校長室

カテゴリ:報告事項

吹奏楽部が銀賞

開催中の埼玉県アンサンブルコンテストで、本校吹奏楽部の金管五重奏が銀賞を受賞しました。

書道部が全国大会出場

高校書道展において本校書道部2年生の作品が全668点のうち上位14点の優秀作品に選ばれ、来年度和歌山県で開催される全国高等学校総合文化祭に埼玉県代表として出場することが決定しました。
高校書道展は22日(日)午前まで県立近代美術館で開催されています。

日本学生科学賞(全国大会)へ出場

毎年秋に開催されていた埼玉県科学教育振興展覧会(科学展)ですが、今年度は新型コロナウイルス感染症の影響で中止となりました。しかし、その上位の全国大会である日本学生科学賞は開催されるため、科学展の代替として書類審査による選考会(県大会)が行われました。
120点以上の応募論文の中から予選審査を通過した30点に本校生徒の研究3点が入り、10/21の二次審査に臨みました。
その結果、本校理数科2年生の研究「火星の夕焼けはなぜ青いのか」が最優秀賞6点のうちに入り、全国大会へ推薦されることとなりました。
また、予選を通過した残り2点「リン酸二水素カルシウムを用いたガラス作り」と「硫化亜鉛のナノ粒子化」は優秀賞を受賞しました。

部活動が始まりました。

少しずつですが、日常が戻ってきております。
今週から部活動も再開されました。
まずは短い時間で負担の少ない活動からですが、放課後の活気ある音が聞こえるようになり本来の西高らしさが感じられます。
1年生も積極的に様々な部活動を見学して回り、仮入部した生徒も続々と増えています。ぜひ3年間部活動にもしっかり取り組んでほしいと思います。

学校が再開されました

6月1日から学校が再開されました。
各学年ともほぼ全員が元気な様子で登校し、とても安心しました。
埼玉県においては今週は各生徒1回ずつの登校日を設け、来週からは教室の人数を半分にする分散登校で授業を行うこととしています。
徐々にではありますが、熊西らしい活気ある学校へ戻してまいります。

馬場俊英さんからメッセージをいただきました

アキラ100%さんに続いて、馬場俊英さんからも休校中の生徒たちにメッセージをいただきました。歌まで歌ってくださいました。
馬場さんは本校軽音楽部OBで、多くのヒット曲を世に送り出してきた現役のシンガーソングライターです。「スタートライン」や「ボーイズ・オン・ザ・ラン」など青春を歌った名曲がたくさんあり、2007年にはNHK紅白歌合戦にも出演されました。
今でもこうして母校の後輩たちを気にかけてくださっていることに、心から感謝いたします。
偉大な先輩方のように将来社会で活躍するべく、現役西高生たちも力一杯高校生活に打ち込んでいます。

アキラ100%さんからメッセージをいただきました

本校卒業生のアキラ100%さんから動画メッセージをいただきました。
トップページに掲載させていただきましたので御覧ください。
多方面に御活躍され、多忙な中こうして母校の後輩のことを思っていただき、大変ありがたいことです。心から感謝申し上げます。
人は様々な縁の中で生きています。
アキラ100%さんに限らず多くの卒業生が母校を大切にし、今も応援してくださっています。
在校生の皆さんもいずれ大人になった時、それぞれの形で西高応援団になってくれたら嬉しいです。