日誌

[バスケットボール部女子] 新人戦県大会出場1番乗り!

 新人大会北部支部予選が始まりました。この大会は、各学校の修学旅行を考慮して日程が組まれます。西高女子バスケット部は10/27(日)に1回戦、11/2(土)に2回戦を戦い、無事勝利を収め、ベスト8に進出するとともに県大会出場の切符を手にすることができました。(この日県大会出場を決めた学校は熊谷西高校女子バスケット部のみなので、北部からの県大会出場1番乗りということになりました。)

 初戦となった10/27は、中間考査終了2日後ということもあり、スタミナ、シュートタッチなど不安要素がたくさんありました。しかし、出だしこそイージーシュートがリングに嫌われ、我慢の時間帯がありましたが、徐々にペースをつかむとシュートタッチも良くなり、メンバー全員得点(5月からバスケットを始めたメンバーも公式戦初得点を記録!)で、最終スコア 熊谷西 122 - 41 秩父農工科学(29-11,36-7,35-8,22-15) と完勝することができました。

 続く2回戦は桶川高校と対戦。ここで勝てば県大会出場が決まるとあって、この1週間は本来体育館が使えないところをバレーボール部に譲ってもらい練習をするなど入念に準備をした結果、出だしから好調を維持し、第1ピリオドで31-2と大きくリードし、ほぼ勝利を決定づけました。その後は多少緩む場面もあったものの、熊谷西 89-34 桶川(31-2,18-8,24-12,16-12) と全メンバー出場で勝ちを収めることができました。

 西高女バスのメンバーで中学校時代に県大会に出場した経験がある部員は、2年生2人、1年生1人とごくわずかです。しかし、努力の積み重ねによって何とか一つのハードルを越えることができました。(今年のインターハイ予選でベスト8のシードを確保しておいてくれた現3年生にも感謝です。)今年の西高女バスのキャッチフレーズは、" We  are  heroines  on  the  court ! " です。今日の君たちは、間違いなく主役(ヒロイン)として輝いていたよ!

 なお、2試合ともたくさんの保護者の皆さんや同じ会場で試合のあった男子部員たちの応援が大きな力となりました。本当にありがとうございました。11/16(土)がベスト4を決める試合になります。これで満足する気は毛頭ありません。持てる力を出し尽くして上位シードチームにぶつかります。今後とも応援よろしくお願いします!