最近の熊西

2020年9月の記事一覧

本校生徒の投稿が9月26日の読売新聞に掲載されました!

 9月26日(土)の読売新聞投書欄に、本校の生徒の投稿が掲載されました!

 本校では探究的活動に重きを置いて取り組んでいますが、2年生が探究活動の中でNIE(Newspaper in Education 学校教育に新聞を活用する運動)の一環として取り組んでいた投書が、読売新聞の投書欄にある「NIE投書編」のコーナーに掲載されました。7月6日に掲載された「『自粛』利他の精神必要」という文を題材に、日本がロックダウンするべきか否かについて論じたものです。

 2年の橋本花穂さんと馬場咲花さんの文章が、賛否両論の代表として選ばれ、学校紹介の文とともに掲載されました。著作権の関係もありますので写真は載せられませんが、本校の生徒たちの日々の取り組みが、さまざまなところで評価していただけるのは、嬉しい限りです。

 「全力 さわやか 西高生!」

 

0

日本画

 しばらく前から校長室の横に授業で生徒が描いた日本画が展示されています。題名などが掲示されたら紹介しようと思いつつ、日数が経ってしまいました。

 野菜などを彩色して描いた作品には、「一分五厘」とか「寄り添う」など、思い思いの題名がつけられていて、なぜそのような命名をしたかと想像するのも楽しいです。

 花もいいですが、こうした「実り」の秋もいいものです。

 「全力 さわやか 西高生!」

0

夏の名残の薔薇

 急に涼しくなってきました。本校の華道部の皆さんが玄関に飾ってくれる花、今回は飾られたその日に写真に収めることができました。

 まさに、「夏の名残のバラ」といったところです。アイルランドの詩人ムーアの詩は、民謡の旋律に乗って明治期の日本にも渡ってきて、「庭の千草」という題名の文部省唱歌に生まれ変わりました。日本語の詩では、薔薇でなく白菊として歌われています。皆様に素敵な秋が訪れますように。

 「全力 さわやか 西高生!」

0

2年生のクラス動画鑑賞会が実施されました!

 下の生徒会新聞(またまたA6判のかわいいサイズ!)にもあるように、クラス動画鑑賞会の第2弾として、2年生の部が開催されました。ちなみに、裏面の記事は、「くまにしはろうぃん」のポスター募集についてです。

 2年生もそれぞれのクラスが個性的な動画を作成しました。生徒たちは本当にアイデアが豊富で、感心してしまいます。

 クラスのシンボル(?!)的なものをモチーフにしたストーリーの作品や、映像技術的な工夫を凝らした作品や、たいへんに練習を重ねたであろうことが窺える作品など、盛り沢山でした。

 こんな素敵な作品を見せてくれた皆さんに感謝です。

 「全力 さわやか 西高生!」

0

図書委員会広報「銀杏」9月号が発行されました!

 図書委員会広報班の生徒が作成する広報紙「銀杏」の9月号が発行されました。特集の一つ目は、3月に発行される図書館報「あすなろ」掲載作品の投稿募集です。たくさんの応募があることを期待しています。特集の二つ目は、「『読書の秋』といいますが…」と題して、秋が読書に適しているとされた理由について考察しています。紹介された韓愈の漢詩、懐かしかったです。

 また、裏面は、図書委員読書案内班が編集する「今月の読書案内」です。7人の教育実習生が紹介する本が掲載されています。マニアックな本から流行りの本まで、また昔から読まれている、時代のターニングポイントとなった本などもあり、大変興味深いラインナップです。

 生徒の皆さんが、秋の読書に親しんでくれることを願っております。

 「全力 さわやか 西高生!」

0

授業公開・個別相談会を開催しました!

 今日は土曜授業が行われたのを利用して、中学生やその保護者の方向けの授業公開が実施されました。時折雨が降る中、たくさんの方にお越しいただきました。

 3密を避けるために受付を中庭前のテントにして、入口を4ヶ所に分け、消毒薬や資料についてもセルフサービスで提供いたしました。

 さまざまな制約がありましたが、多くの方が興味深く授業を御覧になってくださった様子が見受けられて、大変ありがたく思った次第です。

 

 また、午後からは個別相談会が催されました。事前に予約した50組ほどの皆様の質問に対応いたしました。やはり密を避けるために、廊下では番号ごとに待機場所を離しておくなどいたしました。

 忙しい中、本校に足を運んでくださった皆様、ありがとうございました!

 

0

1年生のビブリオバトル、学年代表決定戦です!

 数週間かけて行われていた1年生のビブリオバトル、いよいよクラスの代表同士の戦いです。今日はプロジェクターを利用して映像を各クラスに流す形で行われました。

 熱く本への愛を語り魅力を述べる姿は、とても素敵なものでした。

 発表が終わるたびに、各教室から拍手が起こっているのも、とても素敵なものでした。

 「全力 さわやか 西高生!」

0

生徒作成の動画発表会が行われました!

 下に掲載した今日発行の生徒会新聞(かわいいA6判サイズでした!)に取り上げられているように、今日の6限のLHRの時間、3年生は体育館でクラス動画鑑賞会が行われました。

 文化祭のクラス発表で3年生が演劇やミュージカルを行う伝統がある本校ならでは、生徒のアイデア満載の楽しい動画が次々と映し出されました。

 中には思わずホロリとさせられるような涙を誘う工夫もあり、生徒たちのすごさを改めて感じました。

 上の映像は、黒板アートで担任の似顔絵が大きく描かれているところです。皆、すごいエネルギーです。

 「全力 さわやか 西高生!」

 

0

教育実習生を囲む会

 今、本校にはOB・OGでもある教育実習生が来ています。その先輩方から、実際の大学生活のこと、学問のことなどを話していただこうという機会が設けられました。

 先輩方からは、自分の学んでいる学問のこと、将来の進路を決定づけた体験のことなど、生き生きと語っていただきました。懐かしい西高時代の思い出について、合わせて語ってくださった方も多かったです。

 話の中で、多くの方から「自分で自由に決められることの多さ」が大学生活の楽しさにつながっているという言葉を聞いたような気がします。自由と責任について、また様々な楽しみ方について話していただきました。

 身近な先輩からの新鮮な話を聴く体験は、生徒の皆さんにとって将来を考えるきっかけともなり、将来に向かうモチベーションを高めるきっかけともなったと思います。ありがとうございました!

 「全力 さわやか 西高生!」

0

學校紹介の掲示板です

 本校の正門を入って、生徒昇降口に上る階段の手前に、掲示板が二つあります。

 そこには、校内の建物の配置図のほかに、冊子「学校案内」の各ページや、各中学校出身の代表となった現1年生から今の中学3年生に向けた「先輩からのメッセージ」などが掲示してあります。今年の「学校案内」は大幅にリニューアルしてページ数も増えたので、掲示板一つには全ページを掲示しきれず、二つ目にはみ出しています。コロナ禍で配る機会が少ないのが残念です。

 今週末には授業公開、個別相談会などがあります。来校された方にも同じものを配布するのですが、一足先に紹介させていただきました。

 

0

玄関の花

 本校の玄関には、華道部の皆さんが活動の成果を飾ってくれます。金曜日の放課後に飾っていただくのですが、猛暑が続く間は月曜日の朝まで花の元気がもたないことが多かったのです。しかし、このところ少し涼しくなってきたためか、今朝は元気な花の姿に出迎えられることができました。

 古今和歌集には「秋来ぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかれぬる」という歌がありますが、目にもはっきりとわかる秋の到来を、本校生徒の活動とともに紹介いたしました。

 「全力 さわやか 西高生!」

0

2年生の探究活動、多彩です。

 今、2年生の廊下には、生徒たちの探究活動の成果がA4判1枚のレポートとして掲示されています。研究テーマは下の写真のように「コロナ」です。ずっと続いていくと思われていた、当たり前の高校生活が一変してしまった体験があるだけに、どのレポートも力が入った読み応えのあるものばかりです。

 そして、驚いたのは、それぞれの個性が実によく発揮されていることです。題名だけ見ても、「感染症の歴史から学ぶこと」、「コロナ禍で普及するオンライン学習について」、「コロナ差別に対する行政の取り組み」、「リモートワークと企業」、「入学時期とグローバル化のつながり」、「自粛期間中のYou Tuberの収益はどうなの?」「転売は善?悪?」など。科学的視点からウイルスを考えたものや対策の有効性を論じたものはもちろん、歴史、教育、政治、経済、倫理、国際関係、民俗学などの分野からの多彩な視点と独自の切り口に、目がくらむような思いです。

 これらの活動は、高校では一般的に「総合的な探究の時間」とされている時間に行われるものですが、SSH指定を受けている本校では、さらに一歩踏み込んで「SS探究」という学校設定科目となっています。その踏み込みに見事応えてくれている生徒たち。嬉しい限りです。 

 「全力 さわやか 西高生!」

0

生徒会新聞第5号が発行されました

 コロナ禍で様々な行事が中止になりました。しかし本校の生徒会は、多くの制約の中で「それでも何かできることはないか?」と、むしろ活発に活動しているように思えます。今日の生徒会新聞はA5の小さなサイズではありますが、そんな思いがいっぱい詰まっているようです。

 本日の特集記事の一つ目は、「クラス動画鑑賞会の日程について」です。クラス動画鑑賞会を学年の作品ごとに分けて、9月17日から10月8日にかけて実施します。生徒の投票による順位の決定が楽しみです。

 二つ目の特集は、「くまにしはろういん」企画のお知らせです。写真撮影スポットの設置、景品付きイベントの開催、PHOTOコンテストの実施など、盛りだくさんです。

 裏面は、目安箱に投函された意見への回答などです。「とある教職員」さんと、「生徒会執行部」とのやり取りが微笑ましいです。様々なアイデアを出してくれている生徒会の皆さん、体に気をつけて頑張ってください!

 「全力 さわやか 西高生!」

0

菊の節句と生徒作品の展示

 9月9日は最も大きい陽の数(奇数)が重なるということで、重陽の節句です。菊の節句とも言います。菊は日本的な花、秋の花というイメージがありますが、今日は旧暦では7月22日、まだ秋らしさは薄いようです。旧暦の9月9日は今年の10月25日にあたります。あと一ヶ月半も経てば、秋らしい季節になるのでしょう。

 さて、日本的な花、という話のつながりで紹介いたしますのは、生徒が美術の授業で描いた日本画の作品展示です。色紙に描かれて額に入れられた絵は、何割増しか素敵に見えるような気がします。作品は少し前に書かれたものですから、秋の花はないようです。浜菊(吹上菊)のように見える花もありますが、葉が違うような。

 菊の着綿(きせわた)といって、重陽の日に菊の花に真綿をかぶせておき、翌朝に朝露を含んだ綿で体を拭けば無病息災になるといいます。ビニールハウス等を用いた電照栽培などの技術の発達によって、菊の花は一年中手に入るようになりましたが、やはり花で感じる季節というのはいいものです。

 江戸時代の上田秋成の「雨月物語」の中に、9月9日が重要な役割を果たす『菊花の約(きっかのちぎり)』という作品があります。また、大徳寺の古渓宗陳(こけいそうちん)和尚が禅の弟子である茶人の千利休のことをうたった詩の中にある「風露新たに香る隠逸の花」という句は、利休の境地を菊の花の香りにたとえたものです。暗闇の中でも清らかな香りでそこにあるのがわかるという菊は、隠逸花という異名があります。

 このコロナ禍も、見方によれば暗闇のようなものですが、本校の生徒たちも、個々の目標に向かって、それぞれ高く香る素敵な花を咲かせますように。

「全力 さわやか 西高生!」 

 

 

 

0

「ほけんだより」9月号が発行されました

 保健委員の係の生徒が作る「ほけんだより」の9月号が、昨日付けで発行されました。特集記事の一つ目は、明日9月9日「救急の日」です。「打撲や捻挫には『RICE処置』」として、「Rest:動かさず安静に!」「Ice:氷のうなどで冷やす!」「Compression:伸びる包帯を巻くなどして圧迫!」「Elevation:ケガの場所を心臓よりも高くする!」が紹介された後に、「熱中症にも注意!」として、予防のポイントなどが紹介されています。

 裏面の特集は、「正しい換気の方法」です。挿絵も入れて、綺麗な字で説明してくれています。

 「空気には小さい隙間から入る方が勢いがあり、排気は広い隙間からの方が小さな力で出ていけるという特性がある」という説明は、本当にわかりやすく説得力のあるものでした! 色々なところで本校の生徒の力を感じます。

 「全力 さわやか 西高生!」

0

後期教育実習が始まりました!

 本日9月7日から、後期教育実習が始まりました。後期といっても、コロナ禍のため前期はなくなってしまいましたので、今年度の教育実習生14名はすべて後期の実施となります。後期でなく、学ぶ「好機」にしてもらいたいと思います。下の写真は、全員そろって生徒会からのプレゼントのうちわを持っているところです。

 実習生は皆、本校の卒業生です。この期間中に、先輩後輩のふれあい・学びあいからの大きな成長が、生徒にもあってほしいと願っています。

 「全力 さわやか 西高生!」

0

成長

 コロナ禍の中、この6月から学校が再開したばかりの頃、生徒が自主学習に使っている渡り廊下の窓を朝一番に開け放つのが筆者の日課でした。密になるのを避けて換気をするということです。既に登校して自主的に学習を始めている生徒から「ありがとうございます!」と挨拶されるのも、気持ちのいいものでした。

 2学期になり、筆者が窓を開けることは、なくなってきました。朝早く来て勉強を始める生徒が、自分の使う机の前だけでなく、すべての窓を開けてからノートや参考書の準備を始めているからです。筆者はただ、「ありがとう!」と声をかけるだけのことがほとんどです。成長した生徒を見るのは、嬉しいものです。この頃は毎日、良い朝を迎えています・

 「全力 さわやか 西高生!」

0

学年集会とビブリオバトル

 9月3日(木)、3年生は今日の6限のLHRで大学入学共通テストの説明を受けました。体育館で学年集会を行ったのですが、取材が間に合わず、資料の写真だけで申し訳ありません。しかし、今年の3年生は、さまざまな変化を乗り越えて主体的に探究する姿勢を身につけてきました。きっと希望に向かって着実に成長してくれることでしょう。

 2年生は教室でビブリオバトルを行いました。本校では正式競技のルールを少し変えて、探究的な取組の一環として生徒が活動できるようになっています。下の写真は、クラスの代表を決める前哨戦としてグループごとに行っている様子です。

 1年生は既にクラス代表が決まっており、プロジェクターの映像を通して、リモートでのバトルとなりました。本への愛を熱く語った男子が学年1位に輝いたそうです。

 読むこと、感動すること、考えること、発表すること。それらが未来を拓く力を培ってくれます。たのもしいです。

 「全力 さわやか 西高生!」

 

0

渡り廊下のイーゼル

 早朝や放課後に生徒がよく勉強している渡り廊下で、イーゼルを立てて絵を描いている生徒の姿が見られました。美術の授業で中庭の風景を描いているようです。同じ場所でも取り組んでいることが違うと、ガラッと雰囲気が変わるのが不思議です。

 今日の午前中は激しい雨が断続的に降ったかと思うと、晴れたとたんに強い日差しが照り付けました。授業の時間ですから、廊下はとても静かです。どんな陰影が絵に表現されるのでしょうか。楽しみです。

 「全力 さわやか 西高生!」

 

0