<<最新情報>>

【探究の熊西】埼玉県科学教育振興展覧会(県一次予選)   5作品が中央展へ!

9月末より各科目の研究委員会(各科専門の先生方)で、表記一次審査が行われました。

本校からは9本出品し、全県では87本の論文が集まり審査が行われました。

そのうち30本が二次審査(中央展)に進むことができ、本校からは

化学2本、生物2本、地学1本の合計5本が中央展に進むことが決まりました。

これは松山高校と並んで県内最多の作品数です。10月末に審査が行われ、

30本のうち6本が全国(日本学生科学賞)に進みます。中央展へ進んだ作品テーマは次の通りです。

<化学>

・酸化チタン(Ⅳ)を用いた二酸化炭素還元装置の定量化

・硫化亜鉛ナノ粒子の発光特性

<生物>

・Hemerocallis属における生息地の違いと種分化に関する系統解析

・放散菌を用いた農薬作成

<地学>

・クレーターの形成と光条~さまざまな形成条件についての探求~