進路なう

【進学の熊西】2年河合塾進路講演会が行われました【統一進路】

2月8日(木)6限に統一進路で「2年進路講演会」が行われました。

 

目的:本校での最上級生になるにあたって、決意を新たにする機会とする。特に、進路実現のためのより良いスタートの一助となるよう幅広い進路情報の提供の機会とする。

 

演題は「現役合格に向けて ~大学入試を知る・高2の今からやるべきこと~」ということで、講師に河合塾 学校サポート本部 東日本営業部の青木 雄将先生をお招きしました。講話は2部構成とし、第1部では大学入試を知るとして、大学入試の仕組み、近年の大学入試、国公立大や私立大成績層別変化、国の施策や大学に求める変化、2025年度からの新課程のポイント、共通テストの変更点、情報Ⅰの取り扱いと内容等についてご講話をいただきました。また、第2部では、高2の今からやるべきこととして、学習の量、学力伸長について、目標設定と模試活用、模試成績表の見方・設問別成績、判定とボーダーライン、得意と伸びしろ、受験生の不安、教え合い・学び合い等について具体的な指標を明示して明快かつ具体的ご講話をいただきました。

生徒達もこれから本格的に受験勉強に移行していく上で何が必要で、何が足らないのか、課題を意識しながら真剣に講話を聞いていました。

「3年0学期」真っ只中ですが、2年生も「授業最重視」を堅持しつつ、学習時間を最大限確保する。受験を意識して、 第一志望校の受験科目を確認、入試問題を実際に解き、見通しを立て、足りない部分を補強する。さらに、志望大学の過去問を早めに見通し、過去の大学入学共通テスト問題にチャレンジすることで、現在の実力を確認し、今後2月から3月、さらには春休みに取り組むべき課題を見つけてほしいと思います。そして行動に移してほしいと思います。迷ったら即行動するのみです。試行錯誤しながら自分のペースを掴んでいくのです。2年生はいよいよ、進路指導方針キャッチフレーズ「勝負の2年生~大学入学共通テストレベルの完成~」の終盤を迎えます。そして今後は、3年生の進路指導方針キャッチフレーズ「受験は団体戦~第一志望の貫徹~」に移行していきます。その達成に向けて邁進してほしいと思います。

先日の全統共通テスト模試、群馬大学説明会、今回の進路講演会を含め、こうした2年3学期の進路行事は、3年スタートを見越したものとなっています。

熊谷西高校はこうした組織的で計画的な進路指導をすることで、「授業第一主義、自学自習、教え合い・学び合い」の文化を深め、第一志望大学合格への手厚いフォローを行っています。

 

現役合格に向けて

青木講師の熱い講演

メモを取りながら真剣に講演を聞く2年生