<<最新情報>>

熊谷地方気象台施設見学

12/14(月)6限の授業と課題研究の時間を使って、熊谷地方気象台へ理数科1年生が見学に行きました。

 

<熊谷地方気象台入口と、門の表札>

 

天気予報などでおなじみの気象台ですが、実際に行った人はほとんどいません。日本最高気温を記録したのは、まさにこの場所です。実際に観測している場所(露場)の見学を中心に説明していただきました。

<露場と施設・奥にあるのがウインドプロファイラー>

 

観測機器の特性や計測の原理・方法、留意点などを実際の機器の前で説明していただきました。

<露場での説明と日本最高気温を記録した温度計><露場の周りには生物指標となるさまざまな植物が>

 

雨量計の原理(転倒マス)の実演や、風力風速計の実演説明もしていただきました。

<雨量計の実演、奥は風速風力計 実際に観測している風力・風速計は建物の屋上にある>

 

日本で33か所しかない上空の風の動きなどを観測する、ウインドプロファイラーの原理なども実際の施設の前で説明していただきました。

 

現在はほとんどが機械化・無人化されて観測されていますが、人間の目などでしか観測できないものもあります。例えば初氷や初霜、桜の開花などです。

<初氷などを観測する年季の入った「たらい」鳥よけにワイヤが張ってある>

 

今回は地学のユニット型研究~過冷却~の一つとして気象台の見学に行ってきました。実際の気象台の観測や業務を知ることで、日々の天気予報や気象学について関心を持ってもらえればよかったと思います。実際の大気・海洋などでは過冷却現象が様々な気象現象を引き起こしています。今回は見学や業務の説明がメインでしたので、今回の見学を振り返りながら学校で確認していきます。