今日の熊西

2020年6月の記事一覧

不思議な花

 各学年で言えば、ちょうど2組の教室の横になるのでしょうか。シモクレン(紫木蓮)の木に、薄いピンク色の花がいくつか咲いています。

 モクレンの仲間は、3月下旬から5月にかけて、葉がまだ出ないうちに花だけが咲きます。この時期に、大きな葉が茂る中から僅かに顔をのぞかせている花を見ると、不思議な気持ちになります。花の色も薄く、サラサモクレン(更紗木蓮。ハクモクレンとシモクレンの雑種。)よりまだ白いようです。(下の写真中央あたり)

 何か珍しい現象なのか、よくあることなのか、門外漢の筆者にはわかりません。しかし、コロナ禍で学校が臨時休業となっている間に咲き、散ってしまった花が、名残惜しい気持ちを表しているかのようにも思えます。SSH指定校のホームページで非合理的なことを書くのも気が引けますが、このコロナ禍で思うような初春から初夏を送れなかった生徒の皆さんにも、不思議な花が咲くような気がします。

 「全力 さわやか 西高生!」

0

今週は3者面談期間です。

 今日から3者面談(3者懇談)期間が始まりました。誰も経験したことがないコロナ禍の中ですが、保護者の皆様も担任の先生方も、生徒を成長させたいという同じ思いで、話をしていただいていることと思います。保護者の皆様には順番が来るまで廊下でお待ちいただくことと思いますが、各担任が廊下に向けて掲示した資料も様々です。ほんの一部を紹介いたします。 

 3年生の廊下を通ると、あるクラスでは挨拶文に添えて、懇談会で話題にする項目が掲示されていました。どんなことを話すのか、心の準備をする方もいるでしょうね。限られた時間を中身の濃いものにしていただければ幸いです。

 

 また、国公立大学・私立大学の合格目標偏差値一覧のポスターを掲示しているクラスもありました。これを見て、改めて闘志を燃やした生徒の皆さんもいることでしょう。頑張ってください!

 2年生の廊下を見ると、来年度3年生になったときに選択する科目の履修案内や、学年向け「進路だより」の年度当初からのバックナンバーが掲示されているクラスがありました。この内容を振り返ることで、社会人になってからの自分の人生の過ごし方を考える長期目標、大学受験を突破するまでの道筋を考える中期目標、目の前の自分の課題を解決するための短期目標が、それぞれ明確になるのではないでしょうか。

 

 また、コロナ禍で素顔でのやり取りが難しい中、一瞬マスクを取って息を止めて撮影したという集合写真を掲示しているクラスもあって、思わず顔がほころんでしまいました。素顔って良いものだなあと、とても新鮮な気持ちになりました。

 

 そして、西高ならではの探究活動を体験し始めた1年生の廊下には、SS探究基礎の時間に取り組んだ「本の紹介文を書こう」の作品集が掲示されていました。

 高校生に人気のある作品は、当然ながら数人が重複して紹介していることもあります。人それぞれ、心に残った場面が同じであったり違っていたり、「お勧めするポイント」やその理由が個々に異なっていたり似ていたりするのを読むと、人の心が動くということの不思議さを再認識させられ、感慨深いものがあります。

 こうして保護者の皆様に学校にお越しいただく機会が持てることの貴重さ、ありがたさに、改めて御礼申し上げます。今週一週間の面談期間を大切にしたいと思います。

  「全力 さわやか 西高生!」

 

0

生徒会新聞が発行されました!

 今日6月27日(土)、生徒会新聞が発行されました。内容は、生徒総会第4号議案の集計結果、や、西高グッズのクリアファイル・うちわのデザイン募集についてなどです。

 本校の生徒会はとても活発に活動していて、様々な行事の中心となって活躍してくれています。それなのに、今年は新型コロナウイルス禍で体育祭や西高祭(文化祭)などが開催中止となり、大変残念な状況です。しかし、さすがは本校の生徒会。「今できることで西高を盛り上げていこう!」と、西高限定グッズの製作を行うこととなりました。

 上に紹介した裏面の写真のように、多くのグッズがデザインされています。このラインナップに、さらに素晴らしいものが加わることを期待しています。また、できなかったことにとらわれて、うつむいてしまうことなく、できることに目を向けて力を尽くそうとする本校生徒の皆さんの態度を、誇らしく思います。

 「全力 さわやか 西高生!」

0

初めての土曜授業です。

 今日は、新型コロナウイルス禍のための臨時休業を補うための、初めての土曜授業が行われました。昨日は1年生の昇降口に飾られている花を紹介しましたが、今日は、恒例となっている職員玄関の花を紹介します。

 華道部の皆さんは活動した後、いつも職員玄関に花を飾ってくださいます。花の種類は昨日紹介したものと同じようですが、素材が生き物ですから、それぞれの違いが面白いです。

 今年はイレギュラーなことが多い年ですが、それぞれに咲く花もあると思います。咲かせたいです。

 「全力 さわやか 西高生!」

 

0

登校。迎えてくれるのは人だけではありません。

 6月26日(金)、今朝は今年度最初の登校指導が行われました。まだ各クラスで生徒の風紀委員が選出されていないため、交差点や校門の前に立つのは先生だけですが、生徒が元気よく挨拶を返してくれるのは嬉しいものです。8:05から毎日の朝学習に取り組んでいる本校では、生徒が校門を通過するピークは8時少し前です。朝学習は強制ではないのですが、8:05を過ぎると、校門を通過する生徒の姿は激減します。

 ついこの間まで学校の周辺では麦の穂が揺れていたのですが、あっという間に麦秋が過ぎ、早苗が伸び始めた田が広がっています。今は学校の周囲の道路工事が行われているため、、置かれている黄色い重機も見えます。

 1年生の昇降口を入ると、華道部が生けた花が迎えてくれます。新入部員募集のアピールですが、朝、素敵な花に出迎えられるというのは、やはりいいものだと思います。

 今日の放課後は「一斉部会」。1年生の皆さんは、どの部活動に入るか決まりましたか?文武両道で活躍してきた先輩も多い西高です。後に続いてほしいと思います。

 「全力 さわやか 西高生!」

0