<<最新情報>>

【探究の熊西】2年探究活動「3D都市モデルを活用したまちづくり」ガイダンス

2年生の探究活動では、各分野・テーマに分かれて探究・研究を行っています。

その一つに表記の探究・研究があり、6/3(月)SS探究の時間に熊谷市役所の方からガイダンスを受けました・。

 

 <ガイダンス用リーフレット>         <熊谷市都市計画課の皆さん方>

熊谷市の概要説明や人口動態の説明があり、人口が減るとまちはどう変わるのかの問いかけがありました。

その問いに対しグループワークを行い、それぞれのグループから意見が出されました。

 

 

自分たちのこととして県立高校の統廃合の件なども紹介され、本題の3D都市モデルについての説明と、

その活用事例およびソフトウエアの「Re:Earth」の話がありました。

9月から全8回行われる実施内容(最終的に行う発表会と、政策提言についても)など今後の流れについて

説明がありました。

最後にこのガイダンスのまとめとして、本校の近くの籠原駅南口周辺エリアに何があると嬉しいか、

グループワークと意見発表がありました。

 

  

まちづくりの課題を知り、実際の現場に行ってみて、解決策を考えます。その後Re:Earthの基本操作を学び、

3D都市モデルの作成を開始します。中間報告・発表準備を経て校内発表をして、代表グループ2つを決め

市内の熊谷商業・工業高校2校とともに、立正大学熊谷キャンパスで1月に発表と政策提言を行います。