今日の熊西

県民の日茶会の様子です。

 昨日の11月14日(木)、熊谷市鎌倉町の星渓園で開かれた「星渓園 県民の日茶会」の様子を御紹介します。この茶会では、立正大学・熊谷女子高校・熊谷西高校の茶道部が、庭園内の星渓寮・松風庵・積翠閣の3つの茶席を交代で利用しながら、お客様にお茶を差し上げます。今年の熊谷西高校は星渓寮を担当しました。

 床の間のしつらえも秋の色で、掛軸の「和敬清寂」の文字どおりの雰囲気です。花のほかに、香合が飾ってあります。

 心のこもったお点前で、一服いただきます。釜には唐松の地紋。抹茶を入れる容器である「棗(なつめ)」には、秋草の蒔絵がほどこされています。

 普段から御指導いただいている先生が見守る中で、おもてなしの心を形にすることができていたと思います。お客様に楽しんでいただけましたでしょうか?いらしていただいた皆様に感謝いたします。

 立正大(裏千家)、熊谷女子高(表千家)、熊谷西高(江戸千家)と、それぞれの個性を持ちつつ調和しているお茶会に、また足をお運びいただければ幸いです。

 「全力 さわやか 西高生!」