校長室

校長日誌

日本学生科学賞入賞

自然科学部が第65回日本学生科学賞の中央最終審査において日本科学未来館賞(副賞20万円)を受賞しました。
受賞作品は「硫化亜鉛ナノ粒子の発光特性」です。
日頃の地道な研究の成果が認められました。

「地域の伝承文化に学ぶ」コンテスト入賞

國學院大學・高校生新聞社主催の第17回「地域の伝承文化に学ぶ」コンテストで、本校3年生の研究「秩父神社系統の神楽の独自性に迫る-寶登山神楽を事例に-」が入賞(佳作)しました。
地域文化研究部門(個人)に全国から応募のあった198作品中上位5作品に選ばれる快挙です。
本校生徒全員が取り組んでいる探究活動の成果がまた一つ全国レベルで認められました。

コンテスト結果発表のページ

コンテスト公式ページ

青年海外協力隊経験者による講演会

県教育委員会による事業「持続可能な社会を生きるグローバル人材育成事業」の一環として、青年海外協力隊の経験のある方に御講演をいただきました。
南米エクアドルで栄養士として活動された方です。
見知らぬ土地の風土や文化、ボランティア活動の実際など、生徒にとって大変興味深いお話をしていただきました。

将棋部が全国大会出場

本校将棋部1年生女子が埼玉県高等学校将棋王将戦で優勝しました。おめでとうございます。
1月に徳島県で行われる全国高等学校文化連盟将棋新人大会に出場します。

修学旅行を実施しました

2泊3日で福島方面への修学旅行を実施しました。
歴史・文化の学習と東日本大震災の学習を盛り込んで大変充実した内容でした。
また、全員が健康管理と感染症予防に十分配慮して、無事に終えることができました。
御理解いただいた保護者の皆様、そして御尽力いただいた旅行社、バス会社、訪問先施設・宿舎等の皆様に感謝申し上げます。

高校生によるサイエンスフェア

県教育委員会主催の「高校生によるサイエンスフェア」が毎年開催されていますが、今年度はオンライン開催となりました。
多くの県民の皆様に高校生の科学研究成果や実験の様子などをお見せしたかったのですが残念です。
特設Webで各校の研究概要一覧が掲載されています。本校生徒の研究もありますので御羅ください。

→サイエンスフェア特設Web

課題研究発表会

理数科の課題研究発表会を行いました。
1年生はユニット型課題研究「エッグドロップ」の英語による発表、2年生は本格的な課題研究の中間発表です。
SSH運営指導委員の先生方にも御指導をいただきました。
研究成果もプレゼンテーションや質疑応答等の技量もまだ十分ではありませんが、年度末の発表会に向けてさらに努力を積み重ねていきます。

個別進学相談会

中学3年生向け相談会を実施しました。
感染拡大予防のため完全予約制として人数を限らせていただきました。
予約できなかった皆さんには大変申し訳ありません。
まだ今後も説明会や相談会を予定しておりますので、本ホームページを時々チェックしていただきますようお願いします。

自然科学部が全国大会出場

埼玉県科学教育振興展覧会において、本校自然科学部の研究が最優秀賞を受賞しました。おめでとうございます。
来月開催される日本学生科学賞に埼玉県代表として出場します。

救急法講習会

転入職員向け救急法講習会を行いました。
熊谷市消防本部隊員の皆様に、心肺蘇生法やAEDの使用等の実習を御指導いただきました。
安全・安心な学校づくりを目指しております。

朝礼

朝礼を行いました。

<校長講話要旨>
埼玉県では10月1日に全国初のエスカレーター条例が施行されました。
エスカレーターは立ち止まって利用するというルールです。
これまでは歩いて上り下りする人のために右側を空けるのがマナーとされてきました。
しかし、それは左手が不自由な方やお年寄り、小さなお子さんを連れた方などに配慮しない、一部の人達だけに都合の良いルールでした。
「多様性」が時代のキーワードとなっています。
様々な事情、心情のある他者の存在に気付き、互いに尊重し合い、思いやる社会を目指しましょう。

東京都美術館に本校生徒の作品

日本版画協会の第88回版画展が上野の東京都美術館で開催されています。
プロの作品群に囲まれて、3月に行われた版画甲子園の入賞作品コーナーがあり、佐渡市長賞を受賞した本校美術部の作品「トキマワリ」も展示されています。

高大連携講座

理数科1年生を対象に高大連携講座として埼玉工業大学から講師を招き、プログラミング実習を行いました。
超小型コンピュータ「micro:bit」の制御プログラムの作成に挑戦しました。

卒業生を招いて

大学4年生のOBOG9名を招いて3年生に体験談を語っていただきました。
大学受験のこと、大学生活のこと、就職活動のことなど、今生徒達がもっとも関心を寄せている話題について具体的に教えていただきました。ありがとうございます。

平常登校が始まりました

ようやく全員が登校できるようになりました。
とはいえ、まだまだ感染防止に十分気を付けなければなりません。
昼休みには「黙食タイム」を設けて、全員が黙って食事を摂るようにしています。

埼玉書道展で入賞

埼玉県立近代美術館で開催されている第64回埼玉書道展における高等学校臨書の部で、次のとおり本校書道部の作品が各賞を受賞しました。

特 選 2名(埼玉県教育長賞及び埼玉県書道人連盟賞)
準特選 5名
秀 作 3名
入 選 13名

特に、特選8名のうち複数入賞したのは本校だけでした。

分散登校

午前と午後に分けて、半数ずつの分散登校を行っています。
学校にいない間は家庭学習の時間です。
課題等の指示があったり、教室での授業をライブ配信したりなど教科ごとに工夫がなされています。

西高祭を開催しました

昨年度は中止となってしまった西高祭を今年度は開催しました。生徒と職員だけの校内開催ですが、可能な限り例年の内容を踏襲しました。
心配されたことは多々ありますが、全員の協力で大きな混乱もなく終えたことに感謝しております。

始業式

2学期始業式を実施しました。

<校長講話要旨>
緊急事態宣言の中ですが、2学期が始まりました。
まずは西高祭が行われます。
準備から本番に至るまで、普段とは全く違う校内状況となります。これに伴う特別な感染防止対策が必要です。
生徒一人一人が高い意識を持って感染防止と行事の成功を両立させましょう。