校長室

終業式

1学期は始業式のないまま始まりましたが、本日無事に終業式を迎えることができました。
職員室と各教室をネットで繋いでのリモート終業式でした。
「新しい生活様式」ではありますが、生徒の皆さんの顔を見ながら話すことができなかったのはとても残念です。

<校長講話要旨>
高校生棋士の藤井聡太さんは、学校も対局もなかった期間を振り返り「自分の将棋と向き合う良い機会になった」と言っています。「このまま対局が行われなければ最年少タイトル獲得のチャンスが失われてしまう」と周りがヤキモキするなか、本人は冷静に自分の将棋を分析し、弱点の克服に努めてきました。結果的に棋士としての成長につながり、棋聖のタイトルを史上最年少で手にしました。
新型コロナウイルスの影響でできないことがたくさんありますが、できることもたくさんあります。時間を無駄にせず、未来の自分のためになることをしましょう。