進路なう

【進学の熊西】熊西の全てが学び!【進路指導室から見える風景 2024年6月】

 

THIS IS US!

We strive to be the best academically, culturally, socially in character development.  

 

ここに、英姿颯爽を象徴する写真があります。

体育祭の終盤の一コマ 

全力、そして、爽やか。

 

体育祭から約1ヶ月が経ち、

3年生は受験勉強に励みます。

 

授業中に廊下に響く先生の声、生徒達の教え合いの声、

「静寂」の中の「躍動」が感じられる学舎。

 

「授業第一主義」「早朝・放課後・長期休業中補習」「個別指導」「自学自習」「年間を通じて行われる面談」「多彩な模試」「充実した進路指導」「SSHや探究活動」で予備校や塾に通わずに「学校完結型」で進路実現を可能にする恵まれた環境で、勉学に励みます。

 

時代の変化に応じた取り組みの進化や質の向上の積み重ねで成果を保障していくのが熊谷西高校です。

熊西の生徒達は、3年間で大きく成長し、変容します。

「タフで、優しく、賢い」生徒に育ちます。

 

 

<進路指導方針>

「立志教育と進路実現」を基本方針とし、国公立大学や難関私立大学へ、第一志望での現役合格と自己実現に向けた高い志を貫徹させるため、入学当初から個々の生徒の理解に努め、組織的・計画的・継続的な進路指導を展開する


1.「高校生活3年間のすべてが進路指導である」という認識を全職員が共有する。

2.「授業第一主義」で学力向上を図る。

3.「第一志望実現」のため、3年間を見通して、学年・教科・分掌等、学校全体での連携を図り、企画立案、実行する。

4.3年間を通して「自学自習」「教え合い」「学び合い」の風土を醸成し、知的探究心の高揚、学問的・人間的視野の拡大を図る。

5.高い志を抱き、品格と柔軟性、独創性のある、将来の日本や世界を支えるリーダーを育てる

6.保護者との相互理解を図り、家庭と学校の協力体制を築く

 

この方針の中で、学校全体で生徒の進路実現をサポートしています。

そして、進路実現を見据え、しっかり学習させます。

 

まさに、こうした日々の写真に、生徒の頑張りが映し出されるのです。

 

 さぁ、1日が始まる。自転車マナーの良いのも西高生。自転車登校も青春の一コマ。

早朝の渡り廊下 ~朝日を浴びて~  奥に見える教室内でも朝学習に励む多くの生徒の姿が見えます。

朝8時20分の自習室

授業は真剣勝負。熊西は「授業第一主義」を貫く。 ~受験や入試問題に精通し、生涯学習の基盤となるリベラルアーツにも通じる、アカデミックで質の高い講義はもちろん、適時にアクティブ・ラーニング、ICTやオリジナルプリント等も活用し、学力を伸ばすためのベストな授業が展開されている~

昼休みも寸暇を惜しんで自学自習に励む。

満席の自習室 ~早朝も、昼休みも、さらに放課後の完全下校夜7時まで学び続ける~

「自学自習」の文化が伝統となり、根付いてきました。今年もこの風景を日々見届ける季節になりました。

この集中力も西高生の持つ能力です。

廊下では「教え合い・学び合い」。校内の全てが学び場である。

良き学習文化が継承されています。

渡り廊下では、夕焼けの光を浴びながら女子生徒が肩を並べて受験勉強に励んでいました。

放課後の課外補習も行われています。

窓の外では、部活動で汗を流す。

土曜日の自習室 ~土曜日も登校して学習する~

土曜日も自習室の他、教室で自学自習に励んでいました。

「フィジカル パッション 演習量」

進路指導主事が講話の度に生徒達に伝える「進路実現の合言葉」。

3年生の生徒達が体育祭のクラスTシャツで体現してくれました。

ユーモア溢れる生徒も沢山います。

 

「勉強」は終わりのない長い道のり。

 

しかし、熊西には、楽ではない「学び」を楽しくする沢山の「シカケ」が存在します。 

 

熊西の全てが学び。

 

こうして、熊西の学風は築かれていくのです。

 

中学生の皆さんも、この学風の中で大きく成長してみませんか。