生回数1億回を超えたヒット曲「夜に駆ける」という曲は、ある小説を音楽にしたものなのだそうです。

 また、本校のシステムの変更により、貸出冊数が10冊になったというお知らせもあります。続き物を一気に読みたいという人、たくさんの資料で調べたいという人、そのほか、色々な方に多くの本に出会う機会を作ってほしいと願っております。

 裏面は、「今月の読書案内」です。2年生がおすすめする本の中に、高校生の定番ともいえる夏目漱石の「こころ」が取り上げられています。現代文の授業では、それぞれ「こころ」について小グループで取り組んだ成果の発表をしているところです。いくつか生徒の作った資料を見せていただきましたが、これが、ものすごく面白いのです。皆様に御紹介できないのが本当に残念です。本校の生徒たちは、すごいですよ!

 「英姿颯爽(全力さわやか西高生)!」

0

1月の登校指導です。

 登校指導です。この時期、二十四節気では大寒にあたります。校長先生をはじめ、先生方が生徒を迎えます。寒い中、風紀委員の生徒も一緒に頑張ってくれています。

 朝学習を推奨している本校では、ほとんどの生徒が8時前に校門をくぐります。ラッシュアワーの密を避けるために、時差登校として始業を遅らせるなどの対応をしている高校もありますが、本校では元々生徒の大半がラッシュアワーを避けて登校していることになります。生徒の普段の努力が、意外なところで役立っています。

 出迎えるのは、先生や委員の生徒だけではありません。上の写真は校舎側から正門を見たところですが、生徒がボランティア活動の一環として植えてくれた花が、この寒い中でもきれいに咲いて、登校する生徒を迎えてくれています。

 「英姿颯爽(全力さわやか西高生)!」

0

書き初め展で活躍!

 昨日に続いて嬉しいお知らせです。先日行われた埼玉県の書き初め展において、本校書道部2年の髙橋花歩さんが、埼玉県書写書道教育連盟賞を受賞しました。たいへん大きな賞をいただきました!

 いずれこのホームページで写真なども紹介したいと思いますが、まずは報告いたします。

 「英姿颯爽(全力さわやか西高生)!」

0

はんが甲子園に出場します!

 本校美術部が、第21回全国高等学校版画選手権大会(はんが甲子園)本戦に出場します!8年連続の快挙です。出場するのは1年生の阿部美波さん、河合希歩さん、須永皓さんの3人のチームですが、詳しくは改めてお知らせいたします。

 例年は新潟県の佐渡ヶ島を会場として行われるこの大会も、今年は事項を会場として制作に取り組み、開閉会式もリモートで行われるそうです。本校美術部の皆さんは、コロナ禍で部活動が休止になる前に、予選に応募する作品を完成させていたそうです。本選でも素敵な作品を完成させてほしいと思います。

 「英姿颯爽(全力さわやか西高生!)」

0

1年生の探究活動学年発表会

 1年生は今日の7時間目のSS探究基礎の時間に、10の分科会に分かれて「プチ探究」の学年発表会を行いました。数人のグループで、自分たちの興味関心に基づくテーマで研究した成果を6枚程度のスライドにまとめて発表します。

 ゲームの課金についての発表の場面では、印象的なイラストを使って表現するなど、芸が細かいところも見せています。

 上下の写真のように、身近な人などに行ったアンケートをグラフで表現した班もあり、工夫が見られます。テーマの違いや表現したい内容によって、円グラフと棒グラフのどちらを選んだ方が内容理解に役立つ発表になるのかも、練られていたことでしょう。

 自分たちのテーマについて、古代から時代を追って変化を比較しながら発表したり、日本と世界の状況を比較した結果を発表したりと、水平方向・垂直方向にわたって研究をしている班もありました。

 こうした経験の積み重ねが、大きな高みにつながることでしょう。

 「英姿颯爽(全力さわやか西高生)!」

 

0

「ほけんだより」1月号

 保健委員の生徒が作る「ほけんだより」の1月号が発行されました。表面の特集は「今年は『感染症対策』も忘れず!」です。「感染経路のおさらい」「対策として」「マスクの性能の比較」の3つの柱で書かれています。内輪ぼめになりますが、本校の生徒は探究活動で鍛えられているせいか、雰囲気で書いてしまうことなく、データを背景に説得力のある内容を提示してくれます。

 驚いたのは、不織布マスクに対して、ウレタンマスクの性能が低いことでした。息の吸い込み・吐き出しともに、ウイルスが倍以上透過しているそうです。紙面にも「ウレタンマスクは洗って何度でも使えたり、多少しゃべりやすい等のメリットがありますが、一番大切な「感染予防」の性能では~劣ります」とありました。役に立つ知識、生かしたいです。

 裏面の特集は「冬のお手軽ダイエット」です。「実は冬って痩せやすい!?」と、お年頃を感じさせる内容ですが、嬉しいのは「ダイエットに効果的な冬野菜」でした。やみくもにダイエットを特集するのでなく、あくまで健康を基盤とした記事に感心しました。

 「英姿颯爽(全力さわやか西高生)!」

0

イラストさまざま

 昨日紹介した書道の作品に続いて、校内に飾ってある生徒の作品を紹介します。美術の授業で3年生が取り組んだイラストレーションです。

 自由度が高いせいか、個性的です。名画のパロディか?と思われるものもあり、背景となる文化的素養もちょっと滲んでいます。

 「英姿颯爽(全力さわやか西高生)!」

0

書道の展示です。

 昨年11月に行われた埼玉県の第59回高校書道展で、来年度に和歌山県で開催される全国高等学校総合文化祭(総文祭)の県代表として出品が決まった、本校書道部2年の太田有咲さんの作品が、玄関近くの階段のところに飾られています。

 文字の大小も含め、様々な書かれ方が一つの作品の中で表現されています。筆者は門外漢ですが、見ていると思わず背筋が伸びるような気がします。

 昨年末から飾ってありましたが、書初めの時期に合わせて紹介させていただきました。

 「英姿颯爽(全力さわやか西高生)!」

0

新年、3学期の始業式です。

 謹んで新年の御挨拶を申し上げます。本校の玄関にの花も、新年に合わせて「芽出度い」感じです。

 今日はコロナ禍による4・5月の臨時休業の補充のひとつとして、いつもよりも早い日程での始業式です。すっかり定着したリモートによるプロジェクタを用いた式ですが、生徒の皆さんはきちんと前を向き耳を傾け、挨拶の返事の声も出ています。

 校長先生のお話の中では、十干十二支を踏まえた「干支(えと)」としての「辛丑(かのとうし・しんちゅう)」の表す意味が紹介され、励ましの言葉がありました。

 始業式の後、3年生は普通の授業でしたが、1・2年生は、下の写真のように課題テストに取り組んでいました。いつもより短い冬休みだったと思いますが、その中で培った力を発揮してほしいと思います。

 「英姿颯爽(全力さわやか西高生!)」

 

0

クリスマス公演

 今日の午後は、演劇部と吹奏楽部のクリスマス公演が行われました。どちらも新型コロナウイルス感染防止のためにソーシャルディスタンスを保つよう席を離し、入場者の人数を制限し、舞台と客席の距離を大きくとっての公演となりました。

 午後1時からは、視聴覚室で演劇部の公演がありました。演目は「Thank you for...」と「涙の連立方程式」の2つです。

人数不足に悩まされながらも協力して、脚本も演出も音響も照明もすべて生徒による舞台を作り上げました。

 午後2時からは、体育館で吹奏楽部の公演です。

 クラシックのマーチや、映画「君の名は」メドレー、ディズニーナンバー、アニソン、クリスマスソングなど、こちらも盛り沢山でした。

 途中に寸劇を入れたりしながらお客様を楽しませる、工夫を凝らしたステージでした。

 「英姿颯爽(全力さわやか西高生!)」

0

2学期終業式

 今日は2学期の終業式です。すっかりおなじみになった、職員室からのリモートによる式典です。式に先立って、表彰が行われました。まずは、先日行われた持久走大会です。各学年男女別3位までの表彰です。続いて、自然科学部、男子バドミントン部、吹奏楽部、県英語スピーチコンテスト、英作文コンテスト、軽音学部と、本当に盛りだくさんな生徒の活躍がありました。

 続いて、終業式です。校長先生からは講話で今年の話題として、鬼滅の刃をもじって、3年生に向け「全集中、受験の呼吸」という励ましがありました。また、今年94歳で亡くなったノーベル物理学賞受賞者である小柴昌敏さんの「幸運はすべての者に等しく与えられているが、周到な準備を重ねてきたものだけがそれを手に入れることができる」という言葉などを紹介して、生徒たちを元気づけてくれました。

 また、生徒指導主任の先生からは、挨拶が大切であるという話、冬休みの生活について留意しなければならないことについての話など、ユーモアを交えて心にすっと入ってきそうな講話がありました。下は3年生の教室の様子です。

 いろいろな機会にいろいろな人の話を聴いて、糧にしてほしいと思います。

 「英姿颯爽(全力さわやか西高生!)」

0

玄関の花(クリスマスプレゼント?)

 華道部の皆さんが玄関に飾ってくれている花です。クリスマスを意識させるものになっているようでに見えます。なんとなく、クリスマスプレゼントをいただいたような気がして、あたたかな気持ちになりました。

 明日は終業式。月並みな言い方ですが、今学期頑張った生徒の皆さんの通知表が、良いクリスマスプレゼントになることを祈っております。(祈りは、頑張った人向け限定ですが。)

 「英姿颯爽(全力さわやか西高生!)」

0

ほけんだより12月号

 保健委員の生徒が作る「ほけんだより」12月号が発行されました。かわいらしいイラストも描いてくれているようです。

 今回の特集は「冬休みの過ごし方~『冬休みあるある』を直そう!!~」です。運動不足や生活習慣の乱れについて、健康に過ごすためのコツが書いてあります。

 裏面のタイトルは「~眠れないあなたへ~ ぐっすり快眠のコツ」です。チェックリストや快眠のコツ、役に立つ豆知識などが特集されています。

 33年前、歌集「サラダ記念日」で有名になった俵万智の作品に、「『寒いね』と話しかければ『寒いね』と答える人のいるあたたかさ」という歌があります。

 生徒の皆さんも、お互いに声かけ合って、寒い冬でも健康に過ごしてほしいと願っております。

 「英姿颯爽(全力さわやか西高生!)」

0

1年生の学年会です。

 本日の4時間目を使って、1年生の学年会が行われました。学年全体に向けて、担任の先生方からの思いのこもった熱いお話がありました。

 自身の大学時代の思い出とともに「学ぶということは」と話してくださる方、「努力」の必要性と、それが意味する本質的なことから目をそらしてはいけないという、聴く者の背筋が伸びるような話をしてくださる方。受け止める生徒の皆さんは、それぞれ何か感じ取ってくれたことでしょう。

 「英姿颯爽(全力さわやか西高生!)」

0

図書委員会広報「銀杏」12月号の発行です。

 図書委員の生徒が作る広報紙「銀杏」の12月号が発行されました。

 クラス別の貸出冊数については、1年8組と1年5組が群を抜いています。今回は0冊のクラスがなかったのが救いですが、できればもっともっと図書館を利用してほしいと思います。冬休みの特別貸出は、冊数無制限です。読書三昧の年末年始もいいものですよ!

 裏面は、今月の読書案内です。1年生のおすすめ本が紹介されています。古典が1冊、ライトノベルが3冊紹介されています。ラノベと呼ばれる分野は、もう本屋さんの棚でも一大勢力です。なかなか面白いものもあるようですよ。

 友だちが夢中になっている何かに興味を持って触れてみる、というのも面白いかもしれませんね。

 「英姿颯爽(全力さわやか西高生!)」

0

登校指導

 年末最後の登校指導です。晴れた朝は冷え込みが厳しいです。

 そのうえ、本校の正門は北西側にあるので、朝日は校舎の陰に隠れて、北風ばかりが吹き付けます。

 そんな中でも、先生方や風紀委員の皆さんは、元気な声で挨拶を送っています。

 「英姿颯爽(全力さわやか西高生!)」

0

笹薮にて

 体育館前の笹の植え込みのところに、落ち葉が大量にたまっていたのですが、剣道部の皆さんが綺麗に掃除をしてくれました!

 下の写真と比べて御覧ください。掃除の後で、上と同じ場所を体育館側から撮影したものです。何だか京都かどこかの庭のようになりました!

 手をかけ、時間をかけただけ、思いが深くなると思います。素敵な学校になります。

 「英姿颯爽(全力さわやか西高生!)」

0

銀杏の黄葉

 本校の校章になっているイチョウ、学校の敷地内にもたくさん見られます。

 だいぶ前のこのコーナーで、剪定されて丸太か切り株のような姿になったイチョウを紹介させていただきましたが、この夏、だいぶ枝も伸び葉も茂り、「らしい」形になりました。日当たりがいいためか、12月の声を聞いても緑が目立っていたのですが、このところ急に色づいて、散り始めています。

 もしコロナ禍がなく、オリンピックが開催されていたら、ここで与謝野晶子の「金色のちひさき鳥の…」という短歌などを金メダルと絡めて紹介できたかな、などと思いつつ、冬休みの部活動中止のニュースを受け止めています。

 しかし、西高生はこの1年間、自粛や中止の中で、へこたれることなく、「それでも何かできることはないか」と、前向きに可能性を探る姿勢を保ち続けてくれています。これは、コロナ禍に遭遇してはじめて明らかになった、素晴らしい「らしさ」のように感じられます。バッサリ剪定されても伸びる銀杏につながるような気がします。

 英姿颯爽(全力さわやか西高生!)

 

0

英作文コンテストの表彰式の様子です!

 12月16日、県の高等学校英語教育研究会主催第55回英作文コンテストの表彰式が行われました。

指定英作文5題と自由英作文1題が課されるこの大会に、本校からは2年生の マガヤネス アキラ君が参加し、並み居る強豪校の中で奨励賞を受賞してきました。

 本校の生徒は、さまざまなことに挑戦しています!

 「英姿颯爽(全力さわやか西高生!)」

0

調理室の前で

調理室の前に、「今週の家庭部」という、家庭部からのお知らせが掲示されています。さまざまな美味しそうなレシピが折々公開されています。

 コロナ禍の当初は、様々な活動が禁止されていましたが、色々なことが明らかになるにつれて、安全に再開することできるようになってきました。今年は文化祭もなくなり、本校の文化祭で一番人気だった家庭部のマドレーヌを来校者に御賞味いただくこともありませんでした。このかわいらしい家庭部の胡麻団子、試してみようかと思います。

 英姿颯爽!(全力さわやか西高生!)

 

 

 

 

 

0

2年生の探究活動です!

 期末考査明けの週です。今日は普通科2年生の「SS探究」(SSHの学校設定科目です)の様子をお知らせします。

 自分が探究をしてみたいと思ったテーマについて紹介し、どのような方法で研究を進めていくのか、その意義は何か、などについて発表しています。それについて互いに意見を交換したり、質問やアドバイスをしたりしています。

 活動の様子は、ジャンルごとの会場によってもさまざまです。はじめの写真のように全体の前で発表しているところもあれば、上の写真のように小グループで行っているところもあります。自分の意見をアウトプットする緊張感も伝わってきますが、それを振り切って積極的に語りだす様子は素敵です。

 中には、上の会場のように、本格的なポスターセッションの方式を踏まえて応用しているところもありました。会場の3辺に発表者のブースをいくつか設け、発表者以外の生徒たちは時間内に複数のブースを回って仲間の発表を聴き、意見を交換します。対外的な本格的な発表会のシミュレーションをしているかのようです。こうしたことを積み重ねながら、本校の生徒はインプットからアウトプットまでつながる学びを体験していきます。

0

「いのちの授業」

 今日の6時間目、2年生は人権教育の一環で、「いのちの授業」と題して、ペットとして飼われる動物たちなどを殺処分から救う活動等に取り組んでいるNPO法人「COCOレンジャー」の方々を講師としてお招きしました。

 実は、この団体のメンバーでもある2年生の生徒も講師陣の一員として立派に話をしてくれました。

 地元テレビ局の取材もあったようですが、社会とつながりながら様々な活動をしている生徒もいることが、とても頼もしく感じられました。

 「英姿颯爽(全力さわやか西高生)!」

0

11月の登校指導

 今朝は登校指導が行われました。昼間は晴れて暖かくなりましたが、朝は本当に冷え込むようになってきています。しかし、生徒の元気な挨拶が聞こえると、暖かくなるような気がします。

 生徒の挨拶も、さすが先輩ということで、1年生より2年生が、2年生より3年生が、大きな声で気持ちの良い挨拶をしてくれているように感じられます。先輩が後輩の良き手本となるというのは、当たり前のようでいて、なかなか難しい、とても素敵なことだと思います。

 「英姿颯爽(全力さわやか西高生)!」

0

写真と花

 校長室の前の廊下を通ると、なんとも雅やかな写真が飾ってありました。写真部の生徒の作品です。県の高等学校総合文化祭の写真展に出品したものだそうです。京都の「二寧坂」、まるで映画のワンシーンのようでした。

 下の写真は、よく紹介する、玄関に飾ってある華道部の作品です。寒くなるのは大変ですが、花が長持ちするのは嬉しいものです。

 こうして、学習活動にも特別活動にも生徒たちが頑張っているというのは、とても素敵なことだと思います。

 「英姿颯爽(全力さわやか西高生)!」

0

地方国公立大学合同説明会を実施しました!

 11月7日(土)、地方国公立大学合同説明会が開かれました。山形大学、信州大学、会津大学、鳥取大学、福島大学、電気通信大学の先生方をお迎えして、3大学ずつ2会場に分かれ交代する2部構成の形で行われました。

 生徒・保護者対象の説明会会場は体育館です。まずは本校校長とPTA会長の挨拶から。

 大学の先生方からは、志望校選びの際に本当に気をつけるべき点や、一見もっともらしい資料の数値的データに存在する落とし穴についてなど、目からうろこが落ちるような内容について、懇切丁寧な説明をしていただきました。

 別室では、同時進行で教員向けの情報交換会が行われました。近隣の学校からも進路指導に携わる先生方が参加され、かなり突っ込んだところまでの質問や、深いところまで触れる率直な回答などの応酬がありました。

 生徒の皆さんには、こうした機会をとことん利用して、自分にとって本当に有意義な学びが得られる進路先を見極めて、全力で挑戦していってほしいと思います。

 「英姿颯爽(全力さわやか西高生)!」

 

 

0

ふたたびミニ美術館

 実はしばらく前からなのですが、2階の渡り廊下が、また「ミニ美術館」のようになっています。

 3年生の美術選択者の作品です。上の写真に上半身が蜻蛉、下半身が人間の絵がありますように、テーマは「幻視・空想の世界 ~シュルレアリスム~」です。

 上の絵には不思議な生物や髑髏、もやしの吹き流しなどが描かれています。

 巨大な猫は、よく見ると、本校ではおなじみの猫のようです。

 生徒たちの柔軟な発想と、ちょっとホラーでユーモアもある絵は、ハロウィンの時期と合わせて、雰囲気を盛り上げてくれています。

 「英姿颯爽(全力さわやか西高生)!」

0

人権教育

 今日の6時間目、LHRの時間に、2年生は人権教育を行いました。テーマは性的マイノリティーに関することです。体育館で、学年会形式で映像を見ました。

 こうした集会のときにも真摯な態度で取り組むのは、西高生の良いところだと思います。

 「英姿颯爽(全力さわやか西高生)!」

0

夢のあと

 今朝、部室棟の生徒会室の前に、先週大活躍したアーチの骨組みが置かれていました。夢のあと、といった感があります。

 こうしたアーチ作りなどのノウハウも、代々受け継がれているものでしょうから、学校行事が軒並み中止になっていった今年、こうした企画があったことは、生徒にとっても想像以上に大切なことだったと思います。準備の昂揚から少し寂しい片付け、反省と次の企画への期待まで、すべてを感じさせてくれる骨組みです。

 「英姿颯爽(全力さわやか西高生)!」

0

玄関の花(菊)

 華道部の皆さんが玄関に飾ってくれる花ですが、先週の金曜日に生けてくれたものを紹介します。

 菊の花は比較的長く保つので、今週は長く楽しめそうです。季節を感じさせてくれることに感謝します。

「英姿颯爽(全力さわやか西高生)!」

0

にしにゃんピック2020・くまにしはろうぃん

 昨日、10月29日(木)は、ミニ体育祭「にしニャンピック2020」と、仮装イベント「くまにしはろうぃん」が開催されました。1学期に予定されていた体育祭も、2学期初めに予定されていた西高祭(文化祭)も、コロナ禍のため中止になってしまいましたが、生徒会や体育委員の生徒の皆さんをはじめ、さまざまな方のアイデアと努力で開かれたわけです。

 昨日紹介したアーチが朝のうちに模様替えしてお披露目です。

 良く晴れた空の下、生徒は応援席で開会式に臨みます。校長先生のお話にあったとおり、全校生徒が集まる光景は今年度初めてのものです。感慨深いものがあります。

 みつにならないように、長縄跳びも例年より少ない人数です。近くに寄りたいでしょうけれど、応援は応援席で。

 玉入れも、密にならないよう「一球入魂玉入れ」として、一人一球一回しか投げられません。ひとつ入るだけで順位が大きく入れ替わりかねない、緊迫した勝負です。

 リレーはやはり、体育祭の華です。マスク越しにも響き渡る大きな応援の声と歓声が、3階の窓まで聞こえてきます。

大玉転がしも、いつもよりたくさん空間を利用したものとなっています。

ソーシャルディスタンス綱引きも、力が入ります。

 ミニ体育祭の表彰や閉会式の終了後は、思い思いの仮装で「くまにしはろうぃん」を楽しみました。本当に公開できないのが残念ですが、これだけの企画を実行してくれた皆さんに拍手を送りたいと思います。

「英姿颯爽(全力さわやか西高生)!」

0

登校指導と生徒会作成のアーチ

 今朝は登校指導が行われました。いつもなら、先生方と風紀委員の生徒が登校する皆さんを迎えるのですが、今日は、それに加えて、生徒会作成のアーチが迎えてくれました。

0

図書委員会広報「銀杏」10月号が発行されました!

 今月の図書委員会広報「銀杏」の特集は、「読書週間に本を一冊、いかが?」です。本の紹介や、図書館報「あすなろ」の掲載作品原稿募集の記事なども載っています。

裏面は「今月の読書案内」です。先月に続いて教育実習に着た先輩方の「おすすめ本」の紹介です。

 図書委員もそうですが、今どきの世の中で、何かしら役割を持った生徒の皆さんが、こうして委員会等の活動を頑張ってくれているというのは、一見当たり前のようでいて、なかなか珍しいことです。嬉しく思います。

 「英姿颯爽(全力さわやか西高生)!」

0

SSH運営指導委員会・課題研究発表会

 本日は、午前中にSSH(スーパーサイエンスハイスクール)運営指導委員会、午後に理数科の課題研究発表会が開催されました。

 運営指導委員会は1学期同様にMeetを用いたリモート会議で、大学の先生方や国立科学博物館の先生方などから、さまざまな御助言、御指導をいただきました。 

 また、午後は理数科の生徒の研究発表です。発表者は視聴覚室、他の生徒はHR教室でプロジェクタ映像の同時配信を用いて質疑応答を行うといった、リモート会議形式を応用する形で行われました。

 来校してくださった県教委の方にも大変おほめの言葉をいただきました。今日の中間発表をばねにして、年度末に向けてさらに磨きをかけていってほしいと思います。

 「全力 さわやか 西高生!」

0

音と声

 下の写真は、今日の午後6時半頃のHR棟です。3階まで、ほぼすべてのHR教室で明かりがついていて、勉強している生徒や部活動をしている生徒の姿が見えます。

 写真では伝わりませんが、吹奏楽部の柔らかな楽器の音、合唱部の透き通った声、体育館やグラウンドで頑張っている運動部の生徒たちの声も聞こえてきます。こんな音や声は、コロナ禍の休校から学校校が再開しても、しばらくは聞くことができませんでした。

 生徒が頑張っている音や声が聞こえてくる学校にいられることの、幸せです。頑張った生徒たちに、良い週末が訪れますように。

 「全力 さわやか 西高生!」

0

職員玄関前の鉢植え

 本校の職員玄関前に、昨年度のボランティア活動のときに生徒会本部の皆さんが丹精してくれた鉢植えが飾ってあります。ふと見てみると、小さいハローウィンの飾りがちょこんとぶら下がっています。昨日「くまにしはろうぃん」のポスターを紹介したばかりですが、何だか可愛らしくて、写真を載せました。

 生徒のちょっとした工夫・アイデアが、学校を楽しくしてくれています。

 「全力 さわやか 西高生!」

0

「くまにしはろうぃん」のポスターです!

 今月29日(木)に予定されている「くまにしはろうぃん」の企画として生徒会が募集したポスターに、こんなに素敵な応募がありました。

 このポスターをもとに、記念グッズとしてキーホルダーも作られています。昨日のこのコーナーで紹介した生徒会新聞にもありましたが、生徒の柔軟な企画力と前向きなエネルギーは、西高が自慢できるものの一つです。

 「全力 さわやか 西高生!」

0

生徒会新聞が発行されました!

 昨日付けで、生徒会新聞が発行されています。一日遅れの紹介ですみません。最初の特集記事は、各学年別のクラス動画鑑賞会の結果発表です。これらの動画は、本校の関係者に限って、Google Classroomで視聴が可能です。

 裏面の記事は、「くまにしはろうぃん」イベントの紹介です。クイズツアー、リボン交換、熊西ナンバーズ、仮装、フォトコンテストなど、タイトルを見るだけでわくわくしてきます。

 残念ながら一般公開はありませんが、コロナ禍の中でも負けずに高校生活を楽しもうとしている本校の生徒たちのエネルギーは、頼もしい限りです。

 「全力 さわやか 西高生!」

 

0

昨週末の花

 金曜日に活動した華道部の皆さんが生けてくれた花が、職員玄関に飾ってあります。夏と違って、しばらく瑞々しさを保ってくれています。

 何という種類なのかわかりませんが、色づいている葉も、季節を感じさせてくれます。茶道の一流派では、生けた茶花に添える紅葉した枝のことを「照葉(てりは)」と呼んだりしますが、本当に、内側から光で照らしているような生命力を、散る前の葉が感じさせてくれているというのは、何だかいいものです。

 3年生は、推薦入試のせわしなさも一段落して、一般入試に向けて本格的な季節の到来かと思います。美しい紅葉のように、高校生活に有終の美が飾れますように。

 「全力 さわやか 西高生!」

0

秋の朝会を実施しました!

 中間考査も昨日で終わり、今日は秋の朝礼が行われました。本校では冬服から夏服、夏服から冬服の更衣の時期に、それぞれ朝会が実施されます。本来は全校集会の形なのですが、密を避けて、HRに設置されたプロジェクターを利用したリモートでの実施です。

 朝礼に先立って、表彰が行われました。頑張った野球部、北部支部大会と県大会で活躍した陸上競技部、全国の舞台で受賞した自然科学部などの生徒たちが、画面越しにみんなの拍手を浴びていました。生徒の拍手が廊下に響いてくるのは、いいものです。

 朝礼では、校長先生からの講話と、生徒指導主任からのお話がありました。自分を信じ、努力を信じて逆境に耐えて花を再び咲かせた大相撲の照ノ富士の話など、生徒の心に残ったのではないかと思います。また、マスクに関するエチケットなど、コロナ禍ならではのマナーについても啓発されたことと思います。

 また、朝礼後には、「高校生の自転車安全運転推進講習会」に学校代表として参加した生徒からの伝達講習会が行われました。生徒が講師となって全校生徒へ伝える講習会、皆、画面に集中して聞いていたと思います。

 配付された資料にもよく目を通している様子がありました。考査も終わり、また「普段の毎日」が始まりますが、それをこそ、大切にしてほしいと思います。

 「全力 さわやか 西高生!」

0

登校指導がありました!

 小雨が降ったりやんだりしていた今朝、登校指導がありました。担当の先生や風紀委員の生徒の皆さん、朝早くからありがとうございました。

 明日の土曜日、いつもは自習室が開室するのですが、台風接近のため、この土日に登校して勉強するのは禁止となりました。自宅で、月曜から始まる中間考査に向けて頑張ってください。台風の被害が大きくならないことを祈っています。

 「全力 さわやか 西高生!

0

1年生のクラス動画鑑賞会です

 下の生徒会新聞にもあるように、今日は1年生が作ったクラス動画の鑑賞会が開催されました。この生徒会新聞の裏面には、有志・部活・クラスで作成した動画鑑賞ができるGoogle Classroomのお知らせが載っています。

 さて、6限のLHRの時間に体育館で行われた動画鑑賞会の様子です。暗くてよくわからないかもしれませんが。

 全体的な1年生の動画の特長は、上級生の作品へのリスペクトでしょうか。先輩たちがやったすごいことについて素直に感動していることが伝わってきて、あたたかい気持ちになりました。この学年は2年後、どんな西高を作ってくれるのか、楽しみです。

 「全力 さわやか 西高生!」

0

昼と夜

 今日の昼間、正門近くのメタセコイアの傍らに生えているキンモクセイの花を見てみると、このコーナーで先日紹介した時よりも鮮やかな色になっていました。先日は香り始めていたものの、花の色はまだ白みがかっていました。下の写真が今日のものです。背景の空には、秋の雲がかかっています。

 そして夜です。午後6時30分を過ぎたところの、職員室前の渡り廊下の様子です。中間考査の前の週ということで、いつも部活動に頑張っている生徒の声は聞こえず、静かな校内です。勉強している生徒の姿が目立ちます。背景には、明かりのついている教室の窓も映っています。

 灯火親しむ季節です。来週に向けて、また、そのもっと先の目標の実現に向けて、頑張ってほしいと思います。

 「全力 さわやか 西高生!」

0

「ほけんだより」10月号が発行されました

 保健委員の生徒が作る「ほけんだより」10月号が本日付で発行されました。今月の特集は「『低気圧不調』ってご存じですか?」です。季節の変わり目、梅雨、台風の多い時期などの雨や曇の日に体調が悪くなる方は少なくないと思います。やわらげる方法も紹介されています。

 裏面の特集は「まだ続けよう! 感染症対策」として、マスクの正しいつけ方の図示なども紹介されています。大変な世の中が続きますね。

 禅僧の墨跡に時折「無事是貴人」というのを見かけますが、無事に普通の日々が続くことのありがたさを感じております。

0

玄関の花と柘榴の実

 先週の金曜に華道部の皆さんが飾ってくれた、玄関の花の写真を紹介いたします。この花が、土曜日に来校してくださった中学生や保護者の皆さんを、出迎えてくれました。

 さて、初夏にこのコーナーで柘榴の花を紹介しました。今、大きな実を一つ、つけています。下の写真は少しわかりにくいのですが、中ほどにあります。

 柘榴の実の中には、たくさんのキラキラした粒々が実っています。学校で学ぶ生徒たちのような気がします。

 「全力 さわやか 西高生!」

 

0

第2回授業公開・個別相談会を実施しました!

 10月3日(土)、公開授業が実施されました。前回同様に密を避け、1時間ごとの入れ替え制で、中庭に面した渡り廊下を利用して入口を4ヶ所に分散しての実施です。前回は雨にたたられましたが、今回は降られることもなく、来校した皆様にも学校のあちこちを御覧いただけたようです。受付に至る道筋には、前回と違って、生徒会役員の生徒たちが黒板に描いた歓迎のメッセージが飾られました。今年の1年生から新しくなった制服のサンプルも飾られています。

 また、生徒たちが校内コンテストなどの発表に向けて製作した動画の中から、いくつかの優秀作品をモニターで御覧いただきました。早めに来てくださった方にも楽しく待っていただけたのではないかと思います。

 午後には、予約していただいた50組ほどの皆様に時間指定で来ていただき、進学に向けての個別相談会が行われました。皆さん、このホームページに載っている学校説明の動画をよく見てくださっていたので、焦点を絞ったスムーズな話ができた方が多かったようです。御協力ありがとうございました。

 午前中の受付のテントを設営してくれた陸上部の生徒の皆さん、歓迎の工夫を凝らしてくれた生徒会や放送部の皆さん、きっと、中学生の皆さんに気持ちが伝わったと思います。内輪のことではありますが、この場を借りて御礼を申し上げます。

 「全力 さわやか 西高生!」

0

キンモクセイが香っています

 爽やかな秋の到来とともに、キンモクセイの花が香っています。本校にも数本の金木犀があります。

 正門を入るとすぐ横に立っているメタセコイアに寄り添うようにしている細い木や、校舎の横に堂々と枝を広げている太い木など、姿はさまざまですが、高く香る花の様子は同じです。

 伊豆の三島大社の境内にある巨木の金木犀は、花が咲くと数km四方まで香ったという伝説がありますが、本校の生徒たちの成長も、この香りにあやかりたいものです。

 「全力 さわやか 西高生!」

 

0

立会演説会・選挙を実施しました!

 今日の6限は、生徒会長・副会長の立会演説会と選挙(信任)投票・開票が行われました。密を避けるために放送で行われましたが、生徒たちは真剣に聴き入っていました。下の写真は、後を託すことになる後輩の声に耳を傾ける3年生の教室の風景です。

 会長候補の応援演説は、現会長でした。一緒に頑張ってきた仲間への思いがこもっていました。下の写真は、放送室前のマイクに語りかける姿です。

 会長候補・副会長候補の演説は、はっきりと伝えようとする真摯な思いが感じられるものでした。

 候補の2人の思いが生徒の皆さんに伝わったのか、圧倒的な票数での信任でした。今後が楽しみです。

 「全力 さわやか 西高生!」

0

線路の風景

 一昨日の話で恐縮です。本校のすぐ近くに、引き込み線の線路があります。石灰石を積んだ貨物列車が時折通っていましたが、月曜は早朝からカメラを構えた人の姿がたくさん見受けられました。聞くと、東武鉄道で使用する新型車両を、JRの線路を使って籠原まで運んで、そこから秩父線の線路に運び、羽生で東武線の線路に載せる、というのです。非常にレアな光景が見られるというので、鉄道好きの方々がたくさんいらしていたわけです。

 下の写真は、ちょうど体育の授業で正門付近に生徒たちが集まっていたところ、その車両が偶然通り、生徒が手を振っているところです。

 運転手さんも、生徒たちに手を振り返してくれて、いつもよりたくさん汽笛を鳴らしてくれたそうです。ありがとうございました。ちょっといつもと違う形の御報告でした。

 

0

本校生徒の投稿が9月26日の読売新聞に掲載されました!

 9月26日(土)の読売新聞投書欄に、本校の生徒の投稿が掲載されました!

 本校では探究的活動に重きを置いて取り組んでいますが、2年生が探究活動の中でNIE(Newspaper in Education 学校教育に新聞を活用する運動)の一環として取り組んでいた投書が、読売新聞の投書欄にある「NIE投書編」のコーナーに掲載されました。7月6日に掲載された「『自粛』利他の精神必要」という文を題材に、日本がロックダウンするべきか否かについて論じたものです。

 2年の橋本花穂さんと馬場咲花さんの文章が、賛否両論の代表として選ばれ、学校紹介の文とともに掲載されました。著作権の関係もありますので写真は載せられませんが、本校の生徒たちの日々の取り組みが、さまざまなところで評価していただけるのは、嬉しい限りです。

 「全力 さわやか 西高生!」

 

0

日本画

 しばらく前から校長室の横に授業で生徒が描いた日本画が展示されています。題名などが掲示されたら紹介しようと思いつつ、日数が経ってしまいました。

 野菜などを彩色して描いた作品には、「一分五厘」とか「寄り添う」など、思い思いの題名がつけられていて、なぜそのような命名をしたかと想像するのも楽しいです。

 花もいいですが、こうした「実り」の秋もいいものです。

 「全力 さわやか 西高生!」

0

夏の名残の薔薇

 急に涼しくなってきました。本校の華道部の皆さんが玄関に飾ってくれる花、今回は飾られたその日に写真に収めることができました。

 まさに、「夏の名残のバラ」といったところです。アイルランドの詩人ムーアの詩は、民謡の旋律に乗って明治期の日本にも渡ってきて、「庭の千草」という題名の文部省唱歌に生まれ変わりました。日本語の詩では、薔薇でなく白菊として歌われています。皆様に素敵な秋が訪れますように。

 「全力 さわやか 西高生!」

0

2年生のクラス動画鑑賞会が実施されました!

 下の生徒会新聞(またまたA6判のかわいいサイズ!)にもあるように、クラス動画鑑賞会の第2弾として、2年生の部が開催されました。ちなみに、裏面の記事は、「くまにしはろうぃん」のポスター募集についてです。

 2年生もそれぞれのクラスが個性的な動画を作成しました。生徒たちは本当にアイデアが豊富で、感心してしまいます。

 クラスのシンボル(?!)的なものをモチーフにしたストーリーの作品や、映像技術的な工夫を凝らした作品や、たいへんに練習を重ねたであろうことが窺える作品など、盛り沢山でした。

 こんな素敵な作品を見せてくれた皆さんに感謝です。

 「全力 さわやか 西高生!」

0

図書委員会広報「銀杏」9月号が発行されました!

 図書委員会広報班の生徒が作成する広報紙「銀杏」の9月号が発行されました。特集の一つ目は、3月に発行される図書館報「あすなろ」掲載作品の投稿募集です。たくさんの応募があることを期待しています。特集の二つ目は、「『読書の秋』といいますが…」と題して、秋が読書に適しているとされた理由について考察しています。紹介された韓愈の漢詩、懐かしかったです。

 また、裏面は、図書委員読書案内班が編集する「今月の読書案内」です。7人の教育実習生が紹介する本が掲載されています。マニアックな本から流行りの本まで、また昔から読まれている、時代のターニングポイントとなった本などもあり、大変興味深いラインナップです。

 生徒の皆さんが、秋の読書に親しんでくれることを願っております。

 「全力 さわやか 西高生!」

0

授業公開・個別相談会を開催しました!

 今日は土曜授業が行われたのを利用して、中学生やその保護者の方向けの授業公開が実施されました。時折雨が降る中、たくさんの方にお越しいただきました。

 3密を避けるために受付を中庭前のテントにして、入口を4ヶ所に分け、消毒薬や資料についてもセルフサービスで提供いたしました。

 さまざまな制約がありましたが、多くの方が興味深く授業を御覧になってくださった様子が見受けられて、大変ありがたく思った次第です。

 

 また、午後からは個別相談会が催されました。事前に予約した50組ほどの皆様の質問に対応いたしました。やはり密を避けるために、廊下では番号ごとに待機場所を離しておくなどいたしました。

 忙しい中、本校に足を運んでくださった皆様、ありがとうございました!

 

0

1年生のビブリオバトル、学年代表決定戦です!

 数週間かけて行われていた1年生のビブリオバトル、いよいよクラスの代表同士の戦いです。今日はプロジェクターを利用して映像を各クラスに流す形で行われました。

 熱く本への愛を語り魅力を述べる姿は、とても素敵なものでした。

 発表が終わるたびに、各教室から拍手が起こっているのも、とても素敵なものでした。

 「全力 さわやか 西高生!」

0

生徒作成の動画発表会が行われました!

 下に掲載した今日発行の生徒会新聞(かわいいA6判サイズでした!)に取り上げられているように、今日の6限のLHRの時間、3年生は体育館でクラス動画鑑賞会が行われました。

 文化祭のクラス発表で3年生が演劇やミュージカルを行う伝統がある本校ならでは、生徒のアイデア満載の楽しい動画が次々と映し出されました。

 中には思わずホロリとさせられるような涙を誘う工夫もあり、生徒たちのすごさを改めて感じました。

 上の映像は、黒板アートで担任の似顔絵が大きく描かれているところです。皆、すごいエネルギーです。

 「全力 さわやか 西高生!」

 

0

教育実習生を囲む会

 今、本校にはOB・OGでもある教育実習生が来ています。その先輩方から、実際の大学生活のこと、学問のことなどを話していただこうという機会が設けられました。

 先輩方からは、自分の学んでいる学問のこと、将来の進路を決定づけた体験のことなど、生き生きと語っていただきました。懐かしい西高時代の思い出について、合わせて語ってくださった方も多かったです。

 話の中で、多くの方から「自分で自由に決められることの多さ」が大学生活の楽しさにつながっているという言葉を聞いたような気がします。自由と責任について、また様々な楽しみ方について話していただきました。

 身近な先輩からの新鮮な話を聴く体験は、生徒の皆さんにとって将来を考えるきっかけともなり、将来に向かうモチベーションを高めるきっかけともなったと思います。ありがとうございました!

 「全力 さわやか 西高生!」

0

學校紹介の掲示板です

 本校の正門を入って、生徒昇降口に上る階段の手前に、掲示板が二つあります。

 そこには、校内の建物の配置図のほかに、冊子「学校案内」の各ページや、各中学校出身の代表となった現1年生から今の中学3年生に向けた「先輩からのメッセージ」などが掲示してあります。今年の「学校案内」は大幅にリニューアルしてページ数も増えたので、掲示板一つには全ページを掲示しきれず、二つ目にはみ出しています。コロナ禍で配る機会が少ないのが残念です。

 今週末には授業公開、個別相談会などがあります。来校された方にも同じものを配布するのですが、一足先に紹介させていただきました。

 

0

玄関の花

 本校の玄関には、華道部の皆さんが活動の成果を飾ってくれます。金曜日の放課後に飾っていただくのですが、猛暑が続く間は月曜日の朝まで花の元気がもたないことが多かったのです。しかし、このところ少し涼しくなってきたためか、今朝は元気な花の姿に出迎えられることができました。

 古今和歌集には「秋来ぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかれぬる」という歌がありますが、目にもはっきりとわかる秋の到来を、本校生徒の活動とともに紹介いたしました。

 「全力 さわやか 西高生!」

0

2年生の探究活動、多彩です。

 今、2年生の廊下には、生徒たちの探究活動の成果がA4判1枚のレポートとして掲示されています。研究テーマは下の写真のように「コロナ」です。ずっと続いていくと思われていた、当たり前の高校生活が一変してしまった体験があるだけに、どのレポートも力が入った読み応えのあるものばかりです。

 そして、驚いたのは、それぞれの個性が実によく発揮されていることです。題名だけ見ても、「感染症の歴史から学ぶこと」、「コロナ禍で普及するオンライン学習について」、「コロナ差別に対する行政の取り組み」、「リモートワークと企業」、「入学時期とグローバル化のつながり」、「自粛期間中のYou Tuberの収益はどうなの?」「転売は善?悪?」など。科学的視点からウイルスを考えたものや対策の有効性を論じたものはもちろん、歴史、教育、政治、経済、倫理、国際関係、民俗学などの分野からの多彩な視点と独自の切り口に、目がくらむような思いです。

 これらの活動は、高校では一般的に「総合的な探究の時間」とされている時間に行われるものですが、SSH指定を受けている本校では、さらに一歩踏み込んで「SS探究」という学校設定科目となっています。その踏み込みに見事応えてくれている生徒たち。嬉しい限りです。 

 「全力 さわやか 西高生!」

0

生徒会新聞第5号が発行されました

 コロナ禍で様々な行事が中止になりました。しかし本校の生徒会は、多くの制約の中で「それでも何かできることはないか?」と、むしろ活発に活動しているように思えます。今日の生徒会新聞はA5の小さなサイズではありますが、そんな思いがいっぱい詰まっているようです。

 本日の特集記事の一つ目は、「クラス動画鑑賞会の日程について」です。クラス動画鑑賞会を学年の作品ごとに分けて、9月17日から10月8日にかけて実施します。生徒の投票による順位の決定が楽しみです。

 二つ目の特集は、「くまにしはろういん」企画のお知らせです。写真撮影スポットの設置、景品付きイベントの開催、PHOTOコンテストの実施など、盛りだくさんです。

 裏面は、目安箱に投函された意見への回答などです。「とある教職員」さんと、「生徒会執行部」とのやり取りが微笑ましいです。様々なアイデアを出してくれている生徒会の皆さん、体に気をつけて頑張ってください!

 「全力 さわやか 西高生!」

0

菊の節句と生徒作品の展示

 9月9日は最も大きい陽の数(奇数)が重なるということで、重陽の節句です。菊の節句とも言います。菊は日本的な花、秋の花というイメージがありますが、今日は旧暦では7月22日、まだ秋らしさは薄いようです。旧暦の9月9日は今年の10月25日にあたります。あと一ヶ月半も経てば、秋らしい季節になるのでしょう。

 さて、日本的な花、という話のつながりで紹介いたしますのは、生徒が美術の授業で描いた日本画の作品展示です。色紙に描かれて額に入れられた絵は、何割増しか素敵に見えるような気がします。作品は少し前に書かれたものですから、秋の花はないようです。浜菊(吹上菊)のように見える花もありますが、葉が違うような。

 菊の着綿(きせわた)といって、重陽の日に菊の花に真綿をかぶせておき、翌朝に朝露を含んだ綿で体を拭けば無病息災になるといいます。ビニールハウス等を用いた電照栽培などの技術の発達によって、菊の花は一年中手に入るようになりましたが、やはり花で感じる季節というのはいいものです。

 江戸時代の上田秋成の「雨月物語」の中に、9月9日が重要な役割を果たす『菊花の約(きっかのちぎり)』という作品があります。また、大徳寺の古渓宗陳(こけいそうちん)和尚が禅の弟子である茶人の千利休のことをうたった詩の中にある「風露新たに香る隠逸の花」という句は、利休の境地を菊の花の香りにたとえたものです。暗闇の中でも清らかな香りでそこにあるのがわかるという菊は、隠逸花という異名があります。

 このコロナ禍も、見方によれば暗闇のようなものですが、本校の生徒たちも、個々の目標に向かって、それぞれ高く香る素敵な花を咲かせますように。

「全力 さわやか 西高生!」 

 

 

 

0

「ほけんだより」9月号が発行されました

 保健委員の係の生徒が作る「ほけんだより」の9月号が、昨日付けで発行されました。特集記事の一つ目は、明日9月9日「救急の日」です。「打撲や捻挫には『RICE処置』」として、「Rest:動かさず安静に!」「Ice:氷のうなどで冷やす!」「Compression:伸びる包帯を巻くなどして圧迫!」「Elevation:ケガの場所を心臓よりも高くする!」が紹介された後に、「熱中症にも注意!」として、予防のポイントなどが紹介されています。

 裏面の特集は、「正しい換気の方法」です。挿絵も入れて、綺麗な字で説明してくれています。

 「空気には小さい隙間から入る方が勢いがあり、排気は広い隙間からの方が小さな力で出ていけるという特性がある」という説明は、本当にわかりやすく説得力のあるものでした! 色々なところで本校の生徒の力を感じます。

 「全力 さわやか 西高生!」

0

後期教育実習が始まりました!

 本日9月7日から、後期教育実習が始まりました。後期といっても、コロナ禍のため前期はなくなってしまいましたので、今年度の教育実習生14名はすべて後期の実施となります。後期でなく、学ぶ「好機」にしてもらいたいと思います。下の写真は、全員そろって生徒会からのプレゼントのうちわを持っているところです。

 実習生は皆、本校の卒業生です。この期間中に、先輩後輩のふれあい・学びあいからの大きな成長が、生徒にもあってほしいと願っています。

 「全力 さわやか 西高生!」

0

成長

 コロナ禍の中、この6月から学校が再開したばかりの頃、生徒が自主学習に使っている渡り廊下の窓を朝一番に開け放つのが筆者の日課でした。密になるのを避けて換気をするということです。既に登校して自主的に学習を始めている生徒から「ありがとうございます!」と挨拶されるのも、気持ちのいいものでした。

 2学期になり、筆者が窓を開けることは、なくなってきました。朝早く来て勉強を始める生徒が、自分の使う机の前だけでなく、すべての窓を開けてからノートや参考書の準備を始めているからです。筆者はただ、「ありがとう!」と声をかけるだけのことがほとんどです。成長した生徒を見るのは、嬉しいものです。この頃は毎日、良い朝を迎えています・

 「全力 さわやか 西高生!」

0

学年集会とビブリオバトル

 9月3日(木)、3年生は今日の6限のLHRで大学入学共通テストの説明を受けました。体育館で学年集会を行ったのですが、取材が間に合わず、資料の写真だけで申し訳ありません。しかし、今年の3年生は、さまざまな変化を乗り越えて主体的に探究する姿勢を身につけてきました。きっと希望に向かって着実に成長してくれることでしょう。

 2年生は教室でビブリオバトルを行いました。本校では正式競技のルールを少し変えて、探究的な取組の一環として生徒が活動できるようになっています。下の写真は、クラスの代表を決める前哨戦としてグループごとに行っている様子です。

 1年生は既にクラス代表が決まっており、プロジェクターの映像を通して、リモートでのバトルとなりました。本への愛を熱く語った男子が学年1位に輝いたそうです。

 読むこと、感動すること、考えること、発表すること。それらが未来を拓く力を培ってくれます。たのもしいです。

 「全力 さわやか 西高生!」

 

0

渡り廊下のイーゼル

 早朝や放課後に生徒がよく勉強している渡り廊下で、イーゼルを立てて絵を描いている生徒の姿が見られました。美術の授業で中庭の風景を描いているようです。同じ場所でも取り組んでいることが違うと、ガラッと雰囲気が変わるのが不思議です。

 今日の午前中は激しい雨が断続的に降ったかと思うと、晴れたとたんに強い日差しが照り付けました。授業の時間ですから、廊下はとても静かです。どんな陰影が絵に表現されるのでしょうか。楽しみです。

 「全力 さわやか 西高生!」

 

0

生徒会新聞第4号が発行されました

 8月31日(月)、生徒会新聞第4号が発行されました。表面の記事は「2学期始動!!!!」と、気合が入っています。

 文化祭「西高祭」はなくなりましたが、生徒会の皆さんが考えてくれた企画、「クラス動画」と「くまにしはろういん」のことや、ポスター募集の記事などが掲載されています。

 裏面の記事は、目安箱の意見の回答です。生徒から寄せられた意見・要望に関係各所が答えるものです。

 真摯な問いには真摯な答えが返ってくるものです。生徒会の皆さんの活発な活動は、本校の大きな特長のひとつです。

 「全力 さわやか 西高生!」

0

「ハイ、ポーズ!」と「静物画」

 美術室の近くにある掲示板の前を通ると、生徒の作品が掲示されていたので御紹介いたします。人物画には「ハイ、ポーズ!」と題名があり、見ているだけで楽しくなるような、豊かな表情の生徒が描かれています。

 静物画には、果物や瓶などが描かれています。美味しそうです。何だかおなかがすいて、のどが渇いてきてしまいました。

 コロナ禍の中、都会の美術館や博物館にもなかなか足を運べませんが、西高ではこうしたミニギャラリーが、私たちの目を楽しませてくれています。

 「全力 さわやか 西高生!」

0

進路選択を考えています。

 今日の6時間目、3年生は放送による学年集会ということで、各HR教室で進路指導主事の先生からの講話や説明などを聴きました。写真がなくて申し訳ありません。

 2学期最初のLHRですが、推薦入試のお話もあり、いよいよ卒業後の未来が迫ってきているのが感じられたことと思います。昨日にも増して暑い日となりましたが、目標に向かって、熱い人となってほしいと思います。

 「全力 さわやか 西高生!」

0

残暑が厳しいです。

 8月17日に静岡県浜松市に並ばれたとはいうものの、国内最高気温41.1℃を記録した熊谷の夏の厳しさは大変なものです。特に午後の暑さになると、生徒たちもつらそうです。西日の当たる教室の窓の反射もぎらついています。

 校庭の木々も、暑さに強い木は伸び伸びとしていますが、暑さに弱い木は葉の先がチリっとしてしまっています。生徒の皆さんには、何とか体調を崩さずに夏を乗り越えてほしいと願うばかりです。

 「全力 さわやか 西高生!」

 

0

「高校生の自転車安全運転推進講習会」に参加しました[生徒指導部]

昨日(8月24日)、埼玉本庄自動車学校にて行われた、自転車の安全運転に関する講習会に行って来ました。

この講習会は、埼玉県を東西南北の4地区に分けて毎年行われているものです。

例年は各校2名ずつの生徒が参加していましたが、今年はコロナ禍における実施となりましたので、各校1名ずつの参加となりました。

西高からは風紀委員の武正さん(2‐6)が参加しました。

スタントマンによるスケアード・ストレイトを見学し、その後警察の方や保険会社の方からの講習となりました。

詳しくは伝達講習会にて報告させていただきます。

「『自分自身は大丈夫だ。』『これくらい平気だ。』という考えが事故を起こし、自らが被害者になったり加害者になったりしてしまうんですよ。」とスケアード・ストレイトの時に、担当の方が言っていた言葉が印象に残っています。

0

2学期、始業式です。

 8月24日(月)、例年よりも少し早めの日程で、2学期始業式が行われました。1学期の終業式同様、オンラインによる実施となりました。

 始業式に先立って、校内スピーチコンテストの入賞者や、陸上競技部、美術部、バドミントン部男子などの活躍した生徒の表彰が行われました。職員室での様子を各教室でプロジェクターで映しました。

 表彰の後は始業式。下の写真は、校長講話のときのHR教室の様子です。

 校長講話の後は、生徒指導部からのお話です。本校の生徒の良いところだと思いますが、体育館での集会形式ではないのに、各教室では皆がしっかりとした姿勢で聴いています。印象的な姿でした。

 コロナ禍のために臨時休業が重なって短くなってしまった1学期とは対照的に、この2学期は長いものとなります。体調に気をつけて、充実したものにしていってもらいたいと願っています。

 「全力 さわやか 西高生!」

0

スピーチコンテストを開催しました!

 夏季休業中ですが、本日8月3日、英語によるスピーチコンテストが行われました。22名の生徒が自分で考えた内容で英語によるスピーチを行います。

 校長先生の英語による挨拶の後、さっそく生徒のスピーチが始まりました。

 コロナ禍ということもあって、マスクを着けたままのスピーチです。身振り手振りも交えて表情豊かに語ってくれている生徒の顔が半分隠れているのが残念です。

 どのスピーチも個性あふれる内容で、立派なものでした。結果については、下記のとおり5位までをお知らせいたします。(敬称略)

 1位 姫野 友里加(2年)「What is the Difference?」

 2位 マガヤネス アキラ(2年)「The Homelessness」

 3位 青木 天花(1年)「Human Rights for Girls」

 4位 黒澤 萌花(2年)「Reduce the Hunger」

 5位 吉田 楓(2年)「To Make  My Dream Come True 」

 今日のコンテストの優勝者は、本校の代表として県大会に出場します。頑張ってください!

 「全力 さわやか 西高生!」

 

0

有志作成動画 鑑賞会です!

 本日放課後、本校の生徒会が企画した「有志作成動画 鑑賞会」が開催されました! 文化祭「西高祭」中止の代わりに、今できる、生徒が協力して楽しめるイベントを、ということです。

 5分間以内という制限の中、映像に工夫したり、メッセージ性を高くして訴えたりと、それぞれに工夫された動画が6本、上映されました。下の男子ソフトテニス部の作品は、自分たちの活動のひとコマを工夫して楽しい映像に仕上げていました。

 下の女子バスケットボール部の映像は、部活動のひとコマから集団でのダンスに入るというもので、その運動量の多さとチームワークはさすがでした。

 

 合唱部は、コロナ禍の中で思うように歌えないつらさ、臨時休業中にリモート合唱でつながった絆、学校再開後に新入部員と歌えるようになった喜びという、流れのある物語性の高い演出で、強く訴えかけるものがありました。

 有志による3つの作品は皆ダンスでした。教室で上映している風景も合わせてご覧ください。

 普段から鍛えているのか、すごい技術で注目させてくれるもの、それぞれのキャラクターを際立たせて、メンバーの学校生活を彷彿とさせるもの、協力して欅坂46の有名な曲を自分たちなりにアレンジし、完成度の高いものにもっていったものなど、様々でした。

 一つひとつの映像が終わるたびに、大きな拍手が起こっていました。

 動画の製作をしてくれた有志の皆さんはもちろん、素敵なアイデアを出して主催・運営してくれた生徒会の皆さんにも、拍手を送りたいと思います。学期の最後に良い思い出を作ってくれました。

 「全力 さわやか 西高生!」

0

オンライン終業式を実施しました!

 今日は1学期最後の日ということで、表彰と終業式を行いました。体育館に全校生徒が集まるわけにはいかない現在の状況を踏まえて、中継映像による実施となりました。HR教室以外でWI-Fiが機能しているのは職員室ということで、職員室がスタジオ代わりです。

 まずは表彰です。美術部、写真部、バドミントン部、自然科学部の生徒たちが、職員室で校長先生から表彰状を受けとりました。下は教室での映像の様子です。表彰のたびに、全教室からの拍手が聞こえてくるのが、たいへん清々しく気持ちの良いものでした。

 表彰に続き、リモート開催となった全国高等学校総合文化祭に進む自然科学部に対して、生徒会長から生徒を代表して激励の挨拶がありました。下は、2年生の教室の様子です。生徒会長挨拶も、自然科学部からのお礼の言葉も、心のこもった言葉の一つひとつはもちろん、大変立派な態度の、しっかりとしたものでした。全校生徒の校歌による壮行会をしてあげたかったところですが、今できる精一杯のことを行いました。

 さて、終業式の校長先生の講話の中では、藤井聡太新棋聖の話も出ました。コロナ禍の緊急事態宣言で学校も対局もない中、自分を見つめ直すことで飛躍的な成長を遂げた藤井棋聖が同じ高校生であることは、色々なことを示唆してくれます。下は、真剣に画面を見つめて話を聴く1年生の教室の様子です。1年生は「全校集会」を1度も経験しないまま、1学期を終えることになります。改めて、私たちは大変な時代を生きていることが実感されます。

 校長講話に続いて、生徒指導主任からのお話がありました。夏休みのことにとどまらず、これからの学校生活、社会生活につながる話をしていただきました。下は3年生の教室です。明日から高校生活最後の夏休みとなります。

 終業式の後には、新しく生徒会執行部の一員となった1年生の紹介があり、生徒会長からの思いのこもった話で映像による集会は締めくくりとなりました。形は変わっても、先輩から後輩に受け継がれていく伝統があることを感じさせてもらいました。

 「全力 さわやか 西高生!」

 

 

 

0

中だるみなんて、無縁です。

 本日、2年生ははLHRの時間に学年集会を行いました。進路指導主事の先生や学年の先生から、学ぶことに対する姿勢を深めていけるようなお話をしていただきました。

 2年生は中だるみの時期などと言われますが、学校再開後の本校の生徒たちは、朝学習に、探究活動にと、自主的な取組を中心に据えた学びに集中して取り組んでいるようです。頼もしい限りです。きっと本校の2年生も自覚をもって、中だるみなどという言葉とは無縁の成長を示してくれるものと期待しています。

 「全力 さわやか 西高生!」

0

教育公務員弘済会から、助成金をいただきました!

 日本教育公務員弘済会埼玉支部から、本校の教育活動をお認めいただき、助成金をいただきました。下の写真は、弘済会の半谷様から、本校の中村校長にお渡しいただくところです。

 今回は、本校の国際理解教育等について評価をいただきました。現在はコロナ禍のために例年のようなニュージーランドとの直接の交流もできず、予定されていた台湾の学校との交流もなくなったしまったわけですが、本校の生徒たちは、いつかそれができる日のために、力を蓄えていると思います。

 「全力 さわやか 西高生!」

0

「ほけんだより」7月号が発行されました。

 保健委員会の担当生徒が発行する「ほけんだより」の7月号が発行されました。熱中症の特集です。「今年は梅雨明けが遅く、蒸し暑い日々が続いています。正しい知識を持って熱中症を防ぎましょう!!」という言葉に集約される、丁寧な説明がありました。また、「Withコロナ(今、私たちにできること)」として、マスク着用の注意「あなたの鼻、見えていませんか?」という記事もあります。

 かわいらしい挿絵の入ったわかりやすい書き方に、嬉しくなってしましました。昨日の図書委員会に引き続き、活躍が形になって残っています。

 「全力 さわやか 西高生!」

0

図書委員会広報「銀杏」7月号が発行されました。

 図書委員会広報班の生徒が作っている広報紙「銀杏」が発行されました。今回の内容は、本校の図書館についてのお知らせが主体です。裏面は、やはり図書委員会読書案内班が作る「今月の読書案内」です。今回は、3年生がおすすめする本が紹介されています。同世代の先輩たちが薦める本をのぞいてみて、自分の世界を広げてみるのも良いのでは?生徒の皆さんに、より一層読書に親しんでほしいと思います。

 さて、本校の特長の一つとして、生徒の手による様々な活動があります。そして、趣味や興味関心に基づく集まりだけでなく、学校の中の役割分担としての委員会活動においても、しっかりと活動してくれているところが、誇れるところです。こうした活動が、学校再開とともに復活していることを、たいへん嬉しく思っています。

 「全力 さわやか 西高生!」

0

1年「SS理数探究基礎」の「エッグドロップ」発表です。

 本校の理数科1年生は、課題研究の進め方を身につけるため、ユニット型のミニ課題研究で「仮説→実験→考察・まとめ」の手順を体験します。今日は物理分野です。小グループで「エッグドロップ」について研究した成果を発表しました。

 3階・4階の高さから落としても卵が割れない装置を紙で製作します。パラシュート型のもの、クッション重視のもの、様々な工夫が見られ、見ていても楽しい限りです。

 班ごとに発表した後は、ホワイトボードを利用した「ミニポスターセッション」です。お互いの成果を知ることで、さらに深め合います。

 校長先生をはじめたくさんの先生方が見に来ました。感想をや批評を活かして、1年生はさらに成長します。

 SSHのページにはもっと多くの写真が紹介されています。どうぞそちらも御覧ください。

 「全力 さわやか 西高生!」

0

図書館にて

 本校図書館のカウンター横には、その時季(あるいは時期・時機)に合わせた本の特集が組まれて、飾られています。現在紹介されているのは、感染症に関する本です。pop が飾られるのは、これからだそうですが、写真で紹介いたします。

 東京都の感染ばかりがニュースで取り上げられていますが、私たちの身近なところに存在する可能性や、そのことへの対処等、考えながらの生活ですね。かつて地球上で人間の生活を一変させるほどのことがあった、ということを学ぶことから、未来が見えてくるかもしれません。未来がたくさんある高校生にこそ、人類の過去の遺産としての書籍に親しんでほしいと願っています。

 「全力 さわやか 西高生!」

0

花と花

 昨週末に華道部が花を生けてくれました。職員玄関には、横長の花器にまっすぐ伸びるように花が生けてあります。日本の芸術は完全なシンメトリーでないところに美を見出しますが、それがよくわかるような気がします。

 また、1年生の昇降口にも花が飾られていましたが、昨日までつぼみだった黄色い花が、今日は一輪咲きました。

 こちらは一点から大きく広がるように生けてあるように見えます。一度完成されたかに見えるものが、時の移ろいによって変化していく面白さが、生き物を相手にする芸術にはあるようです。

 1年生の皆さんは、どんな面白い変化や成長を見せてくれるのでしょうか。期待しています。

 「全力 さわやか 西高生!」

0

梅雨の晴れ間と「学校案内」

 昨週で期末考査が終わり、梅雨の晴れ間の月曜日に登校する生徒たちの表情も、ひときわ明るいようです。ちょっと前から本校の敷地内でもアブラゼミが鳴いていましたが、今日はついにミンミンゼミの声がしました。夏がやっと来てくれそうな予感がします。

 さて、ちょっと前に出来上がってきた「学校案内」の写真です。今年は内容を変え、昨年までのものとはかなり違ったものになっています。残念ながらコロナ禍のために、本校主催の学校説明会も申込制となり、人数制限をせざるを得なくなりました。例年この「学校案内」を大々的に配布している「彩の国進学フェア」もなくなり、この新しい冊子も寂しそうです。

 学校案内パンフレットのPDF版データについては、このホームページに掲載してありますので、「中学生へのお知らせ」のコーナーを御覧ください。また、トップページの「新着情報」の下にある「熊西早わかり!(サイト内リンク)」からも御覧いただけます。

 「全力 さわやか 西高生!」

0

英字新聞

 本校では英字新聞も購読していて、バックナンバーも職員室に2~3日置かれています。それを過ぎると、生徒がよく勉強している職員室近くの渡り廊下に置かれます。

 1週間ほど置かれた新聞は、片付けられてしまいます。例年は、文化祭のときの教室の装飾で壁紙の代わりに使われたりすることもあったのですが、今年は文化祭がありません。新聞たちはお行儀よく並んで、生徒がプラスアルファの勉強に自分たちを使ってくれるのを待っています。

 「全力 さわやか 西高生!」

0

名画鑑賞

 尾籠な話で恐縮ですが、本校のトイレには、葉書くらいの大きさの国内外の名画の写真が、額に入れて飾ってあります。

ホームルーム棟の西側は改修工事でたいへん快適になりましたが、校内には、まだ古びた印象のところもあります。それでも、美しい絵を見て心を癒される思いです。また、季節に合わせてか、時々絵が変わったりしますので、非常に楽しみです。例を挙げますと、上の洋画は日傘ですが、下の日本画は雨傘です。

 こういう楽しみがあると、校内の色々なトイレに入ってみたくなります。きれいに掃除をしてくれている人、さらにプラスアルファを考えて実行してくれる方、色々な人のおかげで快適な学校がつくられています。

 「全力 さわやか 西高生!」

 

0

生徒も、先生も、頑張っています。

 今日、7月14日(火)は期末考査の1日目です。コロナ禍の臨時休業のために中間考査を経験していない1年生にとっては、初めての定期考査ということになります。緊張が教室からあふれてきそうな、1年生のフロアの廊下の情景です。荷物は持ち込み禁止なので、廊下もにぎやかに見えますが、とても静かです。

 さて、生徒たちは午前中に試験を終えましたが、午後、3年の担任の先生方はパソコン室で、ベネッセの担当の方とリモート会議の形式で研修会を行っていました。先日行われた最後のセンター試験に見られる特徴的な動向、今後の共通テストに及ぼす影響の予測、6月に本校の3年生が受験した模試に見られる特徴や、今後の生徒への指導に関するヒントなど、多岐にわたる内容に長時間にわたって取り組んでいました。

 生徒の皆さん。受験は団体戦といいますが、みんなで向上していきましょう。先生方も頑張っていますよ。

 「全力 さわやか 西高生!」

0

明日から期末考査です!

 今日は7月13日、月曜日です。昨日の暑かった日曜とは打って変わって、涼しくなりました。明日からいよいよ期末考査が始まります。完全下校時刻の午後7時直前ですが、下校を促す放送の後も、まだギリギリまで机に向かっている生徒が、ちらほらいるようです。

 どうぞ、体調を整えて、ベストを尽くしてください。部活動の試合も、何かのコンクールや展覧会も、考査や模試や入試も、挑戦する姿勢には皆、共通するものがありますね。

 「全力 さわやか 西高生!」

0

ハートの木

 毎日、この「今日の熊西」の題材を探して歩いている筆者に、「うちの学校に『ハートの木』があるのを知っていますか?」と、話しかけてきてくださった方がいました。何かと思って伺ってみたところ、本校には、ハート形をした木があるというのです。案内してもらうと、中庭の東側の渡り廊下のところにありました。下の写真を御覧ください。

 木の刈り込みが、ちょうどハート形になっていました。

 昔から、日本にもハート形の意匠(デザイン)はあります。イノシシの目の形に似ているということから、猪目(いのめ)と呼ばれる形です。厄除けや火災除けの力があるという説もあり、神社仏閣のあちこちに、猪目の文様を見つけることができます。ディズニーリゾートの「隠れミッキー」ではありませんが、意外なところにあるので、さがしてみてはいかがでしょうか?

 来週火曜日からは期末考査。この週末の土曜日は全学年が記述模試。西高の皆さんは忙しいですね。この「ハートの木」が、西高の皆さんをなごませたり、厄除けや火災除けになってくれたりすることを祈っております。

 「全力 さわやか 西高生!」

0

クリアファイル・うちわのデザインが決まりました!

 今年は新型コロナ禍のために西高祭(文化祭)は中止となってしまいましたが、例年西高祭の時期に合わせて作られる生徒がデザインしたクリアファイルやうちわについては、生徒会の皆さんの尽力もあって、製作されます。昨日開かれたHR委員会において選考が行われ、デザインが決定しました!下の写真は、掲示の様子です。

 今年のクリアファイルのデザインは、西高史上初の横書き(?)です。例年は西高祭をお知らせするポスターのデザインとしても使われるため、縦長のデザインという制約があったのだとか。今回は純粋にクリアファイルとしてのデザインということで、今年ならではのレアなものとなりました。

 うちわのデザインは、表面と裏面で昼夜を表現するものでしょうか。本校のマスコットキャラクターである「にしニャン」が大きく描かれていますが、元気いっぱいの表面と、花火を見つめて影絵のように左下に浮かび上がる、しっとりとした裏面で、動と静の対比となっているようですね。

 また、校内に紹介されている掲示には、残念ながら採用を逸した候補作品も飾られており、これらもたいへん素敵なものであることを、書き添えておきます。

 1年生の作品もあり、来年もレベルの高い選考となりそうな予感がして、楽しみです。

 「全力 さわやか 西高生!」

0

一斉委員会が開かれました!

 本日7月8日(水)放課後、各HRから選出された委員の生徒による、一斉委員会が開かれました。各委員会の委員長や副委員長も決まり、生徒の本来の自治の姿が整えられていきます。下の写真は、学級の代表となるHR委員会の様子です。

 体育館で委員長・副委員長が挨拶しているのは、体育委員会です。体育祭はなくなってしまいましたが、この皆さんが、活気のある楽しい体育の授業をリードしてくれます。

 下の写真は、美化委員の皆さんです。気持ちよく過ごせる環境を作ってくれます。本校のある熊谷市は、家庭ごみはビニール・プラスチックを分別しなくてもよいのですが、学校のゴミは産業廃棄物扱いなので厳しく分別します。

 

  ほかにも、風紀委員、保健委員、図書委員、進路委員、編集委員、選挙管理委員、会計委員、2年生の修学旅行委員など、色々な委員会の皆さんが頑張ってくれて、西高の毎日が円滑に回っています。ありがとうございます。

 「全力 さわやか 西高生!」

0