<<最新情報>>

【探究の熊西】生物実験!アルコール発酵

3年理系と理数科の生物の授業にて、市販のドライイーストとグルコース溶液、

キューネ発酵管を用いてアルコール発酵の実験を行いました。

さらに、応用実験として、発酵液を使ってヨードホルム反応も行いました。

お酒やパンのできる仕組みや、その化学反応式を確認しながら考察しました。

 

 

↓ ドライイーストとグルコース溶液を、ダマができないように丁寧に混ぜます

↓ キューネ発酵管に溶液を入れます。

      盲管部に気体が残らないようにするのに一苦労

↓ 40℃と常温(22℃)で発酵中。

   30秒ごとに気体の量を測るので、班で協力して手際よく進めます