日誌

遅まきながらの新歓登山2021

7/17(土)秩父山系の伊豆ケ岳に遅まきながらの新歓登山に行ってきました。

コロナ禍の影響を受け昨年は新歓登山で武甲山、秋に赤城・黒檜山の2回しか山行に行けませんでした。

今年はさらに厳しく、やっと日帰りの登山ができるようになり、新歓登山を行うことができました。

正丸駅に集合の後、9:07に出発し舗装された林道を30分登っていきます。左に馬頭尊が見えるとそこが登山口です。

      <暑い中林道を歩く>           <沢沿いの林道入り口>

登山道からは沢沿いの道を歩いていきます。樹林帯の中を歩いていき、尾根に出ると眺望が開けてきます。

     <沢沿いを登り詰める>        <尾根線からのわずかな眺望>

尾根を登っていくと小ピークの五輪山に到着です。タイムリーな名前に苦笑しました。ピークを過ぎると山頂直下の男坂・女坂の分岐点です。

    <五輪山・山頂>                 <男坂入口>

山頂まで迷うところでもなく時間もわずかなので、男坂を上る班と女坂を上る班に分かれて登りました。

伊豆ケ岳山頂到着は11:04、休憩を入れて約2時間の登りでした。

山頂でゆっくりと昼食を取り、西武ドームや東京の高層ビル群を見てから、13:25下山開始です。

     <山頂からの眺望>             <急な尾根を下る>

  <沢筋に向かう分岐点へ降りていく>          <沢筋の道>

正丸駅到着は13:48、下りは約1時間30分でした。次回は暑さが納まった秋に、状況が許せば谷川岳に行きたいと考えています。1年生も山道の歩き方など経験し、次回はもっとうまく足運びができると思います。