校長室

校長日誌

保護者対象進路講演会

2学年PTA主催の進路講演会が行われました。
例年は修学旅行に向けたガイダンス等も併せて、さくらめいとのホールで実施しておりますが、今年度は修学旅行が延期になったことや感染拡大防止等を理由にリモートによる進路講演会となりました。
保護者の皆さんには各家庭等から、あらかじめお知らせしたZOOMの会議室にアクセスしていただき、ベネッセの講師による大学進学に関するお話をきいていただきました。
新型コロナウイルスにより学校にも様々な影響が続いておりますが、可能な手段を駆使しながら教育の質の確保や適切な情報提供に今後も努めてまいります。

教育実習

本校卒業生14名の教育実習が始まりました。
高校教諭を目指すということは、少なくとも自身の高校生活に満足した証と思われますので、我々教職員としてもこうして教え子たちが帰ってきてくれるのは大変喜ばしいことです。
一人一人に理想の教師像を尋ねたところ、全員が明確なポリシーを持ってしっかり取り組もうとしていることがよくわかりました。とても頼もしく感じます。

始業式

2学期の始業式をリモートで行いました。

<校長講話要旨>
毎年夏休み中に終戦記念日があります。今年は新型コロナウイルスの影響で例年通り実施できない追悼行事もたくさんありましたが、こんなときだからこそ戦争をしっかり見つめなおしたいとも感じます。
今、戦後初という出来事が次々と起こっています。様々な行動の制約などもあって、戦時中のような不自由を感じる日々です。
しかし、さしあたって生命の危機に直面していないのはありがたく、戦争とは大きく異なります。
ここ熊谷は終戦前夜に空襲を受け、大勢の人々が亡くなりました。
それを思えば、私たちには明日がほぼ約束され、無限ともいえる可能性が与えられています。
今まで通りにいかないこともまだまだ続くと思いますが、ピンチをチャンスに変える力が皆さんにはきっとあります。
可能性を信じて、恐れず攻める気持ちで生きてゆきましょう。

英語による課題研究発表会

理数科の1年生が英語による課題研究発表を行いました。
7月27日に日本語で行ったエッグドロップの研究発表です。
パワーポイントのスライドも口頭発表も質疑応答もすべて英語でした。
けっして流暢というわけではありませんが、研究成果そのものをわかりやすく伝える立派な発表ばかりでした。
本校では主体的な探究活動の一環として他者への発信、つまりアウトプットを最重視しています。

SSH生徒研究発表会

全国すべてのスーパーサイエンスハイスクールの生徒による研究発表会が毎年8月に神戸で開催されています。
今年は新型コロナウイルス感染症の影響でオンライン開催となり、ポスター発表の動画を提出しました。
本校の発表は一次審査を通過し、本日二次審査がありました。
全国222校中の63校、化学分野52本中の15本に選ばれたことになります。
二次審査は審査員によるZoomを用いたリアルタイムの質疑応答です。
審査員は大学の先生方なので大変高度で専門的な質問ばかりでしたが、生徒たちは落ち着いて的確に答えていました。
時間をかけて地道に実験データを積み上げてきたことが、自信になっていると感じます。

部活動体験

野球、サッカー、陸上、卓球、バドミントン、男子バレーボール、剣道、英語、自然科学の部活動体験が行われ、多くの中学生に参加していただきました。ありがとうございます。
本校では部活動を通じた人格形成を重視しています。入学後は部活動にも全力で取り組んでほしいと思います。
明日以降も他の部活動体験が予定されています。

English Speech Contest

恒例の校内英語スピーチコンテストが行われました。
出場した生徒たちは単に英作文をしただけでなく、広い視野で社会を見渡して見つけたテーマについて、自らの伝えたいことをしっかり言葉にしていました。
そして、原稿をほとんど見ることもなく、身振り手振りを添えて説得力のあるプレゼンテーションをそれぞれ行いました。
本校では日本語でも英語でも「発信力」を鍛えています。

生徒が制作した動画の鑑賞会

部活動や有志の生徒達が制作した動画の鑑賞会が、生徒会主催で開催されました。
それぞれ5分程度ですが、どれも見応えのある内容で映像効果などの工夫も随所に見られました。
さすがデジタルネイティブ世代の生徒達と感心しております。

終業式

1学期は始業式のないまま始まりましたが、本日無事に終業式を迎えることができました。
職員室と各教室をネットで繋いでのリモート終業式でした。
「新しい生活様式」ではありますが、生徒の皆さんの顔を見ながら話すことができなかったのはとても残念です。

<校長講話要旨>
高校生棋士の藤井聡太さんは、学校も対局もなかった期間を振り返り「自分の将棋と向き合う良い機会になった」と言っています。「このまま対局が行われなければ最年少タイトル獲得のチャンスが失われてしまう」と周りがヤキモキするなか、本人は冷静に自分の将棋を分析し、弱点の克服に努めてきました。結果的に棋士としての成長につながり、棋聖のタイトルを史上最年少で手にしました。
新型コロナウイルスの影響でできないことがたくさんありますが、できることもたくさんあります。時間を無駄にせず、未来の自分のためになることをしましょう。

8月の学校説明会は中止といたします

8月5日(水)6日(木)に予定していた学校説明会は中止といたします。
昨今の新型コロナウイルス感染拡大の状況を勘案し、苦渋の決断をいたしました。
参加申込をしていただいた方々には大変申し訳ありません。
また、定員に達して受付終了した後も多くの問合せをいただいております。
学校説明会の代替となる動画をトップページに掲載いたしました。御覧いただければ幸いです。

 →学校説明会情報ページへ