活動の記録

【自然科学部】探究博覧会に参加!優秀賞・学校奨励賞を受賞しました!

 8月18日(水)「探究博覧会2021」がオンライン開催され、参加しました。

 

 博覧会は、「SSH事業の一環として、探究活動に関して分野を問わない全般的な情報交換の場を設置して、学生の様々な場面における探究的活動の質的向上を図ること」を目的とし、工学院大学の主催で行われました。


 当日は、全国の高等学校等の生徒が参加し、テーマ(①アートで感じる探究の世界(周期表)、②競って見いだす探究の世界(濃度測定))に関するZoom発表会を行いました。

 参加高校:東京都立多摩科学技術高校、宝仙学園高校、群馬県立前橋高校、

       宮城県立石巻高校、福島県立安積高校、埼玉県立熊谷西高校 etc

 

・アートで感じる探究の世界(周期表)に自然科学部1年生5名1チーム(小川・富岡・中村・新山・吉澤)で参加しました。

『元素の周期表は物質を化学的に眺める際に役立つ地図みたいなものでもあります。そこで、皆さんに、周期表に何か情報を盛り込んだものをつくって欲しいと考えています。どのような情報を載せるか、その情報についてどのようなことを感じて欲しいか、感じて欲しいことを強く感じてもらうためにデザイン上でどのような工夫をしたか、つくり上げた周期表とその周期表への思いを送ってください。』 

 下記が本校生徒の作品と、主旨です。

 「イオンになった時の電荷量と電子殻」に注目して作りました。上の数字が価数で、その列の元素がイオンになったときの価数を示しています。赤色の元素は陽イオン、青色の元素は陰イオンになります。紫色の元素が希ガス原子です。オレンジ色の元素は遷移金属で、一価又は二価の陽イオンになります。灰色の元素はイオンにならない、又は非常にイオンになりにくい元素です。黄色の元素はランタノイドとアクチノイドをまとめたもので、大体三価の陽イオンになります。イオンが複数ある元素は一番なりやすく、安定しやすいイオンで表記しています。この周期表のいいところは、その元素がイオンになった時「何価の何イオンになるか」が一目でわかるところです。

 他校の生徒や先生方に一生懸命説明しました。

 

・競って見いだす探究の世界(濃度測定)に自然科学部2年生8名2チームで参加しました。

『濃度不明の指定された銅(Ⅱ)イオン水溶液の濃度を求める実験に挑戦してもらいます。原理から始まり、操作と結果を経て、濃度を推定してもらいます。実験を計画して実行する際に、安全面でどのような配慮をしたのか、実験の精度を上げるのにどのような工夫をしたのか、実際に実験してみて気づいたことは何かなども報告してもらいます。』

 

①銅(Ⅱ)イオン水溶液の吸光度(吸収スペクトル)から、濃度を求めました。

 大坂、佐野、中澤、山本で発表しました。発表資料の一部抜粋、発表の様子です。

 銅(Ⅱ)イオンの吸収と水の吸収を対照実験からしっかりと分離していました。

②銅(Ⅱ)イオン水溶液に銅よりイオン化傾向の大きい金属(マグネシウム、アルミニウム、亜鉛、鉄)を入れ、金属樹を生成した量から、濃度を求めました。

 木村、島﨑、樋口、渡辺で発表しました。発表資料の一部抜粋、発表の様子です。

 金属樹の生成過程における水素の発生分や沈殿物を計算から除き、一生懸命濃度を求めました。

 様々な実験のアイデア、発表の工夫が見られ、生徒の探究する力が発揮されました。

そのおかげで、それぞれ賞をいただきました。

今後もオリジナリティを大切にして、積極的に成長していってほしいと願っています。