<<最新情報>>

【探究の熊西】生物実験!原形質分離

3年理系の生物の授業にて、オオカナダモやムラサキゴテンという植物細胞で用いて

原形質分離を起こす実験を行いました。

細胞は、外液の濃度によって自身の細胞内の水分量を調節します。

外液濃度が細胞内より高い(高張液)と、細胞内の水分が細胞外へ出ていき、

その結果、細胞膜が細胞壁からはがれます。

この現象を「原形質分離」と言います。

 

↓ 顕微鏡は一人一台。じっくり観察できます。

 

↓ 青線で囲った部分が一つの細胞。

  ムラサキゴテンにはアントシアン系の色素が含まれるため、細胞全体が赤く見えます。

↓ 原形質分離を起こした細胞。青く囲ったのが細胞壁。

  細胞壁から細胞膜がはがれているのがはっきりわかります。

↓ 実験には葉の裏側の細胞を用いたため、気孔もはっきり観察できました。