最近の熊西

小さな美術館

 今、職員室からHR棟につながる渡り廊下には、3年生の美術選択者が授業で描いた絵が飾られています。以前に御紹介した美術部員の絵は校長室の横にありますし、本校は今、小さな美術館のようです。

テーマはシュールレアリスムということで、不思議な絵ばかりです。

 また、ただの平面ではなくて、絵の上にさまざまな素材を貼り付けて立体的なものにしてあったりします。なかなか面白いアイデアに、感心しながら歩いています。

 絵の下には、題名や表現の意図なども書かれていて、楽しいひとときが味わえます。さすが授業とはいえ3年間美術をやろうと意欲を持った人たちの作品だなあ、と思わされました。

 「全力 さわやか 西高生!」