校長室

校長日誌

今こそ「全力さわやか西高生」

緊急事態宣言が出され、臨時休校が続きます。
今後、生徒の皆さんにはこのホームページを通じて課題等の連絡もあります。
ただ、学校の授業をまるごと代替するような課題は難しいので、生徒一人一人の自学自習力が必要です。
本校では朝学習や探究活動など、日ごろから生徒が主体的に学ぶ訓練を行ってきました。
部活動や学校行事でも生徒自身が考え、行動することを何より重視しています。
そう、今こそ「全力さわやか西高生」の実力を発揮する機会です。
生徒の皆さんが自力で計画的に学習を進め、学校が再開したとき驚くほどの学力を見せつけてくれることを楽しみにしています。

入学式を行いました

新入生の皆さん、入学おめでとうございます。新型コロナウィルス感染拡大防止のため異例の形式となりましたが、皆さんの入学許可が無事に行えて大変うれしく思います。
これから始まる高校生活を私たち教職員や先輩たちとともに有意義なものにしていきましょう。

保護者の皆さま、本日はおめでとうございます。
入学式に参列いただくことができず申し訳ありません。
また、しばらくは臨時休校が続き、御家庭に負担をおかけすることとなりますが、御理解、御協力をお願いいたします。
学校からの連絡は主にこのホームページを通じて行いますので時々アクセス願います。
また、不明なこと、心配なことなどございましたら、学校まで御連絡ください。
学校が再開しましたら、これまで通り本校の特色ある教育活動を全力で実施してまいります。その様子についても順次お知らせいたします。
3年間どうぞよろしくお願いいたします。

卒業式を行いました

第43回卒業証書授与式を挙行しました。
新型コロナウィルス感染症への対応で出席者は卒業生と教職員のみとし、座席間隔を広くして全員マスク着用で実施しました。
式辞や祝辞を省略して印刷配付にするなど、時間短縮も図りました。
異例の卒業式となってしまいましたが、卒業生の皆さんは最後まで立派な態度で参加し、送辞・答辞も堂々たるすばらしいものでした。
出席を御予定いただいていた保護者や来賓の皆様には大変申し訳ありませんでしたが、どうか御理解ください。

臨時休業

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、本日より臨時休業とします。
生徒の皆さんは趣旨を十分に理解し、不要不急の外出を控えてください。
今年度の学習内容を復習する機会と前向きに捉えて、今できることを全力でしましょう。
この状況が改善されて無事に新学期が迎えられたとき、十分に力が発揮できるよう準備してください。

埼玉大学新学長訪問

埼玉大学の現学長様には本校のSSH運営指導委員として、年間を通じて様々な助言をいただいてまいりました。
今年度末で退任されるとのことでしたので、新学長様にも御挨拶に伺いました。
学長様御本人が難しい場合にも引き続き埼玉大学からSSH運営指導委員を派遣していただき、今後も高大連携を強力に推進することをお約束いただきました。

教員志望者説明会

埼玉県教育局教職員採用課から講師をお招きして、教員志望の生徒向け説明会をおこないました。
職務内容などは私たち現場の教員からも伝えることができますが、採用試験についてや勤務条件についてなど行政ならではの説明もあり、生徒たちには大変参考になったようです。
「採用試験に向けてどんな勉強をすればよいか」等のほか、働き方改革に関する質問などもあり、将来の職業として真剣に考えている生徒がたくさんいることに頼もしさを感じました。

理科教育研究発表会(高等学校生徒の部)

埼玉大学において埼玉県内の高校生が一堂に会する理科研究発表会があり、参加生徒数約500名、発表件数約160件と盛況でした。
本校からは24件もの発表があり、他校を圧倒する数でした。
発表内容もすばらしく、日頃から磨いてきたプレゼンテーション能力やコミュニケーション能力が存分に発揮されていました。
各研究に対して、それぞれ大学の先生方や大学院生の皆さんから御指導をいただいてきました。それを参考に生徒一人一人が今後もさらに研究を進めていきます。

SSH生徒研究発表会

さくらめいとにおいて生徒研究発表会を実施しました。
理数科の課題研究はもちろん、普通科の探究活動、ビブリオバトル学校代表、英語スピーチコンテスト学校代表など盛り沢山の内容で、様々な生徒の活躍を見せてもらいました。
発表に対する質問もとても盛んで、全校生徒がアカデミックでエキサイティングな時間を共有しました。
ゲストで参加してくださった大学の先生方や県教育局指導主事の先生方からの講評においても、お褒めの言葉をたくさんいただきました。
本校のSSHでは、このように生徒の発信力、プレゼンテーション能力の向上に重点を置いて取り組んでおります。

百人一首大会

校内百人一首大会の決勝を行いました。
1・2年各クラス代表4名による団体戦と個人戦です。
さすがにクラス代表だけあって皆すばやく、大変白熱した対戦が行われました。
個人優勝者は2回の合計で122枚取って圧勝でした。

薬物乱用防止教室

日本薬科大学から講師をお招きして、薬物乱用防止教室を実施しました。
具体的な事例や写真を数多く示していただき、薬物の害や誘惑の実態などを具体的に説明していただきました。
麻薬など薬物の脅威は暴力団や芸能人のような特別な世界の話ではなくなっています。
生徒たちも真剣に耳を傾けてくれました。