<<最新情報>>

2022年8月の記事一覧

臨海実習2022

熊西の2年理数科は、毎年夏の大潮の時期に、千葉方面へ臨海実習に行きます。

今年は例年になく天気に恵まれ、ほぼ予定通りの行程で終えることができました。

朝早くから夜遅くまで、スケジュール盛りだくさんの内容を、写真たっぷりでご報告いたします。

主な行程は以下の通り。

【7/27 1日目 熊谷~日本科学未来館~勝浦】

【7/28 2日目 勝浦 海の博物館~銚子】

【7/29 3日目 銚子海洋研究所/銚子ジオパーク~熊谷】

 

【7/27 1日目 熊谷~日本科学未来館~勝浦】

朝7:00、学校に集合し、いざ、東京湾へ!

日本科学未来館では体験型アトラクションやガイドツアーで質問等に答えながら、

最先端の技術や未来の科学の方向性について学び、考えました。

夕方、ホテルに入る前に勝浦・海の博物館前の海岸で、地層等を観察。

夜はホテルのビーチで天体観察。

南の低い空にさそり座がくっきり!(写真で伝わらないのが悔しいです…)

土星の輪や天の川も観察することができました。

 

↓未来館にて、ツアーを受講中。最後は、名物の動く地球、「ジオ・コスモス」

↓海岸にて。このときはほぼ満潮だったので右側が海に浸かっていますが、明日の干潮時には一面磯になります。

↓天体観察。右写真の全体に、右上隅を頭(鋏)にしてさそり座が映っているのですが、わかりますか!?

 

【7/28 2日目 勝浦 海の博物館~銚子】

午前は、実習のメインイベント、磯での生物採集と地学巡検です。

午後は実習初の新企画、バスに乗ってNPOの方に解説していただきながら、

天然ガスを引いて実際に利用しているお宅を回りました。

恥ずかしながら、教員の私自身が、日本でも天然ガスを採掘でき、

しかも利用していることを初めて知りました。発見の多い、新鮮なツアーでした。

 

↓地学巡検。露頭の観察。

↓きれいなハロも見れました。

↓大潮の干潮。一帯が磯となりました。採集作業の様子。

↓同定作業中。カニ班と貝班。

↓死滅回遊魚を中心に、魚もたくさん。捕まえるのに本当に苦労しました!

↓NPOの方のガイドを聞きながら、バスツアー。個人宅に天然ガスを溜めるタンクがあります。現役の設備です。

 

【7/29 3日目 銚子海洋研究所/銚子ジオパーク~熊谷】

2グループに分かれて活動しました。

一方は、ガイドの方の案内のもと、屏風岩の上を歩きました。

過去の地層を直接陸上から観察できる、全国的にも貴重な地域です。

写真でもわかる通り、本当にいい天気でした!

↓名物、「犬岩」

乗船企画3年目…ようやく乗船することができました!

(過去2年は台風接近等で出航できませんでした)

このイベントを最も楽しみにしていた生徒も多いのでは!?

スナメリという、ベルーガを小さくしたようなイルカを、全員が観察することができました。

洋上には巨大な風力発電も。

数年後には、20~30基ほどが立ち並ぶそうです。

↓友情出演、ヘラヤガラ

最後に、コロナ禍、生徒自身はもちろん、ご家庭や研修先、旅行会社様の御尽力で、

今年も無事に実習を終えることができました。

この場を借りて感謝申し上げます。

【探究後記】

熊谷にいていいことは…

どこに行っても涼しく感じること!(笑)

勝浦では昼の12時でもヒグラシが鳴いていました。