今日の熊西

「花」と「思い」

 連休前に、本校に以前お勤めだった方から、丹精込めてお育てになった菊の花を3鉢いただきました。それぞれたくさんの蕾もついていて、秋を長く楽しむことができそうです。

 本当は生徒の皆さんに最も知ってほしいことですが、学校という場所には、多くの人の「思い」が寄せられています。在校生や保護者の方、教職員はもちろんです。卒業生の方や、それぞれの御家族や御友人の方や、近隣にお住まいの方、また今回のように以前お勤めになった方など。学校に関わるさまざまな方が、自分自身の思い出のためだけでなく、生徒の文武両道への活躍や、今後の成長への可能性に期待を寄せてくださったり、若さの持つ輝きに好意を向けてくださったりしています。生徒の皆さんが、そうした自分の周囲の方々の「思い」に鋭敏であってほしいと、願っています。

 「全力 さわやか 西高生!」