校長室

校長日誌

青年海外協力隊経験者による講演会

県教育委員会による事業「持続可能な社会を生きるグローバル人材育成事業」の一環として、青年海外協力隊の経験のある方に御講演をいただきました。
南米エクアドルで栄養士として活動された方です。
見知らぬ土地の風土や文化、ボランティア活動の実際など、生徒にとって大変興味深いお話をしていただきました。

将棋部が全国大会出場

本校将棋部1年生女子が埼玉県高等学校将棋王将戦で優勝しました。おめでとうございます。
1月に徳島県で行われる全国高等学校文化連盟将棋新人大会に出場します。

修学旅行を実施しました

2泊3日で福島方面への修学旅行を実施しました。
歴史・文化の学習と東日本大震災の学習を盛り込んで大変充実した内容でした。
また、全員が健康管理と感染症予防に十分配慮して、無事に終えることができました。
御理解いただいた保護者の皆様、そして御尽力いただいた旅行社、バス会社、訪問先施設・宿舎等の皆様に感謝申し上げます。

高校生によるサイエンスフェア

県教育委員会主催の「高校生によるサイエンスフェア」が毎年開催されていますが、今年度はオンライン開催となりました。
多くの県民の皆様に高校生の科学研究成果や実験の様子などをお見せしたかったのですが残念です。
特設Webで各校の研究概要一覧が掲載されています。本校生徒の研究もありますので御羅ください。

→サイエンスフェア特設Web

課題研究発表会

理数科の課題研究発表会を行いました。
1年生はユニット型課題研究「エッグドロップ」の英語による発表、2年生は本格的な課題研究の中間発表です。
SSH運営指導委員の先生方にも御指導をいただきました。
研究成果もプレゼンテーションや質疑応答等の技量もまだ十分ではありませんが、年度末の発表会に向けてさらに努力を積み重ねていきます。

個別進学相談会

中学3年生向け相談会を実施しました。
感染拡大予防のため完全予約制として人数を限らせていただきました。
予約できなかった皆さんには大変申し訳ありません。
まだ今後も説明会や相談会を予定しておりますので、本ホームページを時々チェックしていただきますようお願いします。

自然科学部が全国大会出場

埼玉県科学教育振興展覧会において、本校自然科学部の研究が最優秀賞を受賞しました。おめでとうございます。
来月開催される日本学生科学賞に埼玉県代表として出場します。

救急法講習会

転入職員向け救急法講習会を行いました。
熊谷市消防本部隊員の皆様に、心肺蘇生法やAEDの使用等の実習を御指導いただきました。
安全・安心な学校づくりを目指しております。

朝礼

朝礼を行いました。

<校長講話要旨>
埼玉県では10月1日に全国初のエスカレーター条例が施行されました。
エスカレーターは立ち止まって利用するというルールです。
これまでは歩いて上り下りする人のために右側を空けるのがマナーとされてきました。
しかし、それは左手が不自由な方やお年寄り、小さなお子さんを連れた方などに配慮しない、一部の人達だけに都合の良いルールでした。
「多様性」が時代のキーワードとなっています。
様々な事情、心情のある他者の存在に気付き、互いに尊重し合い、思いやる社会を目指しましょう。

東京都美術館に本校生徒の作品

日本版画協会の第88回版画展が上野の東京都美術館で開催されています。
プロの作品群に囲まれて、3月に行われた版画甲子園の入賞作品コーナーがあり、佐渡市長賞を受賞した本校美術部の作品「トキマワリ」も展示されています。