校長室

校長日誌

1学年の探究活動

本校普通科ではSSH事業の一環として「総合的な探究の時間」の代わりに学校設定科目「SS探究基礎」「SS探究」「SS研究論文」を開設し、全学年で探究活動に力を入れています。
本日は1学年の「SS探究基礎」で、クラスを超えた分科会形式の発表会を行いました。
数人の研究班ごとに自ら決めたテーマについて、調査結果をスライドにまとめて口頭発表しました。
今回の目的は、「序論」「方法」「結果」「考察」という基本構成に基づいたプレゼンテーションの練習です。
来年度の「SS探究」で行う本格的な探究活動に向けて基礎・基本を訓練しています。
それぞれに大変興味深いテーマで、発表者も視聴者も真剣に取り組んでいました。

美術部が全国大会出場

本校美術部1年生チームの全国高等学校版画選手権大会(はんが甲子園)本戦出場が決定しました。

はんが甲子園ホームページ

8年連続出場となりました。
例年は新潟県佐渡市で開催されていますが、昨年度は新型コロナウイルス感染症の影響で中止となってしまいました。
今年度もリモート開催となります。
佐渡での作品制作の機会が失われて残念ですが、健闘を祈りたいと思います。

大学入学共通テスト実施

1月16日(土)17日(日)に大学入学共通テストが実施され、本校生徒も全員が無事に受験できました。
本日は自己採点が行われました。これをもとに生徒と出願先を検討してまいります。

3学期始業式を実施しました

今回もリモートにより始業式を行いました。

<校長講話要旨>
今年の干支は「辛丑」。我慢の年になりそうです。
ただし、「辛(かのと)」は辛い時期、苦しい時期の終盤を表し、「丑(うし)」という字も植物の芽が殻を破って起き上がろうとしている様子を表しているそうです。
苦しいけれど出口は近づいているので明るい未来に向けてしっかり準備をする、そんな年にしましょう。

臨海実習

2学年理数科の臨海実習を無事に終えることができました。
例年は夏季休業中に行っておりましたが、新型コロナウイルス感染症の影響で時期を変更しました。このため、内容も例年と大きく異なります。
それでもJAXA筑波宇宙センターや銚子海洋研究所、千葉科学大学等の協力を得て、大変充実した3日間となりました。関係の皆様に感謝申し上げます。

硝石づくりの最終日

4回にわたって実施してきた1年理数科の高大連携講座が最終日を迎えました。
生徒達が民家の床下で採取してきた土から硝石(硝酸カリウム)を抽出することができました。
最後のまとめでは、今回の実習を通じて学んだこととともに「江戸時代に古土法が普及した理由」「培養法が普及しなかった理由」「硝石丘法が日本に根付かなかった理由」などについて班別に考察し、発表しあいました。
大学の先生方が感心するほど、どの班も論理的で鋭い意見をしっかり述べていました。
今後の成長が楽しみです。

吹奏楽部 X'mas Concert

こちらも恒例の吹奏楽部クリスマスコンサートが、体育館で十分なディスタンスを確保しながら開催されました。
全体をツアーに見立てて、様々な場所にまつわる曲の演奏がありました。
途中に楽しい寸劇も加えて、客席と一体感のある演出でした。
様々な制約があるなかですが、生徒たちはできる範囲で西高生らしい創意工夫を凝らした活動を続けています。

演劇部クリスマス公演

恒例の演劇部クリスマス公演が行われました。
生徒自身の脚本でちょっと不思議な世界観が味わえる2作品でした。
感染症対策で距離をとるため観客数も制限せざるをえませんでしたが、温かい雰囲気の中で楽しませてもらいました。

終業式を実施しました

2学期終業式をリモートで実施しました。

<校長講話要旨>

今年亡くなられた小柴昌俊さんは、世界初のニュートリノ観測でノーベル物理学賞を受賞しました。小柴さんが中心となって建設した「カミオカンデ」は、陽子崩壊を確かめるための観測装置でした。ところが、偶然起きた大規模な超新星爆発で発せられたニュートリノをたまたま捉えることができました。小柴さんの退官間際の出来事でした。「強運の持ち主ですね」と言われると、小柴さんはいつも「運は誰にも等しく降り注ぐが、それを捕まえる準備ができているか、いないかで差がつく」と答えたそうです。皆さんは日頃から幸運を捕まえる準備をしていますか?

合唱部 Winter Concert

恒例の合唱部ウインターコンサートが開催されました。
観客は関係者のみで人数制限し、十分な距離をとってマスク着用のままの合唱でした。
それでも美しい生の歌声を鑑賞することができました。
ミュージカル「白雪姫」も小道具や衣装などに工夫があって、とても楽しませてもらいました。

気象台見学

1年理数科の生徒達が熊谷気象台を訪問しました。
日本最高気温を記録した現場です。
気象庁職員の皆さんが丁寧に応対してくださり、様々な観測装置や業務内容等について詳しく説明していただきました。
生徒達も真剣に聞き入り、積極的に質問していました。

進学相談会

完全予約制で個別進学相談会を行い、約50組の皆さんにお越しいただきました。
対応できる人数に限りがあるため、参加申し込みができなかった方々には大変申し訳ありませんでした。
急遽、1月9日(土)に臨時の相談会を行うこととしました。
12月14日(月)正午よりホームページ上で参加申込を受け付けます。

古土法による硝石づくり体験

古土法とは、民家の床下の土から火薬の原料となる硝石を取り出す江戸時代の製法です。
高大連携の一環として、日本薬科大学の専門家から本校1年生が学んでいます。
初回は生徒達が長瀞町へ出向き、民家の床下から土を採取して成分抽出の実験を行いました。
その様子を本日の朝日新聞で大きく取り上げていただきました。
今後も校内において数回にわたり、この体験授業の続きが実施されます。

学校説明会

今年度は予定していた学校説明会をなかなか実施できずにおりましたが、本日は入場者制限をして例年と異なる内容で実施いたしました。
「西高生の活動発表会」として、生徒会長のあいさつ、少人数編成の吹奏楽部演奏、合唱部やダンス部の映像による発表、生徒たちの制作した動画視聴、コンテスト出場者による英語スピーチ、理数科課題研究プレゼンテーション等を中学生の皆さんに見ていただきました。
いつもの学校概要説明についてはホームページに動画として掲載しておりますので、そちらをご覧ください。

持久走大会

熊谷スポーツ文化公園陸上競技場において、恒例の持久走大会を実施しました。
例年と異なり、感染症対策のため男女別学年別に時間差を設けてスタートしました。
幸い大きな事故もなく、無事に終えることができました。
生徒達の頑張る姿がたくさん見られて、頼もしく感じました。

剣道部が県ベスト16

第65回埼玉県剣道大会高等学校の部で、本校剣道部男子1名が参加者270名中のベスト16に入りました。

高大連携

日本薬科大学との高大連携で、生徒達が大学に出向いて生薬学の実習を行いました。
高校とは大きく異なる本格的な実験室で、有意義な体験をさせていただきました。

吹奏楽部が銀賞

開催中の埼玉県アンサンブルコンテストで、本校吹奏楽部の金管五重奏が銀賞を受賞しました。

書道部が全国大会出場

高校書道展において本校書道部2年生の作品が全668点のうち上位14点の優秀作品に選ばれ、来年度和歌山県で開催される全国高等学校総合文化祭に埼玉県代表として出場することが決定しました。
高校書道展は22日(日)午前まで県立近代美術館で開催されています。

1学年保護者向け進路講演会

毎年実施している学年PTA主催による進路講演会ですが、今年度はzoomによるリモートで行いました。
Benesseから講師をお迎えして、最新の大学進学情報や受験に向けて今やっておくべきことなどについて、豊富なデータを示しながら説明いただきました。

いのちの授業

第2学年人権教育の一環として、ボランティア団体COCOレンジャーの皆様に御講演いただきました。
COCOレンジャーは殺処分される猫をなくすために、熊谷市を中心に地域猫活動を行っている団体です。
人間の身勝手で殺処分されてしまう動物たちの実情やペットとの正しい関わり方などについて、具体的な活動内容とともに教えていただきました。
COCOレンジャーに所属している本校生徒の熱意により実現した講演です。当該生徒も同級生たちに向けて、自分たちの取組を堂々と話してくれました。
人の命も動物の命もかけがえのない大切な命ということを全員で共有できた授業でした。

→COCOレンジャーのホームページへ

英語による課題研究発表会

理数科1・2年生の英語による課題研究発表会が熊谷高校と合同で行われました。
Kumagaya English Expression Network(KEEN)と題したSSH事業です。
例年は一堂に会して開催されますが、今年は感染症対策のため2校をオンラインで結んだテレビ会議方式となりました。
発表者はもちろん、熊高生の司会も、大学の先生方による指導講評もすべて英語で行われました。
慣れない形式の中でしたが、両校の生徒達が皆熱心に取り組み、内容の濃いすばらしい発表会になりました。

地方国公立大学合同説明会

6つの大学から先生方においでいただき各大学の特色とともに、地方で学生生活を送るメリットや私立大学と国公立大学の違いなどについて、本校生徒及び保護者向けに御説明いただきました。
また、本校職員だけでなく近隣の高校の先生方も交えて、大学側との有意義な情報交換も行われました。
これを機に、それぞれ特色ある全国の大学に広く目を向けた進学指導を推進したいと考えております。

今年度初の全校行事を実施することができました。

縮小版の体育祭「にしニャンピック2020」と仮装やゲーム等を楽しむ生徒会行事「くまにしはろうぃん」を開催しました。
新型コロナウイルスの影響で中止となってしまった体育祭と文化祭の代替として、今年度初めて全校生徒が参加して盛大に行われました。
短い準備期間にもかかわらず、いつもの大掛かりなアーチ製作をはじめ、様々なアイデアが盛り込まれた本格的な学園祭に近いイベントとなりました。生徒会や体育委員会等の生徒達とそれをサポートする教職員の皆さんの熱意の賜物です。
いかなる状況下でも前を向いて、できることを全力で実行する西高の底力を見せてもらいました。とても頼もしく思います。

課題研究発表会

本日午後、理数科の課題研究発表会を実施しました。
例年は3学年が一堂に会して行いますが、今回は校内の3か所に分散してオンラインリアルタイム中継としました。
それでも別会場から積極的にリモートで質問が投げかけられるなど、大変盛り上がりました。
発表者も質問者も回を重ねるたびに質が向上していることを実感しています。

SSH運営指導委員会

本日午前、今年度2回目のスーパーサイエンスハイスクール運営指導委員会を行いました。前回に続いてオンライン会議での実施となり、委員の皆様には大学や博物館等からインターネットを通じて参加していただきました。
今年度実施済及び実施予定のSSH関連事業について説明させていただき、各委員から有益なアドバイス等をいただきました。

日本学生科学賞(全国大会)へ出場

毎年秋に開催されていた埼玉県科学教育振興展覧会(科学展)ですが、今年度は新型コロナウイルス感染症の影響で中止となりました。しかし、その上位の全国大会である日本学生科学賞は開催されるため、科学展の代替として書類審査による選考会(県大会)が行われました。
120点以上の応募論文の中から予選審査を通過した30点に本校生徒の研究3点が入り、10/21の二次審査に臨みました。
その結果、本校理数科2年生の研究「火星の夕焼けはなぜ青いのか」が最優秀賞6点のうちに入り、全国大会へ推薦されることとなりました。
また、予選を通過した残り2点「リン酸二水素カルシウムを用いたガラス作り」と「硫化亜鉛のナノ粒子化」は優秀賞を受賞しました。

高大連携講座

埼玉工業大学の先生方と学生TAの皆さんに来校いただき、1年理数科の情報研修を行いました。
micro:bitというシングルボードコンピュータを動作させる実習を通じて、アルゴリズム等プログラミングの基礎知識を学びました。
また、AIについての講義、演習もしていただきました。
例年は大学へお邪魔させていただくのですが、今年度は講師の皆さんにわざわざ本校までおいでいただきました。
本校生徒達にとって大変貴重な体験となりました。誠にありがとうございます。

博学連携講座

県立川の博物館学芸員をお招きして、理数科1・2年生に特別講義をしていただきました。
テーマは外来生物です。
身近な動物や植物でどんな外来種があるか、どんな問題が起こっているかなどについて、具体的にわかりやすく説明していただきました。
本校生徒達が取り組んでいる課題研究の中にもアライグマの生態調査など外来種に関するテーマがあり、とても参考になったと思います。

授業公開

2回目の中学生向け授業公開を実施しました。
今回も1時間ごとの完全予約制で人数制限をさせていただきました。
本校では書道や美術などの生徒作品、探究活動で作成したレポート、科学研究の発表ポスター等が校内のいたるところに掲示されています。また、各クラスがこの夏に制作した動画も視聴できる場所を設けました。
来校された中学生やその保護者の皆さんは授業見学だけでなく、それら本校生徒の活動の軌跡も熱心に御覧いただきました。
午後は個別相談会と部活動見学を行いました。
こちらにも大勢の中学生に参加いただきました。
ありがとうございます。

立会演説会

次期生徒会長選挙に伴う立会演説会を放送で行いました。
立候補者はもちろん司会や選挙管理委員を含め登場した生徒たちは皆、堂々と立派なアナウンスをしていました。
聞く側の態度もすばらしく、演説に対してはすべての教室から盛大な拍手が送られました。
全校生徒が集まる機会をなかなか持てない昨今ですが、そんな状況においても西高らしい一体感のある生徒集団です。

生徒の投稿が読売新聞に掲載されました

本校で力を入れている探究活動の一環として、新聞各社の投書欄への生徒による投稿に取り組んできました。
このことに注目した読売新聞東京本社様から御依頼をいただき、「新型コロナウイルスに伴うロックダウン」について賛否それぞれの意見を本校生徒が投稿することとなりました。本日の読売新聞全国版の「NIE投書編」という欄に掲載されております。
「NIE」とは「Newspaper in Education(教育に新聞を)」という活動で、本校においても全国紙3紙が毎朝すべての教室に届き、探究活動をはじめ様々な教育活動に活用されています。

授業公開

中学生向け授業公開及び進学相談会を開催しました。
完全予約制で時間ごとの来校者数を制限するなど、感染症予防にも配慮しながら行いました。
本来であれば学校説明会の時間も設けるところですが、今回は動画で代替させていただきました。
御不便をおかけしておりますが、御協力いただきありがとうございます。

クラス動画

文化祭中止という危機的状況をただ受け入れるだけではなく、本校では生徒会を中心に今できることを探して、生徒主体の活動を企画・実施しています。
クラス単位の動画制作もその一つです。夏季休業中から各クラスが工夫を凝らして撮影・編集してきた作品の鑑賞会を学年単位で行います。
本日は3年生の動画鑑賞会でした。力作ばかりでとても見応えがありました。さすがは3年生です。
企画力、段取力、行動力、チームワーク等、本校では授業だけではなく部活動や学校行事等を通じて総合的な人間力向上を図っています。

実習生を囲む会

教育実習生に大学生活などを話していただく会を行い、多くの生徒が参加してくれました。
実習生からは、大学の魅力や自身の活動(海外旅行やアルバイトの経験、サークル活動等)について興味深い話がたくさんありました。
また、高校生活や受験での成功または失敗談など、後輩たちに向けた貴重なアドバイスもしていただきました。
ありがとうございます。

保護者対象進路講演会

2学年PTA主催の進路講演会が行われました。
例年は修学旅行に向けたガイダンス等も併せて、さくらめいとのホールで実施しておりますが、今年度は修学旅行が延期になったことや感染拡大防止等を理由にリモートによる進路講演会となりました。
保護者の皆さんには各家庭等から、あらかじめお知らせしたZOOMの会議室にアクセスしていただき、ベネッセの講師による大学進学に関するお話をきいていただきました。
新型コロナウイルスにより学校にも様々な影響が続いておりますが、可能な手段を駆使しながら教育の質の確保や適切な情報提供に今後も努めてまいります。

教育実習

本校卒業生14名の教育実習が始まりました。
高校教諭を目指すということは、少なくとも自身の高校生活に満足した証と思われますので、我々教職員としてもこうして教え子たちが帰ってきてくれるのは大変喜ばしいことです。
一人一人に理想の教師像を尋ねたところ、全員が明確なポリシーを持ってしっかり取り組もうとしていることがよくわかりました。とても頼もしく感じます。

始業式

2学期の始業式をリモートで行いました。

<校長講話要旨>
毎年夏休み中に終戦記念日があります。今年は新型コロナウイルスの影響で例年通り実施できない追悼行事もたくさんありましたが、こんなときだからこそ戦争をしっかり見つめなおしたいとも感じます。
今、戦後初という出来事が次々と起こっています。様々な行動の制約などもあって、戦時中のような不自由を感じる日々です。
しかし、さしあたって生命の危機に直面していないのはありがたく、戦争とは大きく異なります。
ここ熊谷は終戦前夜に空襲を受け、大勢の人々が亡くなりました。
それを思えば、私たちには明日がほぼ約束され、無限ともいえる可能性が与えられています。
今まで通りにいかないこともまだまだ続くと思いますが、ピンチをチャンスに変える力が皆さんにはきっとあります。
可能性を信じて、恐れず攻める気持ちで生きてゆきましょう。

英語による課題研究発表会

理数科の1年生が英語による課題研究発表を行いました。
7月27日に日本語で行ったエッグドロップの研究発表です。
パワーポイントのスライドも口頭発表も質疑応答もすべて英語でした。
けっして流暢というわけではありませんが、研究成果そのものをわかりやすく伝える立派な発表ばかりでした。
本校では主体的な探究活動の一環として他者への発信、つまりアウトプットを最重視しています。

SSH生徒研究発表会

全国すべてのスーパーサイエンスハイスクールの生徒による研究発表会が毎年8月に神戸で開催されています。
今年は新型コロナウイルス感染症の影響でオンライン開催となり、ポスター発表の動画を提出しました。
本校の発表は一次審査を通過し、本日二次審査がありました。
全国222校中の63校、化学分野52本中の15本に選ばれたことになります。
二次審査は審査員によるZoomを用いたリアルタイムの質疑応答です。
審査員は大学の先生方なので大変高度で専門的な質問ばかりでしたが、生徒たちは落ち着いて的確に答えていました。
時間をかけて地道に実験データを積み上げてきたことが、自信になっていると感じます。

部活動体験

野球、サッカー、陸上、卓球、バドミントン、男子バレーボール、剣道、英語、自然科学の部活動体験が行われ、多くの中学生に参加していただきました。ありがとうございます。
本校では部活動を通じた人格形成を重視しています。入学後は部活動にも全力で取り組んでほしいと思います。
明日以降も他の部活動体験が予定されています。

English Speech Contest

恒例の校内英語スピーチコンテストが行われました。
出場した生徒たちは単に英作文をしただけでなく、広い視野で社会を見渡して見つけたテーマについて、自らの伝えたいことをしっかり言葉にしていました。
そして、原稿をほとんど見ることもなく、身振り手振りを添えて説得力のあるプレゼンテーションをそれぞれ行いました。
本校では日本語でも英語でも「発信力」を鍛えています。

生徒が制作した動画の鑑賞会

部活動や有志の生徒達が制作した動画の鑑賞会が、生徒会主催で開催されました。
それぞれ5分程度ですが、どれも見応えのある内容で映像効果などの工夫も随所に見られました。
さすがデジタルネイティブ世代の生徒達と感心しております。

終業式

1学期は始業式のないまま始まりましたが、本日無事に終業式を迎えることができました。
職員室と各教室をネットで繋いでのリモート終業式でした。
「新しい生活様式」ではありますが、生徒の皆さんの顔を見ながら話すことができなかったのはとても残念です。

<校長講話要旨>
高校生棋士の藤井聡太さんは、学校も対局もなかった期間を振り返り「自分の将棋と向き合う良い機会になった」と言っています。「このまま対局が行われなければ最年少タイトル獲得のチャンスが失われてしまう」と周りがヤキモキするなか、本人は冷静に自分の将棋を分析し、弱点の克服に努めてきました。結果的に棋士としての成長につながり、棋聖のタイトルを史上最年少で手にしました。
新型コロナウイルスの影響でできないことがたくさんありますが、できることもたくさんあります。時間を無駄にせず、未来の自分のためになることをしましょう。

8月の学校説明会は中止といたします

8月5日(水)6日(木)に予定していた学校説明会は中止といたします。
昨今の新型コロナウイルス感染拡大の状況を勘案し、苦渋の決断をいたしました。
参加申込をしていただいた方々には大変申し訳ありません。
また、定員に達して受付終了した後も多くの問合せをいただいております。
学校説明会の代替となる動画をトップページに掲載いたしました。御覧いただければ幸いです。

 →学校説明会情報ページへ

募集人員について

令和3年度入学者選抜募集人員が発表されました。
本校は普通科で40名減員となります。 →普通科240名・理数科40名募集
今年度末の県内中学校卒業者数は昨年度末に比べて約1,400名も急減し、翌年はまた約1,400名急増します。
このための臨時的措置として本校を含む20校が募集人員減となりました。
したがって、志願倍率が極端に高まる心配はないと思われます。

土曜授業を行いました

本校では55分授業を実施することで隔週土曜授業実施校より多い授業時数を確保し、土曜日は休日として部活動や模擬試験等に活用しています。
しかし、今年度は新型コロナウイルス感染症に伴う臨時休校があったため、授業確保の観点から月に1回程度の土曜授業を行います。本日はその第1回目でした。
鉄道の休日ダイヤなど普段と若干異なる状況でも、生徒は元気に登校して8時5分からの朝学習にもしっかり取り組んでいました。
9月19日(土)と10月3日(土)の授業は一般公開します。本校入学を考えている中学生の皆さんなどに、ぜひ来校いただければと思います。

部活動が始まりました。

少しずつですが、日常が戻ってきております。
今週から部活動も再開されました。
まずは短い時間で負担の少ない活動からですが、放課後の活気ある音が聞こえるようになり本来の西高らしさが感じられます。
1年生も積極的に様々な部活動を見学して回り、仮入部した生徒も続々と増えています。ぜひ3年間部活動にもしっかり取り組んでほしいと思います。