<<最新情報>>

SSH課題探究|普通科1年探究活動グループ発表会

普通科1年ではSSH探究活動のスタートとして、「課題を見つける・問いを立てる」 実習を重ね、「課題設定力」 を育成してきました。そして 『自分はなぜ学ぶのか』 をテーマに、問いを立てることから学ぶ意味を探究する活動へとステップアップしました。
二学期に入り、クラス内でKP法(紙芝居プレゼンテーション)による1回目の発表会を行いましたが、2回目の今回は、「クラス混合形式」で行いました。はじめて対面する人の前で行うプレゼン。どんな様子だったでしょうか?

虫眼鏡ブレーンストーミングを兼ねて自己紹介から。グループは異クラスの生徒ばかりです。自己紹介もKP法で行っています。

虫眼鏡教室の後黒板には、KP法の説明が掲示されていました。

虫眼鏡プレゼンテーションがはじまりました、

虫眼鏡様々なスタイルで発表がおこなわれました。

虫眼鏡『なぜ学ぶのか』をテーマとしたプレゼンの「紙芝居」

虫眼鏡様々な考え方がありますね。とても有意義な時間です。

虫眼鏡他者評価・自己評価、及び本日の振り返りをおこないます。どんな学びがありましたか?

 まさに、熊西SSHの理念~発信は新たな学びにつながる~の実践の場となっています。