おすすめ本の紹介2019

[図書館]図書委員おすすめ本

『人狼ゲーム』

川上亮/著  AMG出版

この「人狼ゲーム」という本はシリーズがいくつかあり、どれも最後までゲームの結果が予想できないのが魅力です。

「人狼ゲーム」とは、村人陣営と人狼陣営の2つに分かれたプレイヤー達がそれぞれの陣営の勝利を目指して戦うゲームです。

生き残っている人によってゲーム状況が変化するので、展開の移り変わりが早く、飽きずにさくさく読み進めることができます。

この本は、村人陣営の愛梨を中心に物語が進められており、人間がだましあって必死に生き残ろうとする姿が描かれています。

人間の醜さ、優しさなど様々な感情の描写があるので、登場人物の心情に注目して読むと、この本をより楽しめると思います。

ミステリー要素もあり、次々に明らかになっていく謎も楽しめ、読み応えのある作品です。

ぜひ、誰がこのゲームを制するのか予想しながら読んでみてください。

(2年・M)

 

さて、にしニャン。いかがですか?

 

にしニャンこれを読んで、「人狼ゲーム」とはどういうものかがわかりました。

 

 

……さようですか。