<<最新情報>>

【探究の熊西】第1回SSH課題研究発表会

6月17日(月)5~7限において、第1回SSH課題研究発表会が行われました。

研究発表のテーマと発表者は以下の通りです。

 

〈3年生〉英語発表

1.Characteristics and Classification of Natural Numbers Appearing in the Kaprekar's operation

  HONRYO Yuma, HONDA Yuiri

2.The Investigation of Compositional Ratio And Capping Effects of ZnS Nanopaticles

  YANAGI Hiroki, KOBAYASHI Daisuke, TAMURA Jin

3.The Realization of Pesticides Derived from the Amur Cork tree

  SHIMADA Kazuki, TABATA Tomonari

 

〈2年生〉日本語発表

1.カプレカ操作中に現れる数の特徴と分類  栗林、大畑、髙橋宥、山桝

2.もう1つのカプレカ数について  吉田、堀内、小林佑

3.グリーンフラッシュ(GF)の条件の明確化と再現  北内、中島、針谷

4.位置エネルギーを利用した三足歩行ロボットの改良と分析  中原、佐藤、湯澤

5.リニアモーターカーの仕組みを利用した簡易エレベーターを作る  浅賀、江森、久、松﨑志

6.小さいアサガオを咲かそう!  渋澤、竹内

7.野菜のキモチ  柳澤、小島

8.チームアライグマの活動報告~特定外来種アライグマとクビアカツヤカミキリの痕跡調査  髙橋毎、牧野、飯塚

9.硫化亜鉛ナノ粒子の組成分析と光化学反応  神田、片野

10.キハダの産地と含有成分の量の関係  根岸、小曽根、鈴木

11.よく跳ねるスーパーボールを作る  難波、塚本

12.熊谷西高校を中心とする風の関係性  加賀谷、門田、小林蒼、嶋

13.岩石天体の光条の形成要因  松﨑光、飯塚、大野

14.氷天体の光条の形成要因  岡戸、久保、高野

15.水と音の関係について~水琴窟を用いた研究~  佐々木、村上、平野

  

〈1年生〉日本語発表

  エッグドロップ 細谷、堀田、前田、三浦

 

まずは3年生の英語発表の様子です。先輩は英語を用いて堂々と発表しています。内容も難しく理解するのは大変ですが、1・2年生は先輩のかっこいい姿を見られてよかったです。

 

〈3年生 数学分野〉

 

〈3年生 化学分野〉

 

 次は、2年生による実験におけるRQ・仮説・計画の発表です。

先輩から引き継いだ実験や新規の実験とあります。どの発表も生徒達の考えがよく伝わってきました。

 

〈2年生 物理分野〉

 

 〈2年生 化学分野〉

 

〈2年生 生物分野〉

 

〈2年生 地学分野〉

 

〈2年生 数学分野〉

 

〈2年生 情報分野〉

多くの質問が生徒同士で行われました。こちらも驚くような質問も出て感心しました。

みんなで質問力を磨いて、研究内容を深めていきましょう。

 

最後は1年生です。入学して2ヶ月ですが、ユニット型課題研究(物理分野)について発表しました。

代表班による発表です。構造を上手に利用しています、素晴らしい!

 

 3年生の英語による発表は、本当に内容を理解したうえでの英語発表となっており、有終の美を飾りました。後輩は先輩の堂々とした発表を目に焼き付けたと思います。3年生はご苦労様でした。

 2年生の発表では質疑応答が活発に行われました。特に継続研究をしているグループに元々研究していた3年生から質問が相次ぎました。2年生はこれらの指摘事項に的確に答えていました。

1年の発表はクラス代表ということもあり、よく工夫された実験とプレゼンでした。今後、他のユニット型課題研究でも頑張ってほしいと思います。

 

1・2年生は一歩づつ研究活動に取り組んでいきましょう。

みんなの研究活動が君たち自身を成長させてくれます。

「研究は違いを生む」

研究する意思と行動は、一歩を踏み出す勇気を与えてくれます。

英姿颯爽!がんばれ、熊西!!