今日の熊西

今日の熊西

学年末考査です

 本日2月19日(金)から、1年生と2年生は学年末考査です。1年間の学びの集大成に向けて、頑張っています。下の写真は、2年生のHRが並んでいる2階の廊下です。1階は1年生。静かに考査に集中しています。そして、実は、3階や渡り廊下には何人かの3年生が学校で受験勉強に取り組んでいます。みんな、全集中です。

 公立高校受験を控えた中学生の皆さん、皆さんの先輩たちは、一足先に頑張っていますよ! どうぞ、早く仲間になってくださいね!

 「英姿颯爽(全力さわやか西高生)!」

0

入学者選抜の願書受付が始まりました!

 令和3年度入学生の入学者選抜の願書受付が始まりました。しかし、事務室前の受付に、人の姿はありません。

 今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、郵送による受付が基本なので、例年のように窓口に中学生が並ぶ、といった光景が見られません。高校では、中学校ごとにまとめて郵送されてきた書類を丁寧に開封して精査していく、という作業が静かに続いています。

 倍率に関しては、逐次、県のホームページで公開されていますが、本校は10月、12月段階での志願者が大変多かったせいか、昨年度よりも、かなりおだやかな様子です。

 在校生も、英姿颯爽たる後輩たちを待っていることでしょう。

0

ポスターセッション

 今日、2月10日(水)の午前中は、午後から行われる生徒研究発表会に先立って、理数科と自然科学部の生徒によるポスターセッションが開催されました。密にならないように場所を2ヶ所に分けての実施です。

 上は、視聴覚室の様子です。密にならないようにしています。

 上は、3年8組の教室の様子です。人は密ではありませんが、熱気があります。

 今回のポスターセッションでは、数学をテーマにした班もありましたし、理科では物理・化学・生物・地学のすべての分野に取り組んでいます。また、陸上競技部のメンバーは「パルスオキシメーターによる体調管理」というテーマで発表をしました。熊西は、生徒の探究への取り組みが多彩です。

 「英姿颯爽(全力さわやか西高生)!」

0

はんが甲子園予選通過作品です。

 美術の話題が続きます。

 先日のこの欄で、第21回全国高等学校版画選手権大会(はんが甲子園)に、本校美術部が8年連続の出場を決めたことを報告いたしました。その際にお約束したとおり、予選を通過し全国大会出場を決めた選手たち、1年生3人の多色刷り版画を紹介いたします。

 右の縦長の作品は、阿部美波さんの「繋ぐ」という題名の作品です。緑色の橋が、左右の街をつないでいるのでしょうか。

 左上の作品は、河合希歩さんの「水鏡」です。美しい緑の中を流れる川面に、空の青が映っています。

 左下の作品は、須長皓さんの「母へ」です。赤いポストに、紫陽花でしょうか?素敵な街角です。お母さんへの手紙を出すのでしょうか?物語のようです。

 光線の具合で反射してしまうため、写真の腕が悪いのは御容赦ください。生徒の活躍の一端を御覧いただけたら幸甚です。

 「英姿颯爽(全力さわやか西高生)!」

 

0

郷土緑化ポスター原画

 生徒が授業で「郷土緑化ポスター」として描いた作品が、2階の渡り廊下に展示してあります。なかなか面白いアイデアが満載で、楽しいです。

 下の写真の左端の絵は、手渡しているバトンのリボンの両端から巨木が誕生しています。受け継ぐ、というテーマを表現しているのでしょうか。

 下の写真、右から2番目の絵は、フェルメールの「牛乳を注ぐ女」のパロディですね。美術の知識を作品の背景として生かしているのが洒落ています。

 さて、下の写真の左端は、聖母子像でしょうか。マリア様が樹になっています。普段から私たちは、緑の恵みを受け取っているのですね。

 生徒の皆さんも、この素敵なアイデアに満ちた樹木のように伸びていってください。

 素敵な個性あふれるアイデアがあっても、実行できるのは100人に1人、実行して失敗しても、それを糧として成功するまで行動を継続できるのは、さらにその100人の中の1人、などと言う人がいます。しかし、要は努力を続ければよいのです。

 「英姿颯爽(全力さわやか西高生)!」 

 

0

花が咲きました。

 職員室の給湯室の窓辺で、ぐんぐん伸びていた球根のヒアシンスが咲きました。3色そろって美しく咲いています。

 3年生は本格的な受験シーズンに突入しました。あと、揃うのは卒業式の予行と当日くらいでしょうか。既に私物も持ち帰られており、教室は、がらんとしています。

 職員室にいると、3年の担任の先生方が、「今日は、うちのクラスの誰それが、どこそこ大学の受験なんですよ」などと、話をしているのが聞こえてきます。皆、花を咲かせてほしいと願っています。

 「英姿颯爽(全力さわやか西高生)!」

0

漱石「こころ」についての探究活動

 2年生の現代文の授業です。全員が夏目漱石の「こころ」を1冊読み、小グループでそれぞれテーマを決め探究して発表する、という活動をしています。

 下の写真の班は、「先生の本当の恋心の真相」と題して、パワーポイントを利用しながら、作品の各部分にある表現やその変化の性質からから導き出した推論を、高い説得力で展開していました。

 また、下の写真の班は、発表する生徒の横で、内容に合わせて他の班員による寸劇や本の該当シーンの再現を行って、注目を浴びていました。「先生の死の真相を暴く!」と題して、6つの根拠を挙げて論理的に論を展開していました。

 全員で同じ一冊の文庫本を読み通しているので、説明でも「このページの何行目にあるように…」と、情報共有されている強みを感じさせられました。どちらの班も立派に発表しただけではなく、質疑応答では突然の質問にも絶妙な切り口の回答で対応し、西高生のすばらしさを示してくれていました。

 「英姿颯爽(全力さわやか西高生)!」

 

 

 

 

0

星を見ています!

 節分とはいえ6時には暗くなる熊谷では、下校時刻前に地学の天文観測ができます。屋上は、少し早い春一番(?)の強風が吹いていて、南風と言えどもかなり寒いです。

 おおいぬ座のシリウス、こいぬ座のプロキオン、オリオン座のベテルギウスが作る「冬の大三角形」は有名ですが、これとは別に、おおいぬ座のシリウス、こいぬ座のプロキオン、オリオン座のリゲル、おうし座のアルデバラン、ぎょしゃ座のカペラ、ふたご座のポルックスを結んでできる6角形を、「冬のダイヤモンド」と呼ぶのだそうです。

 今はレーザーポインターの良いものがあるので、私のような素人でも、専門の先生が指し示す先がよくわかり、ありがたいです。本校の生徒たちも、いつか、日本の輝く星となってくれることでしょう。

 「英姿颯爽(全力さわやか西高生)!」

0

1年生、探究活動の発表会です!

 今日の7時間目、普通科の1年生は探究活動の代表チームのステージ発表を行いました。SS探究基礎(一般の高校の『総合的な探究』の時間にあたります)の授業の中で、先週、それぞれの分野ごとに分かれて発表が行われましたが、その分野ごとの代表10チームが、学年全体の前で、体育館での発表を行ったわけです。

 なかなかユニークなテーマが多く見られました。上の写真は、ハヤシライスが違う色になっても愛されるか?という研究でした。キーワードは、暖色と寒色でした。

 また、現在の社会情勢にヒントを得て、このコロナ禍でボードゲームが脚光を浴びていることを踏まえて、研究をしてきたチームもありました。

 パワーポイントを上手に使った素敵な発表の中から、2月10日の生徒研究発表会の代表が2チーム決まりました。テーマは「購買意欲の湧くパッケージとはどのようなものか?」と、「折れやすいシャーペンの特徴とはなにか、折れにくいシャーペンはどのように開発されたのか、またその構造は何か。」の2つです。あと10日間で、どんなふうに磨いてきてくれるか、それも楽しみです。

 「英姿颯爽(全力さわやか西高生)!」

0

図書委員会広報「銀杏」1月号です。

 図書委員会の生徒が作る広報紙「銀杏」1月号が発行されました。表面の特集は「小説を音楽に!」です。You Tubeで再生回数1億回を超えたヒット曲「夜に駆ける」という曲は、ある小説を音楽にしたものなのだそうです。

 また、本校のシステムの変更により、貸出冊数が10冊になったというお知らせもあります。続き物を一気に読みたいという人、たくさんの資料で調べたいという人、そのほか、色々な方に多くの本に出会う機会を作ってほしいと願っております。

 裏面は、「今月の読書案内」です。2年生がおすすめする本の中に、高校生の定番ともいえる夏目漱石の「こころ」が取り上げられています。現代文の授業では、それぞれ「こころ」について小グループで取り組んだ成果の発表をしているところです。いくつか生徒の作った資料を見せていただきましたが、これが、ものすごく面白いのです。皆様に御紹介できないのが本当に残念です。本校の生徒たちは、すごいですよ!

 「英姿颯爽(全力さわやか西高生)!」

0

1月の登校指導です。

 登校指導です。この時期、二十四節気では大寒にあたります。校長先生をはじめ、先生方が生徒を迎えます。寒い中、風紀委員の生徒も一緒に頑張ってくれています。

 朝学習を推奨している本校では、ほとんどの生徒が8時前に校門をくぐります。ラッシュアワーの密を避けるために、時差登校として始業を遅らせるなどの対応をしている高校もありますが、本校では元々生徒の大半がラッシュアワーを避けて登校していることになります。生徒の普段の努力が、意外なところで役立っています。

 出迎えるのは、先生や委員の生徒だけではありません。上の写真は校舎側から正門を見たところですが、生徒がボランティア活動の一環として植えてくれた花が、この寒い中でもきれいに咲いて、登校する生徒を迎えてくれています。

 「英姿颯爽(全力さわやか西高生)!」

0

書き初め展で活躍!

 昨日に続いて嬉しいお知らせです。先日行われた埼玉県の書き初め展において、本校書道部2年の髙橋花歩さんが、埼玉県書写書道教育連盟賞を受賞しました。たいへん大きな賞をいただきました!

 いずれこのホームページで写真なども紹介したいと思いますが、まずは報告いたします。

 「英姿颯爽(全力さわやか西高生)!」

0

はんが甲子園に出場します!

 本校美術部が、第21回全国高等学校版画選手権大会(はんが甲子園)本戦に出場します!8年連続の快挙です。出場するのは1年生の阿部美波さん、河合希歩さん、須永皓さんの3人のチームですが、詳しくは改めてお知らせいたします。

 例年は新潟県の佐渡ヶ島を会場として行われるこの大会も、今年は事項を会場として制作に取り組み、開閉会式もリモートで行われるそうです。本校美術部の皆さんは、コロナ禍で部活動が休止になる前に、予選に応募する作品を完成させていたそうです。本選でも素敵な作品を完成させてほしいと思います。

 「英姿颯爽(全力さわやか西高生!)」

0

1年生の探究活動学年発表会

 1年生は今日の7時間目のSS探究基礎の時間に、10の分科会に分かれて「プチ探究」の学年発表会を行いました。数人のグループで、自分たちの興味関心に基づくテーマで研究した成果を6枚程度のスライドにまとめて発表します。

 ゲームの課金についての発表の場面では、印象的なイラストを使って表現するなど、芸が細かいところも見せています。

 上下の写真のように、身近な人などに行ったアンケートをグラフで表現した班もあり、工夫が見られます。テーマの違いや表現したい内容によって、円グラフと棒グラフのどちらを選んだ方が内容理解に役立つ発表になるのかも、練られていたことでしょう。

 自分たちのテーマについて、古代から時代を追って変化を比較しながら発表したり、日本と世界の状況を比較した結果を発表したりと、水平方向・垂直方向にわたって研究をしている班もありました。

 こうした経験の積み重ねが、大きな高みにつながることでしょう。

 「英姿颯爽(全力さわやか西高生)!」

 

0

「ほけんだより」1月号

 保健委員の生徒が作る「ほけんだより」の1月号が発行されました。表面の特集は「今年は『感染症対策』も忘れず!」です。「感染経路のおさらい」「対策として」「マスクの性能の比較」の3つの柱で書かれています。内輪ぼめになりますが、本校の生徒は探究活動で鍛えられているせいか、雰囲気で書いてしまうことなく、データを背景に説得力のある内容を提示してくれます。

 驚いたのは、不織布マスクに対して、ウレタンマスクの性能が低いことでした。息の吸い込み・吐き出しともに、ウイルスが倍以上透過しているそうです。紙面にも「ウレタンマスクは洗って何度でも使えたり、多少しゃべりやすい等のメリットがありますが、一番大切な「感染予防」の性能では~劣ります」とありました。役に立つ知識、生かしたいです。

 裏面の特集は「冬のお手軽ダイエット」です。「実は冬って痩せやすい!?」と、お年頃を感じさせる内容ですが、嬉しいのは「ダイエットに効果的な冬野菜」でした。やみくもにダイエットを特集するのでなく、あくまで健康を基盤とした記事に感心しました。

 「英姿颯爽(全力さわやか西高生)!」

0

イラストさまざま

 昨日紹介した書道の作品に続いて、校内に飾ってある生徒の作品を紹介します。美術の授業で3年生が取り組んだイラストレーションです。

 自由度が高いせいか、個性的です。名画のパロディか?と思われるものもあり、背景となる文化的素養もちょっと滲んでいます。

 「英姿颯爽(全力さわやか西高生)!」

0

書道の展示です。

 昨年11月に行われた埼玉県の第59回高校書道展で、来年度に和歌山県で開催される全国高等学校総合文化祭(総文祭)の県代表として出品が決まった、本校書道部2年の太田有咲さんの作品が、玄関近くの階段のところに飾られています。

 文字の大小も含め、様々な書かれ方が一つの作品の中で表現されています。筆者は門外漢ですが、見ていると思わず背筋が伸びるような気がします。

 昨年末から飾ってありましたが、書初めの時期に合わせて紹介させていただきました。

 「英姿颯爽(全力さわやか西高生)!」

0

新年、3学期の始業式です。

 謹んで新年の御挨拶を申し上げます。本校の玄関にの花も、新年に合わせて「芽出度い」感じです。

 今日はコロナ禍による4・5月の臨時休業の補充のひとつとして、いつもよりも早い日程での始業式です。すっかり定着したリモートによるプロジェクタを用いた式ですが、生徒の皆さんはきちんと前を向き耳を傾け、挨拶の返事の声も出ています。

 校長先生のお話の中では、十干十二支を踏まえた「干支(えと)」としての「辛丑(かのとうし・しんちゅう)」の表す意味が紹介され、励ましの言葉がありました。

 始業式の後、3年生は普通の授業でしたが、1・2年生は、下の写真のように課題テストに取り組んでいました。いつもより短い冬休みだったと思いますが、その中で培った力を発揮してほしいと思います。

 「英姿颯爽(全力さわやか西高生!)」

 

0

クリスマス公演

 今日の午後は、演劇部と吹奏楽部のクリスマス公演が行われました。どちらも新型コロナウイルス感染防止のためにソーシャルディスタンスを保つよう席を離し、入場者の人数を制限し、舞台と客席の距離を大きくとっての公演となりました。

 午後1時からは、視聴覚室で演劇部の公演がありました。演目は「Thank you for...」と「涙の連立方程式」の2つです。

人数不足に悩まされながらも協力して、脚本も演出も音響も照明もすべて生徒による舞台を作り上げました。

 午後2時からは、体育館で吹奏楽部の公演です。

 クラシックのマーチや、映画「君の名は」メドレー、ディズニーナンバー、アニソン、クリスマスソングなど、こちらも盛り沢山でした。

 途中に寸劇を入れたりしながらお客様を楽しませる、工夫を凝らしたステージでした。

 「英姿颯爽(全力さわやか西高生!)」

0

2学期終業式

 今日は2学期の終業式です。すっかりおなじみになった、職員室からのリモートによる式典です。式に先立って、表彰が行われました。まずは、先日行われた持久走大会です。各学年男女別3位までの表彰です。続いて、自然科学部、男子バドミントン部、吹奏楽部、県英語スピーチコンテスト、英作文コンテスト、軽音学部と、本当に盛りだくさんな生徒の活躍がありました。

 続いて、終業式です。校長先生からは講話で今年の話題として、鬼滅の刃をもじって、3年生に向け「全集中、受験の呼吸」という励ましがありました。また、今年94歳で亡くなったノーベル物理学賞受賞者である小柴昌敏さんの「幸運はすべての者に等しく与えられているが、周到な準備を重ねてきたものだけがそれを手に入れることができる」という言葉などを紹介して、生徒たちを元気づけてくれました。

 また、生徒指導主任の先生からは、挨拶が大切であるという話、冬休みの生活について留意しなければならないことについての話など、ユーモアを交えて心にすっと入ってきそうな講話がありました。下は3年生の教室の様子です。

 いろいろな機会にいろいろな人の話を聴いて、糧にしてほしいと思います。

 「英姿颯爽(全力さわやか西高生!)」

0