日誌

<合唱部>埼玉県合唱祭に参加しました!

6月23日(日)、熊谷文化創造館さくらめいとで、埼玉県合唱祭が行われました。

1年生はこれがデビュー!

曲は、「翼をください」「ヒカリ」(松下耕作曲、3部合唱バージョン)です。

先日、声楽家の原田先生にご指導いただいてから、部員達は真剣に取り組んできました。

合唱の基本は、「よく聴くこと」です。自分の声、仲間の声、そして「ヒカリ」については、伴奏のピアノもよく聴かなくてはいけません。ともすれば自分の世界に入ってしまいがちなのですが、それでは美しいハーモニーを響かすことはできません。今回は、特に男声にその注意を多くしたと思います。

しかし、曲の世界に浸って気持ちよく歌う、というのは音楽の原点でもあるので、否定するつもりもありません。

大切なのは、「バランス」なのです。それができた時に、一つの音楽ができあがります。

練習を重ね、段々音楽が形になってきて、前日の練習は部員全員+助っ人(1年生女子が1人アルトの助っ人で出てくれました^^)で充実した練習ができいました!あとは本番を迎えるのみ!そしてその夜・・・

「先生、M君が発熱だそうです・・・」

と部長から連絡が。ええええ!

兼部しながら一生懸命練習し、誰よりも音楽を体全体で表現してくれていたのに、本番に出られませんでした(泣)

だから、全員でM君の分まで頑張ろうと話しました。

「舞台にはM君の生霊も一緒に!」(←何かが違う。)

埼玉県合唱連盟のマスコット、「たまりん」のボードと一緒に。

8名という少人数ですが、昨年は4人で歌ったので倍の人数です!

よく響くさくらめいとの舞台で、伴奏の柏原さんの美しいピアノとともに、歌声を響かせることができました。

そして、2年生の小川さんがこのステージをもって合唱部から去ります。

元々兼部している部活メインだったのですが、昨年から幹部になり、真面目に頑張り相当ハードな日々を送っていました。正式に副部長になったそうで、2つの部活が無理そうだということで、残念ですが合唱部を引退します。

「ずっと合唱部を応援してますから!」

と言ってくれて、後輩達にもエールを送ってくれました。

昨年、3年生が1人しかいなかった合唱部に、1年生が3人入ってくれてなんとか活動できていました。

今の合唱部があるのも2年生のおかげです。小川さんも、これからも自分がやりたいことをめいっぱい頑張ってほしいと思います!

今までありがとう!