お知らせ

試合の結果だけでなく、試合の展開や選手の様子なども詳しく載せています。ぜひ最後まで見てください!

部員ブログ

マッチレポート

【部活の熊西】U-18 vs.熊谷高校Ⅱ(サッカー部 部員ブログ)

5月12日(日)U-18 vs.熊谷高校Ⅱ


■試合結果

熊谷西高校 4 ー 1 熊谷高校Ⅱ


■マッチレポート

<試合経過>

U-18はこれで4戦目。インターハイ後、新チームになっての初めての公式戦です。

前半は強い向かい風の中、相手の攻撃を凌ぐ展開となります。

しかし、その状況でも、相手のロングボールをヘディングで跳ね返し、ルーズボールを奪って攻撃に繋げていきます。

前半37分にチャンスが訪れます。奪ったボールをつなぎ、後藤(2年)がシュート!ゴールには入らなかったものの、これが相手ゴールキーパーのファウルを誘い、PKを獲得します。

緊張する場面のPKを、PKを獲得した後藤(2年)が落ち着いて決め1点目!向かい風のコンディションの中、チームを勢いづける先制点となります!

 

後半は、相手のゴールキックからのパス回しに、FWから厳しくプレッシャーをかけます。

これにより徐々に主導権を握った熊谷西は後半56分、サイドで味方からのロングボールを渋澤(2年)がトラップをしシュート!!2点目が入ります。

その後1点を失ってしまいますが、前線からの守備を攻撃に繋げていきます。

後半60分には相手のパスミスを渋澤(2年)が奪い、シュートをし3点目、94分には田島(1年)もパスミスを奪いシュートをし4点目が入ります。

アディショナルタイムには、相手の必死の攻撃に転じますが、これを守り切り、4-1で勝利することができました!

 

〈MVP〉

渋澤(2年)

1試合を通じて、前線からボールを奪うためハードワークをしていました!自ら2得点をし、チームの勝利に貢献してくれました。

 

〈監督より〉

前線からボールを奪いに行き、次の攻撃に繋げることが出来ていたと思います。ですが、ディフェンスラインの声掛けやカバーの質をもう少し高めていきましょう。次の試合も勝ちましょう!

 

0

【部活の熊西】インターハイ北部予選 結果報告(サッカー部 部員ブログ)

4月28日(日) インターハイ北部予選1回戦 vs.小川高校


■試合結果

熊谷西高校 1 ー 4 小川高校


■マッチレポート

<試合経過>

インターハイ北部予選の初戦。負けたら終わりのトーナメントですが、ここで勝てば県大会出場に一歩近づく大事な試合です。

 

前半から相手のロングボールに苦しめられますが、バックラインがヘディングで返し攻撃を凌ぎます。

しかし、前半5分に試合が動きます。小川高校の右サイドからの攻撃に対応しきれず崩され、その流れのままシュート!これが決まり、開始早々に失点してしまいます。

その後も相手の攻撃が続きます。なんとかボールを奪い、カウンターに転じるものの、熊谷西のバックラインが上がりきれず主導権を握ることができません。パスが繋がらず、単調なロングボールで攻撃が終わってしまい、攻め込まれる展開になります。

しかし、その後は失点せず、前半は0-1で折り返します。

 

後半は、まずは同点にするべく、得点を狙いにいきます。

しかし、後半42分に相手のドリブル突破を止められることができず、2点目を許してしまいます。

後がなくなった熊谷西は、前がかりに攻めていきますが、相手のクリアボールを中盤で奪われてしまい、相手のペースを崩すことができません。

後半45分には、中央をドリブル突破され3失点目。さらに、ゴール前の混戦からシュートを打たれ4失点目。0-4となってしまいます。

しかし、諦めずにゴールに向かい、後半51分には味方のパスをもらった後藤(2年)がダイレクトでシュート!1点を返します!

その後も攻撃を続けますが、相手を崩せず1-4で終了。悔しい敗戦となりました。

 

〈MVP〉

後藤(2年)

リードされる展開の中、後半から出場。自ら1得点をし、チームに気合いを入れていた。

 

〈監督より〉

相手のやりたいプレーをさせてしまい、とても悔しい試合となってしまいました。3年生は残り1回しか公式戦が残っていません。悔いの残らないようにしましょう。

 

 

0

【部活の熊西】U-18 vs.進修館高校(サッカー部 部員ブログ)

4月20日(土)U-18 vs.進修館高校


■試合結果

熊谷西高校 2 ー 0 進修館高校


■マッチレポート

<試合経過>

U-18三回戦目。ここで勝利できれば、リーグ戦を有利に進めることができる大切な試合です。 

前半の立ち上がりは、球際の強度を高く、フォワードから全力でプレッシャーをかけます。

すると、前半7分に試合が動きます!

相手のゴールキーパーに対して、高木(3年)が激しいプレッシャーをかけ、混戦に!ボールはゴール前へ落ち、高木(3年)が流し込み1点目が入ります。

先制点をあげますが、その後も守備の強度は保ち続けます。

前半12分には、中盤のルーズボールを鏡(3年)がハーフラインの位置からダイレクトでロングシュート!これが決まります。2点目が入ります!

この勢いのまま、前半が終了します。

 

後半は、相手のコーナーキックなどでピンチが続きますが、ディフェンス陣を中心に跳ね返し、中盤の選手がボールを奪ってカウンターをする展開が多くなります。

後半の半ば以降は、進修館がゲームをコントロールする展開になります。ゴール前まで攻め込まれ、何度もシュートを打たれますが、浅賀(2年)がセーブをしてゴールを守り切ります。

攻め込まれる展開の中でも、奪ったボールを繋げてシュートまで持ち込みますが、ゴールとはなりません。

激しい攻防の後半でしたが、なんとか守り切り2-0で勝利しました!

 

〈MVP〉

鏡(3年)

前半からゴールを果敢に狙うプレーをしてくれました。ハーフラインからのロングシュートを決めるなど、チームの勝利に貢献しました!

 

〈監督より〉

前半で2点取れたことはとても良かったと思います。

絶対に負けてはならない試合で勝ち切ることができました。次はインターハイなので、そこも絶対に勝ちましょう!

 

0

【部活の熊西】マッチレポート:U-18 vs.北本高校【部員ブログ】

4月14日(日)U-18 vs.北本高校


■試合結果

熊谷西高校 9 ー 0 北本高校


■マッチレポート

<試合経過>

U-18 二回戦目。前回無得点だったこともあり、この試合では得点にこだわり試合に臨みます。

前半立ち上がりは、相手の背後を狙って攻撃を行います。この作戦で熊西が攻撃の主導権を握ります。

すると、前半7分に試合が動きます。ゴール前で混戦になり、こぼれ球を高木(3年)がシュート!
リーグ戦初得点となる、1点目が入ります。

その後、13分にはペナルティエリア内でファウルをもらい、PKを獲得します。このPKを石井(3年)が落ち着いて流し込み2点目が入ります。

攻撃は終わることなく、24分には高木(3年)が前へ縦パスを送ると、石井(3年)が反応します。その後相手をかわしてシュート!!3点目が入ります。

また、前半37分には高木(3年)からのクロスボールを鏡(3年)がトラップし、シュート!!一度はキーパーに弾かれますが、そのこぼれ球を後藤(2年)がシュートをし4点目が入ります。

攻撃の勢いを落とすことなく、前半が終了します。

 

後半も、さらに得点を狙いにいきます。

後半69分には、後藤(2年)が石井(3年)からパスをもらい、シュート!キーパーに弾かれるも、こぼれ球をシュートして5点目。

後半85分には、高木(3年)がゴール前まで運び、絶妙なスルーパスから、黒柳(2年)が6点目。

87分には、高木(3年)がスピードを活かしたドリブルからのシュートで7点目。

89分には、高(3年)のコーナーキックから斎藤(3年)が頭で合わせて、8点目!

アディショナルタイムには、渋澤(2年)がゴールラインの手前で中央にクロス!これを黒柳(2年)がシュートをして9点目。

このまま試合が終了し、9-0で勝利することができました。

 

〈MVP〉

高木(3年)

前後半共に前線からボールを奪いに行き、自ら点取りチームの勝利に貢献した。

 

〈監督より〉

目標としていた得点以上の得点をとることが出来ていて、良かったと思います。

ですが、まだチャンスはありました。最後の決定力を上げ、次も勝てるようにしましょう!

 

0

【部活の熊西】マッチレポート:U-18 vs.秩父高校【部員ブログ】

4月7日(日)U-18 vs.秩父高校


■試合結果

熊谷西高校 0 ー 0 秩父高校


■マッチレポート

<試合経過>

U-18初戦。連戦を勝ち抜くために、重要な初戦となります!

前半は、グランド状況が悪い中でも球際でお互い厳しくぶつかり合い、激しい攻防が続きます。

その中でも、前線から粘り強くプレッシャーを続けたことで、こぼれ球を奪う場面が多くなりました。

攻撃をする時間が長くなりましたが、相手のゴールキーパーからのカウンターの早さに苦戦。しかし、無失点で守り切り前半が終了します。 

 

後半は、攻めに重点をおき、ゴールを狙いにいきます。

渋澤(2年)を中心に、中央から攻撃をしかけていきます。

しかし、ペナルティエリア付近までボールを運ぶものの、シュートを打つことができず、得点にはなりません。

その後も熊西は何度も攻撃を続け、ゴールを狙いにいきましたが、点を取ることができず後半が終了しました。

初戦は悔しい引き分けで終了しました。

 

〈MVP〉

後藤(2年)
前後半ともに前からボールを奪いに行き、攻撃の起点を作っていた。

 

〈監督より〉

相手の狙いを封じ、自分たちのサッカーができていたと思います。

また、コーナーキックでの得点が入りそうだったのも良かったと思います。次は必ず勝ちましょう!

0

マッチレポート:新人大会北部支部予選 結果報告【部員ブログ】

新人大会北部支部予選 結果報告


■試合結果

熊谷西高校 3 ー 0 北本高校

熊谷西高校 1 ー 3 早大本庄

 

■マッチレポート

1回戦 vs北本高校

<試合経過>

新人戦一回戦目。この初戦でしっかり勝ち切り、次に繋げたい大切な一戦です。

そんな中、試合開始早々から試合が動きます。

前半2分に味方が繋げたパスを、清(1年)がロングシュート!一点目が入ります!

その後は、相手がこぼしたボールや競り合った時のルーズボールを、中盤の選手を中心に奪い、攻撃につなげます。ショートパスやロングパスを使い分けたり、簡単にゴール前に上げたりと、チャンスを作りますが、得点とはなりません。

しかし前半40分、清(1年)がゴール前でこぼれたボールをインサイドで流し込み、二点目!

前半終了間際で得点を取りいい流れで後半へ続きます。

 

後半も、熊西は果敢に得点を狙いにいきます。

後半の途中から出場した榎本(2年)を中心に、左サイドから攻撃をしかけていきます。

相手の守備を崩すもシュートがゴールの枠に入らず、得点にはなりません。

後半70分、完璧な崩しから榎本(2年)がクロス。鏡(2年)のスルーでフリーになった清(1年)がゴールを決め、3点目!これで清(1年)は、ハットトリック達成です!

このまま試合が終了し、3-0で勝利することができました。

 

〈MVP〉
清(1年)

前半から攻撃に果敢に参加し、チームの総得点の3点を自ら決め、勝利に貢献した。

 

〈監督より〉
試合に入る前からとてもいい雰囲気でした。ですが、試合中のチャレンジをもっと増やしていきたいです!次の試合は厳しい戦いになりますが、一致団結して勝ちましょう!

 

 

 

2回戦 vs早大本庄

<試合経過>

新人戦二回戦目。この試合で勝てば準々決勝へと繋がる大切な試合です。

前半は、相手の攻撃が続き、クリアをしても相手にボールを持たれてしまう試合展開が続きます。

しかし、後ろの選手を中心に守備の声がけをやめずに食らいつきます。

そんな中、前半27分に試合が動きます。

相手のスルーパスが、裏に抜けた選手に渡りシュートを打たれ一点を失ってしまいます。

その後は、球際やヘディングで負けず相手の攻撃を防ぎ、追加点を許しません。

一点を返したい熊西は、ボールを繋げゴールに迫りますが、得点は生まれず前半は終了します。

 

後半では、MFを中心に攻撃をしかけていきます。

しかし、後半54分に相手に崩されて、2失点目。その後も攻撃を許し、3失点目。

後半78分には、後半の途中交代で入った鏡(2年)が右サイドから、完璧なコースにシュートをうち、1点を返しますが、追加点が取れず、1-3で悔しい敗戦となりました。

 

〈MVP〉

鏡(2年)

後半から試合に出場し、攻撃に積極的に参加して自ら一点をとり、チームに勢いをつけた。

 

〈監督より〉

とてもいい試合でした。出場した選手も、そうでない選手も、全員で勝とうとしていた気持ちが感じ取れました。「負け」という悔しい結果でしたが、インターハイで勝てるようにこれからも頑張って行きましょう!

 

0

マッチレポート:U-16 vs.松山高校【部員ブログ】

11月26日(日)U-16決勝 vs.松山高校


■試合結果

熊谷西高校 0 ー 0(PK:4 ー 3) 松山高校


■マッチレポート

<試合経過>

U-16決勝。これまでU-16は無失点で抑えて勝ち進んできています!決勝も、無失点で勝ち切れるかが試される試合です。

前半から相手のスピードに押されて、シュートのチャンスを作らせてしまいます。しかし、最後の球際やヘディングで負けず失点は防ぎます。

熊西は奪ったボールを攻撃のチャンスに繋げ、渋澤や関根を起点にゴールを狙っていきます。

しかし、相手の守備も堅くうまく攻めきれません。その後も激しい攻防が繰り返されますが、試合が動かず前半が終了します。

 

後半は、熊西は先制点を狙うためにポジションを変えていきます。

ボランチからフォワードに移った渋澤(1年)を中心に、右サイドから攻撃。

しかし、相手のDFに阻まれ、シュートまでいきません。

それでも点を取るために熊西は粘り強く攻撃を繰り返します。

 

後半も両者得点には至らず、延長戦も0-0で終え、PK戦に。

このPK戦を4-3で勝利し、優勝することができました!

 

〈MVP〉

浅賀

前後半共に最後列から声を出し、チームを引っ張っていた。また、PKを止めてチームを勝利に導いた。

 

〈監督より〉

大会を通して怪我人も多かったですが、無失点で大会を終えられたことはすごくいいことです。この先もっと強い相手がいるので、この経験を活かして頑張りましょう!

0

マッチレポート:熊谷市民総体決勝 vs.熊谷高校【部員ブログ】

11月25日(土)熊谷市民総体 vs.熊谷高校


■試合結果

熊谷西高校 2 ー 1 熊谷高校


■マッチレポート

<試合経過>

熊谷市民総体決勝。ここで勝ち切ればこの大会を優勝できる大事な一戦です。

前半は相手にペースを握られる機会が多くなりますが、奪ったボールをパスで繋げる展開が多い試合でした。

前半18分に試合が動きます。

ゴール前で味方が打ったシュートがこぼれ、これに齋藤(2年)が反応してシュート!1点目が入ります。

しかし、その後は相手に押し込まれる展開が多くなります。

どうにかボールを保持しようとしますが、その流れを断ち切る事ができず、前半29分にコーナーキックのピンチ。

これを頭で合わせられ、失点。同点に追いつかれます。

その後はなんとか守り切り、1-1で前半が終了します。

 

後半は一年生のメンバーに変わって、試合を進めていきます。

得点が欲しい熊西は、ボールをまわしながら、試合を展開していきますが、相手の守備が堅く、チャンスが作れません。

しかし、粘り強く攻撃を続け、後半30分に試合が動きます。

コーナーキックを獲得すると、これを相手のハンドを誘い、PKを獲得!

渋澤(1年)がこのPKを冷静に決め、勝ち越します!

 

その後は、相手が果敢に攻めてきますが、熊西は最後まで守りきり、後半が終了。2-1で勝利することができました!

 

〈MVP〉

渋沢(1年)

勝利に貪欲になり、果敢に攻め続けていました。プレッシャーのかかるPKを落ち着いて決め、チームを優勝に導いてくれました。

 

0

マッチレポート:秋季大会 vs.桶川高校【部員ブログ】

11月18日(土)秋季大会 vs.桶川高校


■試合結果

熊谷西高校 0 ー 5 桶川高校


■マッチレポート

<試合経過>

秋季大会三戦目。この大会最後の試合のため、最後は勝って締めくくりたい大事な試合です。

前半は相手にボールを奪われることが多く、パスで繋がれゴール付近まで運ばれる場面が多くなります。

ディフェンス陣も、ボールをなんとか奪おうとしますが、なかなか奪い切れません。

 

すると前半10分、左サイドから崩されます。相手がラインギリギリでなんとかクロスを上げると、これがシュートまでつながり、そのままゴール。1点目を許してしまいます。

前半13分には、相手からボールを奪ったものの、クリアミスからゴールを許してしまいます。

その後も守備をする場面が多くなりますが、なんとか耐え凌ぎ得点のチャンスを伺います。


しかし、前半28分には相手のコーナーキックを合わせられ、3点目を許してしまい、前半を0-3で折り返します。

 

後半は、なんとか逆転するために、積極的に得点を狙いにいきます。

しかし、パス回しがうまくいかず、攻めることができません。

 

悪い流れの中、後半54分に相手のロングボールからのパス回しで崩され、4点目をとられてしまいました。

後半78分には、相手のクロスボールをペナルティーエリアでハンドしてしまい、PKを返上。5点目を取られてしまいました。

 

熊西は点を取るために攻撃を繰り返しますが、得点にはならず。後半が終了し、0-5で悔しい敗戦となってしまいました。

 

〈MVP〉

齋藤(2年)

後半から途中交代で出場し、ドリブルでの突破で何度もチャンスを作っていました。

 

 

〈監督より〉

前半終了後ベンチで話していたのはとても良かったと思います。これを続けていきましょう。また、もっと割り切って守備をしましょう。

 

0

マッチレポート:秋季大会 vs.合同チーム【部員ブログ】

11月11日(土)秋季大会二回戦 vs.合同チーム


■試合結果

熊谷西高校 9 ー 0 合同チーム (熊谷商業・熊谷農業・桶川西)


■マッチレポート

<試合経過>

秋季大会二回戦目。リーグ戦のため、得失点差を考えできるだけ多く得点を取りたい、気の緩めない試合です。

前半から熊西がゲームの主導権を握り勢いに乗ります。

 

そして、早くも前半1分に試合が動きます。

味方のゴール前を横切るパスを関根(1年)が頭で合わせてシュート!!

先制点が入ります。

 

その後も勢いは止まらず、前半2分には鏡(2年)が浮いたボールを胸で止めてそのままシュート‼

2点目が入ります。


さらに前半4分には、関根(1年)がボールを持つと相手を1人かわし、ゴール前にスルーパス。これがそのままゴールとなり、3点目が追加されます。

 

前半開始数分で立て続けに得点しますが、その後はなかなか点が決まりません。

パスでテンポに変化を加えたり、中央から攻めるなど攻撃に工夫を加えますが、得点には至らず。

 

しかし、前半の終了間際に試合が動きます。

斉藤(2年)がゴール前にこぼれたボールをゴールに押し込み、4点目が入ります。

その1分後には、鏡(2年)が味方からのパスをもらいシュート‼ 5点目が入ります。

このゴールで前半が終了します。

 

後半も、熊西はさらに得点を狙いにいきます。

後半開始早々、鏡(2年)がサイドからのパスをうまくトラップをしてシュート。これが決まり6点目!!

後半50分には、佐藤(2年)がサイドからのロングシュートで7点目。59分には、関根(1年)がうまく相手を抜き、シュートで8点目。

着実に点差を離していきます。

 

その後も、うまくパスを繋いで相手を崩し、シュートを打ちますが、惜しくもゴールには入りませんでした。

 

それでも攻め続け、後半終了間際に後藤(1年)のパスから松崎(1年)がシュートをし、9点目をとります。

最後まで攻める姿勢を変えずに攻撃を繰り返し、9-0で勝利することができました!

 

 

〈MVP〉

関根(1年)
前後半共にチームの攻撃に果敢に参加していました。自らも得点を量産し、3得点。チームの勝利に貢献してくれました!

 

〈監督より〉

前半の立ち上がりで多く得点を決めて、自分達の流れを作ることが出来ていました。

次回の桶川戦もしっかり勝てるようにしていきましょう!

0