進路なう

【進学の熊西】三者面談始まる【生徒・教師・保護者の力を合わせて】

6月3日(月)から6月10日(月)まで三者面談が行われています。

学校生活のこと、進路に関わること、類型や科目選択等、短い時間ではありますが、情報交換をしながら、有意義な時間を共有できればと思います。1年生にとっては入学後2ヶ月を経て、2年生にとっては中核学年と同時に1年後に向けた勝負の時期、3年生にとっては、保護者や生徒と進路について第一志望の方向性を確認していく重要な面談となります。

熊谷西高校では三者面談も、「ブレのない組織的な取り組み」として、学校が一体となり実施しています。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

各学年からは、多くの資料も配布されます。

 

進路指導部からは、

①進路主事だより ②テレメール ③合格ライン ④進路だより<受験の手続き>(3年) ⑤受験生の保護者が使う本(3年)

⑥共通テストの基礎知識(3年) ⑦夏期補習計画(3年)等の資料を配布しています。

進路指導主事だより「WEST」は、本校の進路実績およびその分析、進路指導方針、3年間の月別重点目標とストーリーを掲載しています。毎号旬な情報を提供し、熊西の進路指導に一貫性を持たせています。特に3年生は、毎月1回の割合で発行しています。この記事の一番下にもリンクをしてありますのでどうぞご覧ください。

 

 

⑦夏期補習計画(3年)にあたっての補足事項

熊西では現段階で3学年の夏期補習の開講講座が決定しており、生徒に一覧が配布されます。このように熊西では夏期補習を中心とした進学サポートに向け、先を見越した進学指導を行っています。

予備校や塾の申し込み時期前に、学校で出来うる限りの学習支援を用意し、予備校や塾に行かなくとも集中的で組織的な補習を受講することで、受験対策に対応できる講座を用意しています。

熊西は、補習も体系化するために、以下の方針に則り、精選され、効果的で実効性のある補習講座を開講しています。

 

 

【3年夏期補習開講方針】

1.志望者の多い埼玉大・群馬大・GMARCHを念頭に設置する。

2.共通テストの全国平均を超えることを目安に、共通テスト演習を行う。

3.夏季休業中の一時期に補習が偏らないように編成する。

4.文理ともに重要な英語の補習時間に他の補習を重ねない。 

5.教科会で協議を行う。

 

1、2年生も、夏休み第1週に、国・数・英3科目を中心に集中的な夏期進学補習を開講します。

補習を「活用」し、自学自習の時間を確保しながら、基礎を固め、効果的な演習を行ってほしいと思います。

 

 

今日も、自習室や渡り廊下の長机では、勉学に励んだり、教科担任の先生への質問など、自学自習に励んでいました。校庭や体育館では部活動も行われています。

 

3年生は三者面談中の午後の時間を最大限活用し、大学説明会(個別入試説明会)が実施されました。

6月5日(水) 埼玉県立大学・学習院大学

6月7日(金) 埼玉大学・明治大学・法政大学

の5大学の説明がありました。

 

三者面談中でも、

学びに溢れている学校。

それが、熊谷西高。

流石、英姿颯爽、西高生!

 

 

面談風景① ~先生からの的確なアドバイスがある~

面談風景② ~ICTも利用してデータに基づいた面談をする~

              

                    面談会場前 ~面談の流れを示す~

面談会場前では進路指導部からの配布物を掲示し、熊西の進路指導の流れを示す

ご家庭への配布物

国公立大学の魅力が掲載された冊子や進路雑誌も

三者面談の裏側では、自学自習に生徒が励む ~東側渡り廊下の長机~

西側渡り廊下の長机も自学自習する生徒で溢れていた ~教え合い・学び合い~

真剣な眼差し ~時間は有限~

満席の自習室

 

      

        

                    進路主事だより「WEST」(三者面談号)

                   ~進路実績と分析・3年間の月別ストーリー~

 

                    進路主事だより「WEST」ページ一覧